『ツインソウル』という名づけの魔法 ~続・一生忘れられないなぁ、という人のこと~

以前、こういった記事を書きました。

一生忘れられないなぁ、という人のこと。

ソウルメイト、という単語はスピリチュアル系界隈を覗くと必ずと言っていいほど目に入る頻出単語です。テストに絶対出るから覚えておいた方がいいやつです。

私はこの記事で、以下のように書いています。

私のところに来てくださるお客さまの中にも、そんな出会いと気づきとそこからのとんでもない変容に立ち向かっている方がちらほらいらっしゃいます。
感想で「正直わけがわからないし、不思議なことがいっぱいあって混乱してるんですけど、何故だか本当に本当に特別なんです。」っておっしゃられるのを見ると、すっっっっっっっっっっごく素直に応援したくなる。
し、大きな声では言えないけれど、また時間が経った頃、私のところにリーディングを依頼してくれたらいいなって、ちょっと思ったりもする。

しかしながら私はリーディングのときにソウルメイトっていう言葉は使いません。
だけど雰囲気とか空気とかにおいとか、そういうので「あぁこりゃアレだな、人間の言葉で言うとしたら……ソウルメイト……」って思うんですよ。
思うんだけど書かない。

今回の記事では、「ソウルメイト・ツインソウルだとは思えど、そうは書かない」理由と、私の魔法についてお話します。

ソウルメイト・ツインソウルとは何ぞや

ソウルメイト (soulmatesoul mate) は、soul(魂)とmate(伴侶、仲間)を組み合わせた英語の造語で、魂の伴侶のこと。一般的には、共通の価値観や好みといった深い親和性のある相手、気性の合った人、ロマンチックな結びつきのある相手、運命の伴侶、特別な恋人、相思相愛の相手、互いに深い精神的な繋がりを感じる大切な人、深い縁を持つ人などを意味する。

── Wikipedia – ソウルメイトより引用

はい。Wikipediaさんにはこのように記述があります。
他にも『ツインソウル』『ツインレイ』『ツインフレイム』等、細分化された呼び名が複数ありますが、この辺りは諸所によって微妙な解釈のズレが散見されますので、ここでは一旦、いずれも「ソウルメイトの中でも特別に濃い約束をして生まれてきた魂」という解釈に留めておくこととします。

中でも『ツインソウル』というものは、元々はひとつであった魂がふたつに分かれて肉体に入ったもので、いわゆる「魂の伴侶」という概念を持ち、同義語の中でも特に恋愛的な要素の強い言葉になっています。

名づけという魔法、名前が持つエネルギー

名づけという行為は、それはそれは強力なエネルギーを持ちます。
名前をつけて認識したその瞬間、それは「それ」になります。

私の名前は「香織」、母が当初つけたかった名前が「桃子」で、母は未だに「桃子にしていたらどんな性格になっていたかしらね」と笑い話のひとつとして話します。
名前で性格が変わるということに確証などありませんが、幼い頃からその音や形や色や印象、そして意味を、「私」を表現するアイデンティティの最たるものとして育つのだから、影響してもおかしくありませんわな。

名前というものはとにかく強大なエネルギーを持つものですから(魔術的にもね)、名づけとは祝福にも呪いにもなる行為、と言えます。
でもってそのエネルギーをどう使うか……名前を祝福とするか、呪いとするか……は本人次第だったり、周囲次第だったりする。

第三者が、“名づけ”という祝福もしくは呪いを強めるわけにはいかない

「この人との時間は、一生忘れることなど絶対に叶わない」と思えるほどの濃い恋愛体験があるとしましょう。
それを「ツインソウルとの学び・統合への過程」と名づけるとしましょう。

この時点で、祝福にも呪いにもなり得る名づけが行われるわけです。
ここで、本来は形をもたない、神聖で純粋で混ざり気のない“思いやり”や“愛”に、「ツインソウルとは」「魂の伴侶とは」「ツインソウルの試練とは」「ランナー/チェイサーとは」……みたいな定義が、どんどん付加されるの。

こうなってくると、例えば何らかの形で目の前に辛い現実が立ちはだかったとき、「ツインソウルとはこういったものだから必ずこうなるはず」「〇〇であるべきだから△△しなきゃ」みたいな、定義から生じる固執と執着に苛まれやすくなる。
要は、『ツインソウル』という名づけによって自分自身に呪いをかけてしまう。

で、私(私に限らず占い師さんやらヒーラーさんやら)のところに相談にやってくるのは、その名づけを呪いとしてしまっている人がどうしても多くなるのね。

呪いにかかっている方は、依頼文でわかる。
「相手の方は紛れもなくあなたの魂の伴侶です、ですから必ずあなたの元へ戻ってきます」と言われたがっている、切なすぎるエネルギーが、文章からしんしんと出ている。

そんな方々に、神秘という絶大な力を用いてお伝えするリーディングメッセージでその呪いを強めるようなことは、私には絶対に絶対にできないのだ。
もちろん、『ツインソウル』という名づけをせず、ひたむきに思いやりや愛と向き合っている方にも、私がその名づけを行うことは絶対にできない。

また、これは、祝福の状態であっても呪いの状態であっても同じです。
名づけの魔法を行うことで、その方々の思いやりや愛に「定義」「固定観念」という歪みを与えるわけには、絶対に絶対に絶対に!いかない。

そもそも、思いやりや愛を定義に当てはめることができるのか?

