「護られているからこそ強い」大アルカナ:女帝【タロットカード紹介】

愛されているからこそ強い!護られているからこそ、それを知っているからこそ強い!そんな女帝さんです。
攻撃して開拓できるだけが強さではないのよ、ってこの人は言っております……この人の武器は盾なんだ。戦わない、護りの強さ。

基本的な意味

背後には森、そこから川がゆるやかに流れ、足元には稲穂がさわさわ揺れる豊かな場所で、ゆったりと立派な椅子に腰掛けてこっちを見てる、女帝さんは余裕の塊ですな。
彼女は自分が安全に護られている存在だということを知っているのです。何かあっても足元にあるハート型の盾で自分でも身を護ることができることを知っている。
ゆったりとしたざくろ柄のドレスはまさに女性性の象徴で、護られた場所で新しい生命を育くむという大役を立派に務めているんですよ。(妊娠しているという説もよく言われている)

このカードが正位置で出たらとりあえずめっちゃ嬉しいよね。
今はここに在るものに満足してていいんだな、遠慮しなくていいんだな。って思えるから。
私の性格的なアレが大きいと思うんですけど、「護られている強さ」っていうのがなかなか自覚しづらいの。護られていて余裕があるなら尚更、自分ができる攻撃のことを考えてしまう。
だから女帝のカードが出たら、とりあえず愛されて護られていることを自覚して、自分が育んできたもの/新たに生み出せそうなもの/育めそうなものがないかを探すことにしています。
他の分野を誰かがやってくれていて、それで護られているのだから、そこに安心して自分が育てられるものに集中しよう、って思います。

逆位置で出たら?

女帝の余裕がなくなって、護ってよ!愛してよ!私を安心させてよ!!と要求してしまう状態にあるかもです。しかもちょっとヒステリックに。
女帝の状態であれる時点であなたは愛されて護られているんですよ、ということを理解してほしいのにしてくれないのね。
ガチでその辺が不足してたらまた別のカードが出るでしょうよ!女帝じゃなくて!
どのカードでもそうだけど、わざわざそのカードが出た理由っていうのを考えた方がいいです。逆位置だと意味がひっくり返ったり不足したり過剰になったりするから、ちょっとネガティブな気持ちになってカード本来の意味から遠ざかったり見落としたりしがちなんだよな……。

そんな感じでですね、悲観的になってるときに逆位置で出ちゃうと感傷的に泣き喚く女性が場に加わったみたいになっちゃって「あっちゃー!」ってなるんですけど、いやいやあなた女帝だから!女帝でいられてる現実を見よう!?あなた愛されてるし護られてるよ!!(甘えてんじゃねえ!!!!!)ってことを懇々と伝えたいと思います。伝われ……私の想い!!

以下の記事で、大アルカナ・小アルカナを一覧でご紹介しています。

【タロット一覧】イメージでカードの意味を知ろう