世界はきっとマトリョーシカみたいになっている。

私と王様はUSJが大好きで、ちょくちょく遊びに行っています。
作りこまれたでっかいおもちゃ箱みたいな雰囲気がとにかく好きでねー、ユニバーサルシティに入った瞬間からめっちゃテンション上がるんだよね。

昔は本当に人混みに弱くて、せっかくディズニーランドに遊びに行っても顔面蒼白でフラッフラの状態で意地だけで遊んでたし、夜とか早くホテルに帰れよ!っていうくらい具合悪くなってたんだけど、大人になってそんなことはなくなりました。
良かった良かった、せっかくの楽しいスポットだもの、ご機嫌で楽しめるようになって本当に良かった。
またディズニーランドも行きたいな~。

テーマパークの“その世界観に準じて作りこまれた空間”っていうのがおそらくとても好きなのだと思います。
それはテーマパークに限らず舞台でもゲームでも映画でもライブでも何でもいいのだけれど、要は日常から抜けだしたハッピーパーティーお祭空間、が好きなんだわ。
特にテーマパークは360度全部その世界観に入り込めるからいいんだよねぇ~~。
ハロウィンの時期とか特に!好き!
みんなが思い思いの仮装をして、一緒にお祭しよう!っていうあの空気がたまらなく好き。

人もそう。
みんなそれぞれ自分の世界観を持ってるけど、それをちゃんと楽しんでる人が好き。
「私はこう!」って決めて表現してる部分はもちろん、意識的にか無意識的にかじんわりにじみ出てきているものが結果的に作り出している部分もとっても面白い。
というか、後者が前者の土台になっていることが多いよね。
それがその人の個性だったりクセだったりするわけで、人付き合いをするときに合う合わない好き嫌いが分かれるところです。

その個性とかクセみたいなもんをさ、みんなに好かれよう=嫌われないようにしようとして抑えこんじゃうと割とロクなことになりません。
万人に受けようなんてのは無難に見えて死ぬほど難しいことですよ。
そこにチャレンジするならまだしも、逃げ腰でそうなりたいと思ってるならやめといた方がいいと思うわ。

昨日ね、週末に控えている天命・使命を見つけるワークの事前課題として、周りの人に私の印象をひとことずつもらってみたんですよ。
そしたら出るわ出るわ、10人にも訊いてないのに、バラエティ豊かな答えたち!
そりゃ私っていう人間が軸になっているので相当な偏りはありますけれど、ももねこって枠の中でもそんなにあるんだ!?って思えるようなご回答をいただいて、すごく面白かったのです。
中には「それ世間的にはあかんとこちゃうかな…?」って思うようなこともあったけど、それもその人にとってはももねこのいいところとして見えているんだから面白い。
いやはや、本当にありがたいお話でございます。

私がテーマパークだとしたら、どんなテーマパークになるかしら。
何がメインテーマで、どんな雰囲気で統一して、どんな世界観があって、どんなエリアが、アトラクションがあって……。
そろそろそういうのを楽しみながら設計していくのも面白いなぁと思っている。
設計していくというよりも、自分がどんなテーマパークなのか、少しずつ思い出してほこりを払っていく感じ。
昔はこれがここにあったけど、今はこれだなぁ~って改修していくのも非常に楽しいと思うのです。

世界の中に我々がいて、我々の中に世界があって、世界の中にまた我々がいて……そんな風になってんじゃない?
って、いきなりこの記事のタイトルに繋げるんだけどさ。
世界はマトリョーシカ。
自分含めみんなのマトリョーシカを開けていくのは、とってもとっても面白いのだ!

まだまだやることも考えることもたくさんあるわ。
面白がることも楽しむことも驚くこともわくわくすることも抱えられないくらいあるんだわ。
飽きずに生きていこうと思います。