DUCK WORKSの下に、球体関節人形がやってきた

ももねこは、お人形が好きである。
リアルなものからデフォルメの効いたもの、ホラーテイストなやつまで大体全部好き。
そんな私とルミKheちゃん(特にドール趣味はない)の下に、球体関節人形がやってきました。

※リアルテイストなお人形の写真が多々出てきます。裸だったりウィッグなしだったりもします。苦手な方はお気をつけください。

球体関節人形、ボークス社のスーパードルフィーがやってきた

ももねこのお人形熱が上がったきっかけは、お友だちの付き添いでボークス社の施設である天使の里に遊びに行ったことでした。

冒頭にも書いたとおり、ももねこはかねてよりお人形が好きで、数年前までは30体近くお部屋に飾っていたくらいのものでした。
その頃はデフォルメの効いた1/6ドール(リカちゃんサイズのやつね)ばかりで、スーパードルフィー(SD)のようなリアルテイストでサイズも大きなお人形は、興味はあるものの一体も持っていませんでした。

で、数年前に「ドールは卒業だ!」とお人形をすべて手放したにも関わらず、やっぱり好きなものは好きな訳で。
「幼SD(小さい子どもの形をしたSD)欲しいやん……」と、うっかりなってしまったのです。

キュートな幼SDの面影を心の中に抱いたまま、数か月。
京都で行われるボークス社のイベントに、これまたお友だちの誘いを受けて遊びに行くことになったのです。

で、いろいろあって、お友だちのお友だち(DUCK WORKSもお友だち!)から、幼SDを譲り受けることになりました。

な、何やてーーーーー!

んで、やってきたのがこの子です。

か、可愛いあんよ!!(全身写真は後程)
靴ひもちゃんと結んでなくてごめんやで……

この子の名前は、幼SD『シン』

『シン』『リン』という、男の子と女の子のふたごちゃんの、男の子の方です。
いろいろと調べてみると、2007年に発売されたようですね。
何やら、天使の里のお庭に生えている杉苔の妖精だとか……な、何やて。妖精さんか。なるほど可愛い。

いきなり半裸ですんません。しかも禿げててすんません。

半裸で禿げててもこんなに可愛いってどういうことなん!!

いやぁ、さすがボークス。造形が美しい。
お顔、めっちゃ可愛いやん……

球体関節人形のいいところは、関節が可動になっているところです。
要は、ポーズをとらせることができる、ということ。
この子はいわゆる「すわりっこボディ」なので、女の子座りができる仕様になっています。
これがねえ、超可愛いんだよねえ。また別の記事で写真載せますね。

立った!シンくんが立ったわ!
ドールスタンドなしでも立ったわーーー!

ドールにつきもの、名づけ問題

そう。ドールは、ドールであるが故、名前をつける文化があるのだ……

とはいえ、私は昔からドールの名づけが下手くそで、というか名前を付けるという行為にとんと無頓着で、デフォルトの名前で呼ぶか、少しもじって呼ぶのが常でした。

この子はデフォルト名が『シン』。
ええやん。シン君でええやん。デフォルト名でええやん!
そう満足しかけていたところ……

ルミKhe「しんいちろうくん!」
ももねこ「!?」

というわけで、うちの幼SD『シン』は新一郎くんという名前になりました。
漢字もルミKheちゃんが決めました。
ルミKheさん、ドールには興味がなさそうだったのに……突然の名づけ。ありがとう名づけ。新一郎くんにします。

DUCK WORKS、ドール関係の手づくりブームが巻き起こる

新一郎くんを譲ってくれたお友だちが、お手紙の中に『やる気の出る紙』を一枚忍ばせてくれておりました。
そう、洋服の型紙です。
幼SD用の、シャツとパンツの型紙!しかも丁寧に説明書きまで添えてある!!
嘘だろ!そんなに親切にしてくれるんですか!!
あ、ありがとうございますーーーーー!お礼の美味しいもの詰め合わせ、もう少し待ってください!!とびきりのやつがもうすぐ手に入るんですーーーーーー!

そこから巻き起こる、DUCK WORKS手づくりブーム。
ここにめでたく、DUCK WORKS DOLL LAB.の発足です!!

と、息巻いたはいいが、洋服を作る材料ではないものしか写真におさめていなかった。
ちゃんと布も買ったわよ。
作ったものをお披露目するのは、また別の記事で……うふふ。

という訳で、DUCK WORKS DOLL LAB.が始動しました

完全に趣味ではありますが、DUCK WORKSのお人形遊びアカウントをTwitterにて開設いたしました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

ご興味のあるお方は覗いてみてくださいまし!
趣味全開の、仕事の話は一切しないももねこ(と、たまにルミKhe)が垣間見れます。

『やる気の出る紙』にて手づくり欲が爆発した我々ですが、欲求にそぐわずお裁縫レベルは底辺なので、新一郎くんにはしばらく変な恰好ばかりさせることになります……が!ゆくゆくは!最高最強に可愛い新一郎くんになると信じて邁進してまいりますので、どうか温かい目で見守っていただければ幸いです。

そんでもって、新一郎くんを自分たちの手で文句なく可愛くできた暁には、新一郎くんのお友だちをお迎えするんだ……と、ここに野望を書いておきます。
その頃は天使の里にどんな子がいるのかしら。っていうかいつになるのかしら笑
とりいそぎ、お人形を満足に扱えるように、我々の経験値を積むところからですね!
頑張りまーーす。