「ストイックな哲学者」大アルカナ:隠者【タロットカード紹介】

このカードが出たときは、「己に向き合って真実を探せ」っていうミッションが課せられた気がするんだけど、私の場合はそう言われずともぐるぐる考えすぎてダメになるパターンが多いので、「思考の渦から出てこい、ほれ、道はこっちだぞ」って指してくれてるんだと理解しています。

基本的な意味

哲学、真理の追究。
ぐぐっと精神の内側へダイブして、深く豊かな経験を鍵に未知の世界を探索する人。
あまりに高尚な人なので俗世からは浮いているし、ともすれば「何言ってんのこの人??」と言われかねない人。

でもね、この人のすごさはみんながちゃ~んとわかってるんです。
だからこの人が持つカンテラの光を頼りに、みんな背中についてくるんです。
粛々と、粛々と。

なので正位置で出たときは、そのまま隠者的なスタイルを大切にしましょう、という風に読みます。
自分がそうなのか、周りにそういう人がいるのか、はたまたそのようになれ、ということなのかはその時々で変わります。

例えば、腰据えて考えるよりとにかく動く!って人にアドバイスとして出たら、「立ち止まって考えてごらん」みたいに言ったりね。

逆位置で出たら?

思考の渦にドはまりしてぐるぐるもうだめだ!!みたいなとき、ヘンにひとりになろうとしてるときに出てきがちです。
「思考の坩堝に入ってネガティブに酔ってんじゃねーぞ」「ねぇ、ちゃんと頂上認識してる?行きたいと思ってる??」って釘刺しにくる感じ。
お、仰るとおりで……はぁ…って言わざるを得んタイミングでいらっしゃることが多いです。
チクショーわかってるよ、わかってるってば!

私にとっては割と厳しいお人。
厳しいけど優しいお人。
だからひょこっと出てこられたときは、正位置であれ逆位置であれ、しゅっと背筋が伸びるよ。
厳しくて偏屈だけど大好きな先生…って感じ。

 

なので、セルフリーディングで隠者が正位置で出てきてくれると、すごく嬉しいです。
迷子にならないように一緒に思考の森を散策してくれるんだな、って。強力なナビゲーターがついてくれてるんだな、って。
おかげさまで、そりゃあ少しは泣くこともあるけれど、穏やかに振り返ることができたりして。
ありがとう、隠者先生!

以下の記事で、大アルカナ・小アルカナを一覧でご紹介しています。

【タロット一覧】イメージでカードの意味を知ろう