ももねこ、羊毛でドール用のウィッグを作ってみるの巻

ももねこ、羊毛でドール用のウィッグを作ってみるの巻

今回は、お人形遊びのお話です。
リアルテイストの球体関節人形(ハゲ状態)の写真が出てきますので、苦手な方はご注意の程よろしくお願いいたします。

さて、ももねこ、幼SDの新一郎くんに髪の毛をプレゼントしたい。
かといって植毛用のサラン(ナイロンの糸)をウィッグキャップに植えていくのはなかなかハードルが高い。
そんなときはボアだ!ボアウィッグなら簡単に作れるぞ!よし!と意気込んで手芸屋に出かけたものの、何だかピンとくるボアがなく……

「羊毛……羊毛はどうだ!?」

思いつくまま、羊毛を植毛するという手立てを試してみることになったのです。

ウィッグ土台に羊毛フェルトの要領で植毛すればいいんじゃね?

ももねこ、羊毛でドール用のウィッグを作ってみるの巻

ってなわけで、ウィッグ土台の試作から入ります。
羊毛を植える面にフェルト、頭にかぶる部分はすべり止めも兼ねてスウェードで作ってみました。
型紙は新一郎くんの頭にサランラップをぐるぐる巻きにして、ペンで分割線を書いて、ハサミでちょきちょき切って作成。
この時点ではいい感じじゃな~い?ちょっと分厚いように思うけれど、ちゃんとかぶれている。

ももねこ、羊毛でドール用のウィッグを作ってみるの巻

いきなり完成の写真です。
まずは感触を確かめるために、ハナマカさんの植毛用羊毛『リアル羊毛フェルト 植毛カール』を使用してみました。
お?ええ感じちゃう??ちょっとボリューミーすぎるけど、一応髪の毛に見えるんじゃない??

という訳で、これをベースに試作を重ねてみることにしました。

気になるのは頭のボリューム!もう少し小さくしたい

ぼんわりボリュームがあるのも可愛いですが、もうちっとコンパクトなシルエットにしたいなぁと思いまして、とりあえず巻き毛でなくてストレートっぽい毛を使ってみることにしました。

ももねこ、羊毛でドール用のウィッグを作ってみるの巻

うん、失敗したね。そういう意味じゃないね。
単純に布を取り間違えましたね。
同じ型紙を使っているのにどうしてこうなったのかね。

めげずにウィッグキャップを作り直して、植毛してみました。

ももねこ、羊毛でドール用のウィッグを作ってみるの巻

おお!おおお!これは!!

可愛いんちゃう??

このウィッグで使った羊毛はメリノ。ふわふわ柔らかい毛です。
柔らかくて細いので、抜けやすいのが課題……!
ボリューム的にもめっちゃええ感じやねんけどな??
案の定、遊んでいるうちに少しずつ抜けて、ボリュームがどんどん落ちてきました……このままでは禿げるぞ!!実用に耐えない!!

あと、どうしてもウィッグ土台の裏側にニードルで刺した羊毛がもじゃもじゃと出てしまって、見た目があまりよろしくない。
かぶらせたら見えないところではあるが、ううーーーん。

というわけで、ウィッグ土台の作り方を変えてみることに。

フェルトに植毛⇒スウェードを内側に縫いつけながら成型してみる

ももねこ、羊毛でドール用のウィッグを作ってみるの巻

こんな感じでね、フェルト土台にちくちくと羊毛を刺していきます。
後からスウェードを内側に縫いつけられるよう、先に一辺だけ留めてあります。
ひたすらちくちくちくちく……

ももねこ、羊毛でドール用のウィッグを作ってみるの巻

こんな感じで、植毛したパーツが揃いました。
こいつをウィッグの形に縫い合わせていきます。

ほれっ!

ももねこ、羊毛でドール用のウィッグを作ってみるの巻

でかいーーーーー!

成型する前に植毛すると、全体のボリュームがわからないまま進めることになるから、でかくなりやすいのかもしれない。
私、ぎゅうぎゅうに植毛してしまった。でかい。でかいよ新一郎くん。

それはさておき、皆さまお気づきであろうか……
新一郎くんのTシャツが、少しずつきれいになっていることに……
別途、ルミKheちゃんがTシャツの試作を重ねているんだよ……
このTシャツは人間サイズでも作ったよ……
minne.に出品してるから……気が向いたら見てみてね……

minne.:DUCK WORKS GALLERY

そしてもうひとつにして最大の課題、羊毛のフェルト化

羊毛というやつは、そもそも羊の身体を守るための鎧なのです。
であるが故、毛同士が摩擦で絡まって板状になっていくのですな!
その性質を利用したのがフェルトであり、羊毛フェルト手芸です。

なので、羊毛を触っているうち、慎重にやらないとどんどんフェルト化してしまうのだ……
これは、制作時に無事でも、遊んでいるうちにウィッグとしては傷んでしまう、ということ。
特にメリノは柔らかく、フェルト化しやすい!んもう!

っちゅーわけでイングリッシュレスターというコシのある毛を使ってみました。

ももねこ、羊毛でドール用のウィッグを作ってみるの巻

んんんんん、可愛い……(新一郎くんの造形がとにかく可愛い)

メリノに比べるとしっかりしていて、いけそうな感じ!
でもやっぱり、フェルト化しないわけがない。こればかりは致し方ないのか……!?

そして皆さま、お気づきであろうか。
新一郎くんのメイクが変わっていることに。
ももねこ、ウィッグの試作に飽きてメイクカスタムに寄り道しました。
それはそれでまた記事にしますね。

フェルト化を完全に防ぐのは無理だし、緩和するのも難しいけれど、毛の種類をいろいろ試したりちょっと細工してみたり、っていうかそもそも私は『ウィッグ』を作りたいのだろうか……!?!?というところまで向き合いながら、今も試作を重ねています。
いつか「できたーーー!見てーーーーー!」と皆さまに自慢できるよう、頑張るね!!

ももねこ、羊毛でドール用のウィッグを作ってみるの巻

私が席を外している間に、るみけーちゃんの手でお互いの失敗作を組み合わせた可愛いモンスターが作られていた。
何だこいつ、可愛いな!