オラクルカードからのご提案【嫌な感じの人は無視する】

昨日のワンオラクルは、こんな感じでした。
使ったデッキは『エンジェルタロットカード』。絵がきれいでよろしいですね!
出たカードは『空気のペイジ』……思いの外親しみが持てるメッセージだったので、今日はこれについてあーだこーだ書こうと思います。

ぶっちゃけ、このメッセージを見たときは「オラクルカードもそんなこと言うんですね!」と思いました。

こいつ嫌なやつだな!に引っ張られがちなとき

あるよねー。ありますよねー。
事象としては大したことでも別に嫌なことでもないのに、それを伝えてくれた人の態度や言い方でめちゃくちゃ嫌な気持ちになること!
仕事の場では特に多いのではないでしょうか。

ものごとを伝えるとき、いきなりから何故か攻撃的だったり何故か威圧的だったり、責める態度だったりする人って、どこにでもいるのよ。
運悪くそういう人に当たったときは「は?何だこいつ」って思うけれど、その苛立ちや不快感に囚われると余計に厄介なことになる。
売り言葉に買い言葉で喧嘩をするのはもちろん無益なことですが、そうでなくても嫌~な気持ちのまま対処して、集中力に翳りが出て、そのせいでミスして、結果的にその相手にここぞとばかりにミスを責められたりしたら……たまったもんではありませんわな。
そうなってしまったら、相手の態度が最初の「ただ嫌な態度」から「正当性を持った嫌な態度」に変化するの。最悪ですよ。考えただけで腹が立ちますね!

ということは、本当の本当に、メッセージどおり。
『嫌な感じの態度は無視する』。これに尽きるのです。

基本的に、相手のアップダウンに合わせる必要はない

そもそも、最初のコミュニケーションから攻撃的な態度をとるって、そんなの99.9%の場合は必要ないのではないでしょうか。ない。ないぞ。いろいろ考えたけど、ないぞ。

だから、そういう態度をとられたときは、伝達事項だけをまっすぐに見て、相手のテンションは無視したらいいんですよね。
無視した結果、謎にキレられることもありますが、それも無視したらいいんですよね。だって、「は?意味わからん」と思うような相手の感情のアップダウンにお付き合いするのって、意味がないんだもの。

というのも、意味があって嫌な態度をとられているなら、そういう人はちゃんとこちらを「具体的な理由をもって」責めてくるはずです。態度もおそらく、もっともっとキツかろう。
この場合も、相手のテンションは一旦横に置いておきつつ要件を聞いて、そのあと、相手の態度が一体どこからきているのか?というのを冷静に探る必要がありますね。
相手のにせよ自分のにせよ、感情に呑まれてしまうと根っこの部分が見えなくなるので……冷静さをキープするために『無視する』。これ、大事なのですな。

ということは、「売り言葉に買い言葉」ってのはなかなか発生しないはずなのですよ。必ずどちらかが冷静であれば、「まぁまぁ話してみましょうよ」となりまして、いきなりの喧嘩にはなりません。

そもそも攻撃的・威圧的な人は防御の姿勢が固い

多分ですが、「攻撃は最大の防御なり」を素直にまっすぐに使った結果、しょっぱなから喧嘩を売るような態度になっている人が多いんじゃないかしら。
別にこっちは噛みついたりしないぜ、そんなにケンケンするなよお嬢ちゃん、とシブめのいけめんテイストで対応すれば、もしかするとその子と恋なんざ始まってしまうかもしれません。

人は、“非”をそもそも自分の下に置きたくない、という気持ちが強ければ強い人・時ほど、周囲への態度も強くなるように思います。
誰も責めてなんかいないし、そもそも誰が悪いかなんて犯人捜しをするようなこともしていない場合でも、「私は犯人じゃない!私は悪くない!」と主張する感じ。
これと同じように、注意がクドい人も、「これだけ言ったのだから私の責任は果たした!」という防衛線を張りたい気持ちの表れかと思います。
私も、自分の責任範囲を守りたいがためにがっちがちに契約内容とか書類の備考欄とかを埋めまくりますので、気持ちはよくわかります。が、それが“お互いを守るため”でない場合は、過剰防衛だったり不当防衛になったりするので、注意が必要ね。

とにかく、「は?何だこいつ……いきなりこんな感じで接してくるとは、まさか嫌なやつか??」と思ったなら、とりあえずは一旦その人の態度は無視しよう。
のらりくらりとかわしているうちに、相手からも「この人は安全な人」と思われて、相手の態度が軟化することもよーくあります。

それでも「チクショウ、あのとき反論しておけばよかった!」となったら

忘れよう。
全部忘れよう。
いいじゃないか、この期に及んでその一瞬のプライドを守らずとも。
全部忘れて、次に行こう、次に!

そりゃあね、いろいろ問題がごった返して、過去に遡って己を守らないといけないような事態になれば、それは別ですよ。
時々ありますね。私は過去のことは本当にすぐ頭の引き出しの奥底に忘れて土に還してしまうので、掘り返されても困ることが多いのですけれど。

で、「何だか嫌な思いをしたなぁ。当時、ちゃあんとその事象が生々しかったときに、反論しておけば良かったよ」と思ったりもしますが、当時反論をしていたところで喧嘩が大きくなっただけで、きっと嫌な思い出としてしっかり残ってしまうので、まぁそれはそれでしょうがないかと諦めることにしています。

とはいえ、そんなにすんなりと気分転換ができないことも多々ありますわな。
というわけで、そういうときのためにワンオラクルします!
冷静になれ、自分!

ウィズダムオラクルカード

「そんなことよりも、他にいろいろいいものが届いているでしょう。そっちに集中しなさいよ」
「悔しかった、辛かった、あのときああしていれば……!なんて思いに囚われていたら、まーた嫌な目に遭うわよ。あなたの気持ちが過敏になって、無視していいことも無視できなくなるわよ」

……せやな……

使ったデッキは『ウィズダムオラクルカード』、引いたカードは『TREASURE ISLAND』でした。
嫌な態度をとられた、という記憶に囚われると、また嫌な態度をとられるんじゃないか?という防御の気持ちが強くなりますね。
すると、あら不思議!自分も過剰防衛してしまいそうになる!必要以上に、相手に強固な態度をとってしまいそうになる!子細な条件を提示したくなる!もしくは、目立たないように息を潜めてその場にいたくなるーーー!

うん、やっぱり忘れましょう。無視しましょう。
それが一番よい方法、です。きっと。
理不尽さんにはさよならばいばい、いずれ楽しくお話しできるときを楽しみにしています!と告げて、別の場所へまいりましょう。
れっつ!楽しい方向!いぇい!

占い