いきなりアレですが、私はできないと思っています。
誰かを特別視して人間関係を築くスタイルじゃないことや、セクシャルマイノリティ(恋愛に性別のくくりがないタイプ)だということもあってか、世の中の少女漫画やドラマ的な恋愛観には共鳴しきらずに育ったし、実際に人間関係を重ねてきた今も、「思いやりや愛は、後づけでパターンに分類はできても、定義に流し込むことはできない」と思っています。

『ツインソウル』という名づけが呪いになっている人は、単語の定義を支えや頼りにしている方が多いように思う。
純然たる「好き」という感情に施した理由づけに、がんじがらめになっている方がたくさんたくさんいるように思う。
「ツインソウルは非常に苦しい試練を迎えるものだ」とか「ランナー/チェイサーになる期間が多くの場合はある」とか、ね。

ただ、本当に本当に辛くて苦しくて寂しくて悲しいときに、「今は彼/彼女と離れている」「それでもどうしても好き」「彼/彼女がいないと寂しすぎる程、彼/彼女を求めている」という、シンプルなところに戻るのはなかなか難しい(それは『ツインソウル』という名づけをしない私にも、嫌というほどわかる)。
だから悩むし、こんがらがってがんじがらめの状態から抜けられないし、辛くて苦しくて寂しくて悲しいから、また『ツインソウル』という定義を頼る……

そして、時折ひとりでは耐えかねて、私のような占いをやる人間やヒーラーさんのような人たちに、もしくは同じように愛に苦しむ誰かに、何らかの言葉をもらいにゆくのですね。
なんと切なくて純粋な想いだろう。

『ツインソウル』という名づけのエネルギーを用いると決めたあなたは、めっちゃすごいぞ

ももねこ自身は、紆余曲折七転八倒試行錯誤ありまして「思いやりや愛に名づけの魔法は使わない」と決めている(どうもこの分野に対しては名づけのエネルギーを自然体で使えない=使わずに向き合うのが私のスタイルだと認識した)のですが、『ツインソウル』という名のエネルギー・名づけの魔法を使う!と決められた人は、自然体でそのエネルギーを受け入れられる/用いられるタイプ、ということだと思います。

思いやりや愛に関するできごとは、驚くほど人間を発展させたり消耗させたりするわけで、そこにさらに『ツインソウル』という名づけの魔法を使うことは、長い長い旅に出た上に自ら退路を断つようなことでもありますね。
一度そう名づけたら、そいつを捨てるにも諦めるにもかなりのエネルギーが必要になる。ましてや、曖昧な形で置いておく、なんて中途半端なことができなくなる。
ひたむきに、純粋に、そして真面目に、自分を傷つけてまで!その思いやりや愛に没頭することとなる。

そんなとんでもないエネルギーを真っ向から使おう、という決意はそれだけですごい。
もちろん、使わずにぶつかろう、という決意もすごい。
「自分の人生に誰かを招き入れるというでっかいでっかい挑戦」に臨むと決めたことって、めちゃくちゃすごいと私は思う。

『手放し』『引き寄せの法則』という言葉が起こしかねない、課題のすり替え

さて、先達が書かれた『ツインソウル』関係の記事をいろいろと読んでいると、「相手が離れている“今”という時間そのものに、そして自分自身に向き合おう」とか「絶対に大丈夫だと信じて“今”を生きよう」とか、そういった記載が散見されます。

これはスピリチュアル界頻出単語である『手放し』に通ずるもので、ざっくり言うと「望みを手放し、宇宙に任せることができてはじめて叶う」というやつです。
でもって、もうひとつの頻出単語『引き寄せ』にも通じます。
「会いたいと願う心が、会いたいと願い続ける現実を引き寄せている」というやつ。

これに関しても、「手放しや引き寄せができていないから、私はこんなにも辛い現実に直面している」という定義づけを自分の思いやりや愛に関する課題に対して行うこととなる。
要は「この現実を変化させるためには、手放しと引き寄せの練習が必須条件」というすり替えに繋がる可能性がある、ということ。
因果関係の認識がズレてしまう懸念がある、ということ。

「手放し・引き寄せの練習」についての意識

私自身、どうにもこうにもにっちもさっちも行かなくなって超絶苦しんだ時期にいろいろとやりましたけれども、結果的にそれらがもたらしたものは、直接的に願いを叶える魔法ではなく、「自分の手で願いを叶えるためのサポート魔法」でございました。

そこで提案なのですが。
「手放し・引き寄せの練習」で、欲しい現実そのものを望むよりも……

「手放しの練習」で、心の目を曇らせる悲嘆や耽溺をなだめる。
「引き寄せの練習」で、引き寄せたい現実のイメージをはっきりとさせる。

これくらいの感じで向き合うのはどうかな?

