ウィズダムオラクルカード【オラクルカード紹介】

ももねこが所持しているオラクルカードを紹介するシリーズ!
この度はウィズダムオラクルカードでございます。
購入した直後に書いた記事に、使い込んだ今だからこそ書ける内容を追記(2017年8月15日)してお届けいたします。

『ウィズダムオラクルカード』ってこんなデッキ。

ウィズダムオラクルカード

まず言いたいこと!絵柄がとにかく可愛くて可愛くて可愛い!!動物とか妖精がいっぱい!!優しい色合い!!!
ぶっちゃけジャケ買いしました。ジャケ買いすることが多いももねこですが、このデッキは特にジャケ買い度が高かったです。

52枚のカードすべてにひとの顔がうっすら描かれていることに気づいたときは正直ぎょっとしましたが、解説書を読むかぎりこのひとは「オラクル」という名前のナビゲーターというか神託をくれる霊的な存在だそうで。
このデッキの支配人みたいなもんかしら。

何よりも解説書が分厚くてですね、私が持っているデッキのどれよりも分厚いです。
それもそのはず、52枚のカードすべてに「基本的な意味」「オラクル」「人間関係について」「豊かさについて」「あなたを守る」という5つの項目に沿った説明があって、リーディングのテーマに沿って意味を解釈しやすくしてあるんですよ。そらページ数増えるわな。
もちろん、項目に囚われずに読んでも大丈夫です。

カードひとつひとつの印象は前向きで優しくて、ほっと安心する感じ。
他の優しい系オラクルカードデッキと同じく、タロットやルノルマンカードみたいな、はっきりと要素を並べてくれる系のデッキで状況を展開しておいて、そこからアドバイスなり注意点なりを出すような使い方にはもちろん向いています。
それだけでなく、このデッキは「クライアントが今どんな状況・状態なのか」を知りたいときにも重宝するのだ。
状況としっかり結びつけさえすれば厳しくも読めるし、とてもお気に入りです。

著者であるコレットさんの別のデッキ『ザ マップオラクルカード』と根底は似ていますが、『うぅずダムオラクルカード』は『ザ マップオラクルカード』よりも世界観がかなりふわふわしています。
雲の上の不思議な世界で不思議な動物たちと妖精たちが仲良く個性的に暮らしてる、みたいな世界観。綿菓子みたいでかわいい。

この世界観がぴったり合えば、世界観の癒し効果でどのカードを引いてもハッピーな気持ちになれるので、それだけでも価値があるんじゃないかな。
今のところ私はハッピーを感じつつ状況を整理するのに使うデッキとして据えています。
『ザ マップオラクルカード』だと胃が痛くなりそうなときに選ぶ、とかね。

オラクルさんっていう優しいおねえさんのところに甘くてふわふわなお菓子をもらいにいくような、まふまふのクッションでごろごろしながらお話してもらうような……あれっ、思いの外オラクルさんの存在感がでかくなっている……こんなはずでは……

そうそう、クライアントさんに対しても優しくて可愛いので使いやすいですよ。
ももねこ的にも対面占いの時に持っていく確率が非常に高いです。

『ウィズダムオラクルカード』は初心者にもおすすめ。

「オラクルカードが欲しいのだけれど、どれを買えばいいかしら?」なんてご質問を受けることも多くなってきたワタクシですが、必ずと言っていいほどこのデッキをおすすめリストに入れています。
もちろん質問者自身に合いそうなものを一番におすすめするのですが、『ウィズダムオラクルカード』は大体おすすめするね。

先述のとおり、絵が可愛いのと解説書がていねいで解釈のバリエーションをある程度提示してくれることが大きな理由ですが、スピリチュアル系や宗教的な色がほとんどない、ってのもおすすめする理由のひとつです。
もちろんまったくないわけではないのだけれど、単語や概念を知らなくても解説書を読めば理解できるので、万人に対して優しいデッキだなぁという印象。

カードに書かれている言葉も、「TO BE FAIR(公平であること)」や「FLEXIBLE(柔軟性)」「TRUTH BE TOLD(真実を明かす)」みたいに、現実のできごとに反映させやすいのですよ
ファンタジーな世界観ながらメッセージはシンプルで現実的。
中には「引き寄せの法則」的なものもあるけれど、それも「素敵な偶然」という言葉で表現されていて、とにかく受け取りやすいんですね。

オラクルカードって慣れてくるとどんなデッキでもすんなり使えますが、慣れる前に文化圏や宗教観が大きく反映されたデッキを手にすると「???」となっちゃうことも多いので、この点はめっちゃいいなぁと思っています。

クライアントさんに使いやすいのもこのあたりが大きく影響しています。
天使や神話やその他もろもろを、クライアントさん全員が一様に捉えるわけではないので、万人受けするってのは結構大事な要素なのだよな。
あと純粋に、展開されたカード可愛くて私のテンションが上がるので使います。
テンションが上がるってのは何よりも何よりも大切よね!

余談ですが、ウィズダムオラクルカードを購入した日は、私がライトワークス本店に初めて行った日でもあります
このデッキの発売日にちょうど東京出張が重なったもので、これはラッキーとばかりに五反田に行ってきました。
お店の中はクリーンな雰囲気で天使がいっぱいいて、あぁライトワークスさんだなぁ…って思ったよ……(?)
あとドアベルがものすごいきれいな音色だった。
普段全然スピリチュアルの話をすることのない友人と一緒に行きましたが、ものめずらしげに商品を眺めたりサンプルのカードを引いたりしていました。楽しんでくれたようで良かったです。
また東京で遊ぶ機会があったら行ってみよう!

以下の記事で、オラクルカードの選び方についてご紹介しています。

初心者向け!オラクルカードの選び方