「クックック……この蜜は甘いだろう?」大アルカナ:悪魔【タロットカード紹介】

誘惑、堕落、浮気、まぁ何とも人間らしい。
恋人のカードもひっくり返れば似たような意味が読めますし、人の心って罪深いわよね。
また、法皇と対比するような構図になっているのも面白いところです。

基本的な意味

上に書いた誘惑、堕落、浮気以外にも、束縛、嫉妬、憎しみ……みたいな「人の心の暗い部分」を表す意味が並びます。

悪魔のカードが出てきたときってさ、特に誰かの気持ちのところに出てきたときって「ひっ」てなるけどさ。場合によっては我が身を振り返る鏡ではないかと最近思うようになった。
自分が悪魔のカードの意味するような思考やら発想やら不安を持っているから相手のことがそのように見える…っての、往々にしてあるんじゃないかしら。

もちろん、ストレートに読むことも多いですよ。
こいつ下心ばっかりやな!とか、現実逃避してだらだらしてるな……とか、そういう人の輪にいるんだな、とか。
でも、場合によっては「質問者の心持ちで、悪魔に見える」こともあるのです。

悪魔は一時ルミKheちゃんについて引いたときによく出てたカードで。
「お前私のこと悪魔だと思ってんのか」って言われてそのときは笑っていたんだけど、あながち違うとも言えないなぁ?と思ったのです。

個人的には、悪魔に囚われるっていうのは絶対に悪かと言うと、そうでもないんじゃないかと思ってる。
そりゃあ欲に溺れきってると良くないことの方が多そうですよ、いろんな面でね。
でも、欲って人生を満たすために必要なものだと思うから、何らかの理由で欲を出せないでいるのなら、ちょっとくらい悪魔に手を貸してもらってもいいんじゃないかな。

だから普通に人生を楽しんでいる人に対して出ると「ちょっと溺れすぎじゃない?大丈夫?」ってなるんだけど、まるで無欲かのように見える人っていうか抑圧してるんじゃないかって思う人に対して出ると「あ、人間らしいところがちゃんとあるな。」ってニヤニヤしちゃうの。そういうところあるんだな、良かったな!って。

逆位置で出ると?

「ダメな感じの依存や執着から手を離す」ってことかなと思います。
ペンタクル 4も執着ってイメージだけど、あれは物質や経験に対する固執であって、悪魔はもっと精神的・肉体的な感じ。溺れる、って言葉がよく似合う。
ぬるくて心地よい沼からそろそろ身を起こして立ち上がりましょう、っていう。

本当の本当に悪い人に対して出ることもあるのかもしれないですけどね。
私はそんな悪人についてカードを引いたことがないので、わかりません笑

以下の記事で、大アルカナ・小アルカナを一覧でご紹介しています。

【タロット一覧】イメージでカードの意味を知ろう