「2016年の抱負」とかじゃ無いけどそんな感じの

ここ最近、オラクルカードを引いてもらっても、自分で引いても、もう決まったように出てくる内容がありまして…。
「内省の時期」「休みをとれ」っていう内容のものなんですけどね。まじでよく出る!結構前とかはそんな感じじゃなかったですからね。進め~!みたいのも結構みたんですけどね。今じゃすっかりこんな感じです。ルーンのウルもご無沙汰気味。でも凄くわかります。わかるんですよ自分でも。ひとつ前の記事にも書きましたが、体調が良くないのが続いているっていうのもこういうたぐいの繋がりなんでしょうかね。HAHAHA。

12月の後半くらいだったかな?師匠とのグループワークで2016年のテーマをオラクルカードでみんなでひきあって出したりしておりまして、皆でやると楽しいですね!その時も結構自分の中でも指針が固まりそうな感じがしていたのではありますが、改めて年明けて自分で落とし込むのにひいてみたのですが、大体みんなでひいたときと同じような流れになっちゃいました。やっぱそういうもんなんですね。不思議!もちろん出たのは「内省の時期」「休みをとれ」系カード2016年がそうかよ!っていう。一年の中頃まで…いやあもうちょっと続くかな。そこまではそういう印象のカードが重ね重ね出てました。もうわかりました。覚悟いたします。私も感じる事はありますから。

ということで、とりあえず2016年抱負とかじゃあないんです。そんな事は言いたかぁないんですが。とりあえず自分に訴え伝え続けたいこと!とりあえず3本?

1.焦るな!
2.休む事を与える。
3.私は恥ずかしくない。

1.焦るな!
これはね、もともと自分が巻きで生きがちっていうとこもあって「落ち着け」っていう。起こる事象の頭が少しでも見えたら色んな事態に備えてめっちゃ球数用意しちゃったりするんですけどね。それによって余裕を生みたいっていう気質もあったりして。でもねそもそもの球数、球事態を高めておこうっていう。そろそろ「もう持ってる」って事で余裕を持ちたいんでね。最初から。行動でじゃなくて自分自身に余裕を持ちたいなと思っております。だから粛々と内省に向かいたいと思います。じっくり考えたり、作ったり、勉強したり。焦らずじっくりコトコトです!別にインプットのみではなく、アウトプットにおいてもじっくりね!で、じっくりじっくりを心がけると、進んでる感じがしなくて気持ち的にソワソワしそうですが「焦るな!」です。うん。よく考えなくても焦りがちなのよ私。多分焦ってんのよ。顔は全然焦り顔じゃないけどね。のんびり顔やと思います。結構どうでも良いけど。何で焦るんでしょうね………「時間」ですかね。時間ってなんでしょうかね………。そうだ時間から解放されよう!!時間で区切らない!!時間の考え方を考えなおそう。オリジナルの時間を過ごすんだ。「焦るな」を唱えながら確立していきたいです。これ大切くさいな。

2.休むことを与える
これはそのままですけどね。多分1つめにも通じてて、焦らず進む為に休む。休むことで進む事もある。何もしない事を恐れない!自分の時間を大切に。意外としようとしないと出来ないんだな。

3.私は恥ずかしくない。
自分に自信を持つってこと。焦らないこと・休むことにも自信が必要ですね。

って事で、「時間・休息・自信」の3つに分けましたけど全部繋がってる内容です。しかもこれ、自分にとってのそれら一個一個これからやりながら中身を考えないとね。私にとっての「時間・休息・自信」って何なのか。今は抽出しただけですので。結構真面目にこれを忘れずにいきたいと思ってます!

なんてボチボチ書いてたら、師匠が私のハイヤーセルフとガイドさんからのメッセージを送ってくれましたかなり大きなテーマをいただけてる気がしております。これは感謝????いっぱいいただいたのでじっくり読もう。

んとね………多分中身が若干今書いてた事と被ってることもあるような………。もちろん師匠からのお言葉はめっちゃ綺麗で洗練された感じでございますが。まあ被っているというか、答えがあるような。

とりあえず気になったフレーズメモっとこう。「時間と場所、日常の存在の制約を越えて見るためにここにいる」「時間を敵とするのではなく、時間の波に乗り、少しずつ穏やかに通過してみる」「古臭く、時代遅れで、行動の自由を奪う限界意識を打破」「開放の時間が必要」「今スタートライン」・・・・以下たくさんありますです!!!私の大きなテーマとして出がちなやつもしっかりいただきました。。。これからじっくり読んで落とし込むぞ!

今回この記事を自分でまとめてたって事は自分でもハイヤーさんやガイドさんのメッセージを受けての事だと思います。まさに。色々な人の口を借りてこれらのメッセージを受けていたことを感じました。これからも高次の方々の声を素直に受け取れるようにしたいなと改めて思った次第。まじ染みルミkhe。