私の先生と大天使のお話

先週の金曜と土曜すっ飛ばしちゃった分、記事書いて埋めたぞ!
まるでその日に書いたかのように振る舞っていますが振る舞いだけです。
埋めることに意義があるんだ……書き続けることに意義があるんだ、そうだろう?

さてさて、今日はオラクルカードの話をします。
私が持っているのはアセンデッドマスターオラクルカードと大天使カードの2種類なんだけど、本当に性格が違うというか、併用すると便利というか、おかげさまでまた別のカードが欲しくなっているというか、そういう話です。

私、アセンデッドマスターオラクルカードのことは先生と呼んでいる。
このカードを引くときは膝揃えて背筋伸ばして「お願いします!!!!!」っつて引くんだけど、いつもそうならざるを得ない感じでメッセージをくれるから自然とピッとしちゃうんだよね。
もちろん全員優しいんだけど、「えっ今それ言う……?めっちゃ刺さるけど……??」みたいな気持ちになることが非常に多いです。
そうならないのはグリーンマン先生くらいだよぉ……うっうっ

超私信だけど王様にはここんところエポナ先生(クリスタル/浄化)のカードが連続で出てるから浄化した方がいいわよ。
いろんな人に言われてるの、知ってるわよ。うちの先生も言ってるからね!
どんだけ溜め込んでるんだよ。

先生はこんな感じで粗方の方向性というか「今こういうことだからね」っていうのをわりかしはっきり言ってくれる感じです。
ありがとうございます!

 

で、大天使カードの方は、もっと細かいの。
細かいって言ってもそこまで細かくないっていうか「呼吸」とか言われちゃったりするので状況に落としこむのに結構感覚使う感じ。
かと思えば「All is well!!」っつてめちゃくちゃばっくり励ましてくれたりとか、そういうところある。

だので私の場合は、先生が「大きな流れはこういう感じね」って言ったことに対して「まずはこうやってみようか」って言ってくれるのが大天使、っていう感じで使っています。

先生は先生。大天使は個性豊かな先輩たち、みたいなイメージかしらね。
話し方もニュアンスも人それぞれだよ!
使う度に個性が見えてくるから、最近ちょっとしたことで1枚引くときも、どっちに訊こうかなーって考えるところから始まるのが楽しいです。
ちょっとしたことで、って書いたけど、本当にちょっとしたことを訊くときは書いてあるメッセージっていうか絵柄とか雰囲気から読みとることが多いかな。
服の色悩んでるときなんかはカード引いてみてそのカードの色と合う方にするとか。何かそんな風にファジーに使ってる。

で。
給料入ったから新しいカード欲しいの。
今夜時間があったら、本屋に寄ってみようかな!