【実例&ご感想を大公開!】伝統的占星術であなたの1年のテーマについて語ります~Sさまの場合~

伝統的占星術では、誕生日を基点にして一年ごとのテーマを読むことができます。
その年のテーマを知っておくと、目標に向けてのステップが設定しやすくなったり、何らかの課題にぶつかったときに「なるほどそういう角度の試練か……」と心構えしやすくなります。

ももねこの『伝統的占星術であなたの1年のテーマについて語ります』というメニューでは、皆さまの誕生日を基点に、前年のテーマを振り返りながら本年のテーマを読む or 本年のテーマを読んで次年のテーマに備えるということをですね、ご提供しておりますです。

というわけで!実際のお客さまとのやりとりの内容&ご感想を一部抜粋しながら、こちらの記事でご紹介したいと思います!

『伝統的占星術であなたの1年のテーマについて語ります』~Sさまの「本年のテーマ」~

【実例とご感想大公開!】伝統的占星術であなたの1年のテーマについて語ります~Sさまの場合~

Sさまの場合、今年のお誕生日まで残り少なかったので、まずは本年のテーマを読んでから次年のテーマに備える、という順番でホロスコープを読ませていただきました。

本年のテーマ:言うなれば『幼少期に培われた軸を再確認する』

Sさまの本年という時間は、ご自身のルーツについて考え直す時間であったと言えます。このルーツというものは、例えば生まれ育った家庭や、地域の環境を指します。

Sさまの場合、そのような“幼い頃に身を置かれた環境” で得たものが、今のSさまの内側にある『ストイックな一面』を築き上げたと言えます。

ふむふむ、Sさまの場合はご自身のルーツについて考える時間がこの一年で多くもたらされてきたのですな。

誰しも、自分では選べない・決められない領域と言うものがありまして、それは例えば家庭であったり家系であったり、親の教育であったりします。
そして、私たちの根幹には、人間としてまだまだあやふやな時期に身を置いていた環境や周囲の影響でできあがった部分というものがどうしても存在するわけです。
それは考え方のクセや、常識という概念、習慣といった面に顕れます。

何らかの課題にブチ当たったとき、今までの経験や自分の中に根付く諸々を基準に考えたり選んだり行動したりするかと思いますが、そこにはこの“ルーツ”っちゅうものが無意識のうちに息を吹き掛けていたりします。
「うわ、この言い方、おかんにそっくりやん……照れる!!」みたいなこと、誰しも経験があるんじゃないかしら?

ご家庭のルールで学んだこと、地域の文化・ルールで学んだことが、Sさまが持たれる常識の礎として生きているとしたら、それはどのような要素でしょうか。
父母や祖父母のように保護者となる人物の考え方、地域に息づく慣習、そういったものがSさまの“思考の軸”に影響を与えているとすれば、どのような要素でしょうか。
そして、Sさまが「〇〇でなければならない」とご自身に制限を与える場合、幼少期に得た経験の何がそうさせるのでしょうか。

Sさまの場合は、『家・伝統』を指す4ハウスと『地域・文化』を指す3ハウスが同時にテーマとして示されていたので、本年はそれこそゴリッゴリに幼少期のできごとや記憶、そこから生まれた概念と向き合うことが多かったのではと思います。
でもってそこに『哲学』の星である土星を持たれているので、ご自身のルーツについて「何故・何・何で」をぶつけ続けるという非常にストイックな時間を過ごされてきたのでしょう。想像するだに背筋が伸びますね!
こういった時間が、次の誕生日を迎えるまで続きます。

『伝統的占星術であなたの1年のテーマについて語ります』~Sさまの「次年のテーマ」~

【実例とご感想大公開!】伝統的占星術であなたの1年のテーマについて語ります~Sさまの場合~

というわけで、次年のテーマを見てみましょう。

次年のテーマ:言うなれば『得意を活かして自由に遊ぶ』

おっとー!ここで心機一転!何だか急に楽しそうだぞ!?

Sさまの次年という時間は、本年で得た『幼少期に培われた軸のビジョン』をもって、自由奔放に楽しみを得る時間となります。
本年は「思考のクセ・ルール・忍耐」と言ったご自身を律する要素が表立ちやすい時間でしたが、次年では打って変わって「得意・頑張らなくてもできること・楽しみ」というご自身を開放する要素が表立ちやすくなります。その時を迎える頃までに、頭のスイッチを切り替えられるように心の準備をしておきましょう。

人生山あり谷あり、厳しい修行のあとはそこで得たものを駆使して羽ばたく時間がやってくるようです。素敵~~!

「得意・頑張らなくてもできること」と言うと「私そんなのないです~」ってなる人もいるのだけれど、大丈夫大丈夫!そんなことないない!
伝統的占星術が指す“得意”というのはですね、「絵が得意」とか「歌が得意」とか「運動が得意」みたいな細かいものではなくて、例えば「人と人との間に入って化学変化を引き起こすのが得意」とか「ものごとを深く深く考えて自分なりの哲学として活かすのが得意」とか、そういうでっかいものを指します。

これはどういうことかと言うと、自分が興味を示したジャンルにどう向き合えば、そのジャンルで力を発揮しやすいか?ということがわかる、ということです。

Sさまの場合、「得意・頑張らなくてもできること・楽しみ」というキーワードには“拡大・発展”の要素が強く干渉します。
何かを粛々と突き詰めるような形ではなく、外へ外へと範囲を広げ、得たものを周囲の人たちとシェアをするという形が、Sさまにとっての「得意・頑張らなくてもできること・楽しみ」にフィットするはずです。