私の場合は、これを繰り返すうちにモヤモヤがしゅーーっと集約されて、狙うべき一点が見えてきた。
その狙うべき一点を認めるまでにまた新たな苦しみがあったけれど(あったんですよ)、結局は目の前に現れたチャンスを掴んで、自分自身の手で扉を見つけ鍵をぶっ壊しこじ開ける形で、それらとサヨナラしたよ。

いやー、実に大変だった。
今思い出しても……いや、実は不思議と当時の苦しみを思い出せないんですけれども、とにかく大変だったという事実は覚えています。

というのもですね、その「狙うべき一点」を見つけて、さらにそいつを認める段階にならないとですね、せっかく現状を打破するチャンスがやってきても、スルーしてしまったり、勇気が出なくてそのチャンスを無駄にしてしまったりするのだ。

もしも今、目の前に一世一代のチャンスが現れたとして、そいつにがっつりと乗れるかどうか想像してみよう。
「あーだめだ、怖い!相手から歩み寄ってほしい!」と思っている間は、きっとまだまだその段階に達していない。

大切なのは、チャンスは急に目の前に現れると認識して、そのタイミングをがっつり掴めるように「手放しの練習」と「引き寄せの練習」をしておくことじゃないかしら。
練習の結果、「覚悟と決意」が自分の中にできあがったとき、本当の意味での魔法が使える。奇跡がちゃんとやってくる。ももねこはそう思うよ。

『ツインソウル』という名づけの魔法を使うと決めたなら

そうがっつり決めたなら、そのエネルギーをどうか自分を心地よく生きさせるために、せめて呪いにしないように使ってほしいなと思います。

そして、もしも『ツインソウル』のエネルギーに疲れてしまったときは、「私は疲れている」という事実をまっすぐに認識してほしいと思う。
認識するだけで少し楽になるからさ。そしてもしも休めそうなら、休んでね。

というわけで、私は占いやリーディングという手立てを用いる者として、その魔法を使うと決めたクライアントのエネルギーに干渉するわけには絶対に絶対に絶対に!まいりませんので、これから先も直接的な言葉では表現しません。
(端的にカードの説明が必要な時なんかは、例外的にダイレクトな単語を使うこともあるけれど)

もし、「手放しの練習」と「引き寄せの練習」に役立つリーディングが欲しいと感じたら、ぜひ頼ってね!その段階は、客観的なメッセージ、きっと重宝するからさ。
どんとこーーい!

『ツインソウル』という名づけの魔法 ~続・一生忘れられないなぁ、という人のこと~” に2件のコメントがあります

  1. 初めまして!シャイニーと申します!占いやスピリチュアル、引き寄せについて勉強している初心者です。「一生忘れられないなぁ・・・」の記事も拝読しました。私には一生忘れられないと自分で名付けて呪ってしまった芸能人がいます。もう10年以上も・・・そのせいで「ファン」と呼べないくせに「異性として見てる」だとか「恋してる」「恋愛感情」などという言葉には縮みあがります。怖さが勝るので引き寄せなんてもちろんできません(笑)ただ、「好き」と思うだけで気疲れしたり苦しくなったりもします。そんな私ですが、「事実をまっすぐに認識してほしいと思う」という言葉に励まされました。でも、昔よりは上記の練習をして前向きになれてはいます。今だに恋愛や好きの定義もわからず、ただ彼のことは忘れられない人、心の支えになっているとしか言い表せません。ただ、それでも時折苦しくなる時は苦しいと事実を認めて受け入れていくことが必要なんだなと思いました。変な文章になってしまいましたが、励まされましたのでこちらでお礼を言わせて下さい!ありがとうございました!

    1. シャイニーさん、はじめまして!
      ももねこです。
      記事を読んでいただき、さらにコメントもいただいて、ありがとうございます^^

      長い時間、ひとりの方を想われて、たくさん気持ちと感情と思考を使われてきたのですね。
      好きになった・名付けた・愛したことは、もう仕方がない!ので笑、事実として「こうである」という事象をまっすぐに見ていただければ、感情のブレや混乱にエネルギーの消費が少なからず抑えられると思います。

      記事にも書きましたが、それだけ強い想いをもって、赤の他人を自分の人生の一部として招き入れる覚悟をされたことは、皆さんとてもすごいことだと思っています!
      また、個人的には引き寄せと言うものは意図的にどうこうテクニックがどうこう、というよりも「願えば叶う」に近いものだと感じておりまして、シャイニーさんご自身がどのような「願い」を持つかで自然と流れができてくるものだと思います。
      そして、願いは自由です。自分の幸せの形をよーく精査して、本当に幸せだと思えるものが見つかったなら、それを好きなように思い描き、願っちゃっていいのではないでしょうか!

      人間ですからしんどいときもありますし、しんどいときは「今はしんどいときだ」と俯瞰して見ることで、少しでも軽い気持ちで過ごしていただければと思います^^
      善き日々を!

コメントは停止中です。