タロットカードやオラクルカードでリーディングをするときのこと。

今日はリーディングをするときのツール選びやら何やらについて書きます。

私がセルフリーディングをするときは、タロットカードとルーンが主力です。何でオラクルカードを使わないの?っていうとですね、私自身の質問の仕方とメッセージの受け取り方的にタロットカードとルーンの方が好みだからです。こうやってツールを選べるのも自分でリーディングやる利点のひとつですね!

もちろん、オラクルカードを引くこともあるよ。ただ頻度的にはそんなに多くありません。っていうか自分でやるからこそ、一回でまとめて多くのメッセージを降ろすよりも訊きたいときに訊きたいことをピンポイントで訊く方が便利っていうのもあって、こうなってるのかなぁ。いやーどうかなぁ。それはツールの選定には関係ないかな。あるかな。

メール占いのメニューでオラクルカードリーディングをやるときは、これとこれとこれかな~?っていくつかオラクルカードのデッキを選んだあと、「これでいい?」っつてペンデュラムで確認してから引くこともあります。大体は一回で「いいよ」ってなるけれど、時折なかなかOKが出ないときがあって、そういうときは「いいよ」ってなるまでデッキを入れ替えます。カードを引く枚数も全然決めていません。気が済むまで引いて、う~~~んと眺めてそれぞれの意味を自分の中に入れてから、キーを叩きはじめます。で、だだだだ~っと文字を打って、読み返して校正して、おしまい。

だから、使うデッキの数も引く枚数もそのときによってまちまちです。めちゃくちゃカードの枚数多く引くときもあれば、そうでもないときもあって、そういうスタイルでやってるもんだから何枚引き!とか書いてないんですけども、枚数で内容に差が出るわけではないのでこれでいいかと思っている。

何だかその辺にもタロットカードとオラクルカードの違いを感じますね。以前も書いたとおり、タロットをオラクルカードみたいに使うときは上記のような感じで使えるから、これは本当に私の中にあるルール的なものの差だと思う。タロットカードだからこう、オラクルカードだからこう、というよりも、私がそれぞれに見出している役割やルールがこうだから!と言った方がいいな。

そんな感じでですね、カードを選んだり引いたりしています。引いた後の解釈の話の方が面白いのかとは思うんだけど、如何せんフレキシブルなのでなかなかまとめられませんなぁ……。タロットカードはこのブログで私なりの解釈を1枚ずつしたためておりますので、興味がありましたらぜひ!

タロットウェイト版:大アルカナ解釈記事一覧
タロットウェイト版:小アルカナ解釈記事一覧

▼タロットの解釈を深めるのにお世話になった本も紹介しときますね。