銀粘土でシルバーアクセサリーを作ったのこと

シルバーアクセサリーを作ったよ!
ルミkheちゃんと。どーん。

シルバーアクセサリー

右がルミkheちゃん作「ルーン文字入りシルバーリング」。
左がももねこ作「ルーン文字入りおにのペンダント」。
すごいよね、家でシルバーアクセサリー作れちゃうんだもん。楽しいよね。
手間をかけて作ると本当に愛しくなるし!
焼いたあとに磨くのが特に楽しかったな~、どんどんシルバーの肌が出てきて、ふたりで「おおお~!」って喜んでた。

形を作って焼くと純銀になる粘土があるんですよ。
面白そう!っつて、昨年のルミkheちゃんの誕生日だったかな?忘れちゃったけど、キットをプレゼントしてたんだよね。
で、ちゃっかり自分用の粘土とちょっとした道具がセットになったやつも買っておいたわけです。

▼こういうキットね。

粘土をこねこねして乾かして、模様を彫ってまた乾かして、そのあとこんなアロマポットみたいなやつで焼くんだよ。

焼成ポット

思いの外においがして、換気扇の下でやれば良かったと強く強く反省しました……。
ルミkheちゃんのお部屋が臭くなった。ごめんねルミkheちゃん。

そんなこんなでできあがったアクセサリーたちは、すっかりルミkheちゃんと私のお気に入りになりまして、毎日みたいにつけております。
ルミkheちゃんの指輪にはウル、ユル、ティールが彫ってあって、私のおにたちにはギューフ、ダエグ、イングが彫ってあるのです。
ギューフおに、ダエグおに、イングおに!
私はルーンを引いて出てきた文字を彫りました。なかなかイイ感じのみっつでしょ??
……本当は抜かりなくハガルとニイドも引いてたんですけど、このふたつをアクセサリーに彫ってお守りにするってどういうことなのか、有用な使い方って何なんだってことを考えていたら日が暮れるどころの騒ぎではなかったので、そのふたつはスルーしました。
ハガルとニイドをお守りにする!?どういうことなの!?
何を求めてそのふたつを選んだの!?!?
いずれ何の曇りも迷いもなくそのふたつをお守りに選べるときがやってきたら、そのときは堂々とアクセサリーに彫りこんで毎日身につけようと思います。

そんなこんなでお気に入りのアクセサリーがまたひとつできたので、引き続きいろいろ作っていこうと思います。
まずはブレスレットのバリエーションを増やしたいなぁ~。デザインと作り方のパターンを考えて、いくつか試作していきたい。
そうやっていろいろ作れるようになったら、また新しいものも生まれてくるだろうしね。

そうそう、レジン液も家にあるんですよ(やってみたもののすぐ飽きた)。
レジンでパーツを作ってアクセサリーに組み込むのもいいですなぁ。
あらやだ流行に乗ってる女子みたい!ハンドメイド系女子!!
夢が広がりますな。

このことについて、ルミkheちゃんも記事を書いてるよ。ぜひ読んでね!
⇒そんなアルケー。:シルバーアクセは作れた

▼ルーンをお守りにする際のご参考にどうぞ。両方ともわかりやすくて好きな本です。

銀粘土でシルバーアクセサリーを作ったのこと” に2件のコメントがあります

  1. かわいいのできてる~!!
    お上手ですね♪さすがももねこさん^^

    銀粘土、実は私も、かれこれ7~8年ほど前にはまり、リングをはじめまぁーいろいろ作りましたよ(笑)熱中しますよね!
    焼くときの緊張感がちびりそうだったのを覚えています(笑)
    ホント、好きなものがよく似てますね~!
    でもつくるのってホントに楽しいよね♪

  2. >NANAさん
    わーい!お褒めいただきありがとうございます。
    銀粘土の先輩から褒められた!やったー!
    下手したら割れるとか折れるとか、ネットでいろいろ見て震えながらやりました。
    ま、私が作ったものはご覧のとおりなので割と丈夫だと思うんですけどね!笑

コメントは停止中です。