上田 亜希子さん主催 ヨガ&ライブ『おかえり』に参加してきました。

先日、ヨガとライブでゆるゆるして参りました。
上田亜希子さん主催の、素敵な素敵な素敵な!空間でした!

皆さん、ヨガってされたことあります?

私はほぼ初めて状態で参加させていただいたのですが、あっこさんに導かれるまま動くとね、身体のいろいろな箇所が「私、本来はここに在るものなんですよ」「こんな風に動くんですよ」って教えてくれるんです。
呼吸も「あなたったら普段私のことを忘れがちだけれど、きちんと吸って吐いてすればこんなにも感覚が柔らかく鋭くなるのよ」って(多少叱り気味に)教えてくれました。

そう、普段の生活を送っている間に、どうやら自分の身体のことを忘れているようなんですよ。
正しい姿勢はおろか、呼吸さえ。

先ほど、ヨガに対してほぼ初めて状態と書いたのは、スポーツジムの体験コースでちょろっとだけヨガのレッスンを受けたことがあるからです。
私が受けたジムでのレッスンでは「インストラクターの動きを再現すること」に重点が置かれ、どんくさい私はどうしてもどうしてもその動きについていくことに一生懸命になってしまって、最初から最後までどこか緊張していました。
で、「やっぱり初めてだからよくわかんないまま終わったな~続ければうまくできるようになるんだろうな」と納得して帰っていました。

それがね、あっこさんのヨガは違うのよ。
“呼吸したときの感覚”や“身体を動かしたときの感覚”にフォーカスするコツを教えてくれるから、終わったときの感想が「身体がいろいろと教えてくれた、思い出させてくれた」だったのよ。

自分の呼吸や身体の感覚に集中することって、あんまりないと思います。
私はあの日、自分の身体のたくさんの感覚、触感や音なんかをたくさん感じて、自分の身体の不調な部分や不都合な部分(要は肉が邪魔な部分です)を見つけました。

あとね、あっこさんの魔法のお手々ね!
あっこさんに触れられると、身体がより思い出すんですよ、「そうそう、こう動くのです」って。
おかげさまで自分ひとりじゃ思い出せなかったであろう自分の身体のことを、たくさん思い出せました。
まだまだたくさんあるんだろうなー。

ま、ぶっちゃけ全然動きにはついていけてなかったと思う。
と思う、ってのも、動きについていくことについては重視しないので、それすらわからないまま終わったの。だから多分、ついていけてなかったと「思う」。
そんな感じで、どんくさいが故の「できなくてしょんぼり」状態にならなかった、ってのがまた、私はとてもとても嬉しかったのでした。

ヨガの後は休憩を挟んでライブ♪

「ただいま!」「おかえり!」から始まった、あっこさんの一人芝居+歌 on ピアノあーーんどカホン。

ピアニストの愛子さんが軽やかに奏でる旋律と、良太氏が生み出す軽快なカホンのリズムに乗せて、あっこさんが「一人の女の子~女優さん」の物語を観せてくださいました。
途中、ライブペインティングの演出もあり。
描き出される世界とチョークの音の中で感情を静かに見つめ直したりしてね。

他のお客さんがおっしゃっていたの、「ヨガで身体と心が解れたからか、感情がとても素直になって、鑑賞中はとても心が忙しかった!」と。
私もまさにその状態、笑ったり切なくなったりわくわくしたり寂しくなったりあったかくなったり……。
最後はじんと涙がにじんできて、わ~~~~~!って。なりました。
余韻と思い出で今もふわふわを感じます。
ボインとプリン~~~♪(お気に入りの歌)

あっこさんはとてもとても表情豊か表現鮮やかで、お茶目で、セクシーで、時には迫力もあり、とにかくめっっっっっちゃきれいで、ずっとキラキラとわくわくに夢中になっていられるような、そんなステージを私たちにプレゼントしてくださいました。

『おかえり』というタイトルのこのイベントを象徴する、同名の曲もあったりして。
あっこさんが作詞したんだって!

一人暮らしの冷たい床に、ただいまって一人話しかける~~……って、一人暮らしでなくても幼少期の鍵っ子時代を思い出して「あぁーーーーわかるぅーーーーー!」って、めっちゃ染みたよね。
そのあとの展開もすーーっと心に入ってきて、終演後、一緒に観ていた友人が「お母さんに会いたくなった」って言うところまで含めて「わかるぅーーーーー!」って、なりましたよ。

心と身体のつながり。

身体と心って連動しているんですね。
当たり前だけれど、どちらかが柔らかくなればどちらも柔らかくなるんですね。
ということは、心がかちこちになってしまったら、ヨガをやればいいんだわ。
でもって、身体がかちこちになってしまったら、心に響く作品を見ればいいのだわ。

……そうだ、そうだった。
身体ががっちがちに凝ってどうしようもなくなっていたときに、たまたまルミKheちゃんと『土竜の唄』を映画館に観に行って。
それで大笑いしたら、身体のコリが大幅に軽減した!っていう経験もあるのだった。

やっぱり身体と心は繋がっているのだ。
でもって呼吸はとってもとっても大切なのだ。
これマジで体感したら「あ」ってなるからね!興味のある人はあっこさんに会って!!

▼あっこさんのおうち。
上田亜希子オフィシャルサイト

ほいでほいで、そのあっこさんのお芝居の脚本・演出をされたのが、おなじみせんすちゃんです。
せんすちゃんは本当に、ぐっと私の心臓を握るなぁ。あの人、多分本当の本当に人間が好きなんだと思うわ。

▼せんちゃんのおうち。
せんすおぶわんだぁ

そんなこんなでゆるゆるになったDUCK WORKSちゃんでした。

上田亜希子さん主催『おかえり』

いぇーーい!
(左からりょたさん、愛子さん、せんちゃん、あっこさん、あひるたちだよ)

上田亜希子さん主催『おかえり』

でーーーっかい黒板にウェルカムお絵描きをさせていただいたり、占いブースを設けていただいたり、でへへ。嬉しいね。
またぜひ呼んでくださいねあっこさーーーん!何でもしますので!へい!

素敵な素敵な1日を、本当にありがとうございました!!