こんな感じ。
あやふやでわかりにくいって?ノンノン、あやふやだからこそあなたに当てはまるのですよ。

例えばもし、あなたが語学に興味を示していて、「次の誕生日を機に英会話を勉強しよう!」と思ったとしましょう。
その勉強のスタイルに、この「得意・頑張らなくてもできること」を当てはめてみると……

  • ひとりで粛々と机に向かうより、多人数で成果を分かち合える形がいい
  • そこで得た知識を披露して、相手と気付きを交換し合える場に参加した方がいい
  • 何なら習ってきたことを復習がてら誰かにシェアするといい

ということが言えます。
要は、才能や資質というものを限定的な目で見るのではなく、自分の生活に活かせる性質として捉えましょう、ということですね。

Sさまの場合は、次年のテーマにこの「得意・頑張らなくてもできること」と「趣味・教養」という要素が出てきていたので、そういったことについてお伝えしました。

優先順位をつけるのであれば、「自分が得意だと思えること・今までの得意を活かせそうなこと」を優先してください。
何事に対しても、「楽しいと思えることを、得意技と掛け合わせて拡げていく」「趣味だからこそ、才能を活かして発展させていく」ことを心掛けると、充実した時間を過ごせるはずです。
それがもし仕事や義務などの一見楽しみとは遠いところにあるようなものだとしても、「これは遊びではないから」と姿勢を変えるのではなく、上記のような意識をもって取り組むとよいでしょう。

多くの方が、「これは仕事だから」「これは遊びだから」と切り分けて考えられることが多いように思いますが、実際はそんな分類はどうでもいいのだぜ。
どんなジャンルや場面でも、本当にいろいろな側面があるはずです。
仕事の中でも遊びみたいに楽しめる部分もあるし、遊びの中でも仕事みたいに冷静に処理をする部分もあるでしょう。
上に書いたような広い範囲での「得意」を知っていれば、自分を活かせる場所はなんぼでもあるように思えるよね!遠慮せずに活かしてこ!

『伝統的占星術であなたの1年のテーマについて語ります』~Sさまへの「アドバイス」~

【実例とご感想大公開!】伝統的占星術であなたの1年のテーマについて語ります~Sさまの場合~

ホロスコープをもう少し細かく見ていくと、個人個人それぞれの強みや弱点が見えてきます。
テーマを読んだあと、そのテーマにおける強み・弱点をピックアップして、活かし方や対処法をアドバイスとしてお伝えしています。

Sさまの場合、「遊びは遊び」「義務は義務」とスタンスを変えてものごとに当たられる傾向があります。
先ほども書いたように、次年という時間は“遊び”にスポットが当たりますので、できるかぎりストイックになりすぎないように心がけましょう。

そうそう!せっかく得意を活かしていろいろなものを拡げていける年ですからね、自分自身で制限を与えすぎないようにしてほしいですね!

また、Sさまの“拡げる・シェアする・発展させる”を後押しする要素として、“美しいもの・愛情を感じるもの”という要素があります。
思考の力が強くなりすぎていると感じたら、芸術やファッションなど何でも構いませんので、感性が潤うものを積極的に取り入れてください。

……と、こんなノリでアドバイスがつらつら続きます。
テーマに沿ってどういう部分に気をつけながら進めばいいのかを心の片隅に置いておくと、行き詰まったときなんかに「今の私、弱点が丸出しになってるわ!!」などと気づくことができます。
自分を知っておくってめちゃくちゃ大切だよね。

というわけで、Sさまからのご感想

【実例とご感想大公開!】伝統的占星術であなたの1年のテーマについて語ります~Sさまの場合~

ひとつひとつ納得しながら読ませて頂きました。
おっしゃる通りにこの一年は自分の個性と言いますか、先天的な物の考え方と育ってきた環境から影響を受けた考え方について、色々思うところがあり、振り返ってみる機会が多かったと思います。
左脳的な良いところ悪いところを俯瞰してみて改めて自分を知る作業をしたと思います。

今度の誕生日からの「得意・頑張らなくてもできること・楽しみ」がとても楽しみです。
楽しんで過ごす一年なんて、ワクワクしますね。
思いあたることがあるので、準備しておこうと思います。

占星術って、精神的なこと、行動すること、こんなに詳しくわかるんですね。
楽しく拝読しました、ありがとうございました。
お願いして良かったです♪

わーい!こちらこそお願いされて嬉しかったです!ありがとうございます。
思い当たることがあると思っていただけたなら、今回のリーディングがすんなりとSさまのこれからのヒントになるはずなので、ばっきばきに使い倒していただけたら本望です!

そう。ばっきばきに使い倒していただきたい。
印刷して、その都度引っ張り出して紙がへろへろになるまで読み返していただきたい。
メール占いのいいところは、“ドキュメントに残る”っていうところだから、そこをはちゃめちゃに活用していただきたい!
そのように思っておる次第です。

こんな感じでですね、「今はどんな時間なのかな」「次の誕生日からはどんな時間なのかな」という視点で使える灯りが欲しい方にとってもおすすめのメニュー、『伝統的占星術であなたの1年のテーマについて語ります』のご紹介でした。
ご興味のある方は下記からどうぞ!

伝統的占星術であなたの1年のテーマについて語ります