ミスティック絵物語(サイキックアート+お伽話)の事例と感想を紹介!Iさんの場合

今回はIさんからご依頼いただいて作成した「ミスティック絵物語」の事例といただいた感想を紹介させていただきます。
ご紹介もこれで3つ目となりました!
皆様から嬉しい感想をたくさんいただいて日々感無量の我々です。
こちらも、作成させていただいていて、毎回驚くくらい違うイメージのお話しに出会えてるので、色々な人生の一部に触れているかのようで有意義な時を過ごしております。

はい。という事で!では!今回はどんな感じになったのか!さていってみましょう!

Iさんに所縁のある不思議な存在のサイキックアート(自動書記)作成!

まずは、今回のご依頼主Iさんに向けてのサイキックアート!
Iさんにメッセージのある人、所縁のある人でてこ~~~いと念じながら描きました。それがこちら!!

サイキックアート

帽子を被った男の人が出てきました。
どうやら寒い地方の人の様です。
兵隊さんで、夜外にいるようなイメージが浮かびました。
人々が賑やかに騒ぎあっている場所から、自ら離れて静かな路地のようなところで物思いにふけっているようです。

この絵をじっと見ていると想いが感じられました。

白い息をはきながら、自分が自分で無い感覚に囚われる。

何かを思いっきり信じて精一杯の力を出したいが
自由にならない状況の中で何を信じたら良いのかわからない。
用意されたものを信じる事はうまくは出来ない。
心は自分のもので、感情も自由なはずなのに
自分ではどうにもならない。定まらない。
激しいゆらぎで不安定な気持ちではあるが、
心の内はやけに静かで時はゆっくりと流れる。

願わくば
信じられるものを大切にして
ただ静かに過ごしていきたい。

そんなこの人の想いが感じられました。
何かに一生懸命になりたいけど、この状況ではそんな風になれるものが見あたらず、虚無感があるようです。
状況的にも不自由な中で、やらなくてはいけない事が自分の意志とは関係ないところで進んでゆく感じに違和感を覚えているような印象でした。諦めともとれるどうしようもない気持ちのせいで、静まり返った心の中でゆっくりとした時の流れを感じているような感覚がありました。

不思議な存在のお伽話

といった人物の登場から、感じた事や聞いた事をももねこ氏がお伽話として記録してくれます。結構なボリュームがありますので、お伽話を一部抜粋してご紹介いします!

人の生命は儚いなどと、一体誰が決めたのだろうか。 私の眼前にいる人々は皆、屈強で逞しく、優しくて気高い。私自身も、常にそのように在れと教え込まれてきた。少しでも髪が伸びればすぐに整える。服の端から糸がほつれて垂れていようものなら、怠惰を恥じる。私は、私たちは、そのようにして生きている。少なくとも私たちの生命は、儚く散ることなど許されてはいないのだ。何度でも何度でも立ち上がり、そして次の世代へとこの人生を引き継いでいく。末の末まで、永久に豊かな暮らしができるよう、私たちは私たちを引き継いでいく。

この人の生活と思想がみえてきました。

私は歩くのを止めた。その代わり、彼女らに大きな声で問いかけた。
あなたたちは何者だ?彼女らは答えた。
「私たちは“平和” だよ」
老婆の声はとても澄んでおり、音量は小さい割にこちらの耳にしっかりと届いてくる。巨大な牛は、老婆を支えるように立っている。
私は老婆が言った言葉の意味を理解しないまま、私があなたにできることはないかと問うた。このような雪原にマフラーもしないでいては、身体を壊してしまうだろう、と。 老婆は笑って礼を言った。
「ありがとう、あなたのことは忘れません」

この世のものではないと思われる老婆と牛との出会いです。

それは父と母に宛てた、月並みなメッセージだ。
私は、その文字を見て「しまった」と思った。 絵の具だけが載った葉書の方が、今の何倍も美しかったのだ。 父母を気遣うメッセージはきちんと役割を果たしてくれるような面をして並んでいるが、それは、まるで今の私のようで見ていて辛くなったのだ。
私は少し悩んだ末、その葉書をくずかごへ入れた。 そしてまた、新しい葉書を取り出し、絵の具を指に少しだけ付けた。

最後はこんな形でまとめられていました。
書き始めた新しい葉書は納得して送れるものが出来たのでしょうか。
本当の自分というものの表現への葛藤や、くすぶりのようなものが感じられました。

Iさんからのご感想

このような内容をIさんにお届けしたところ、
早々に感想をいただきました!
その感想が以下になります。

早速読みました。
素敵な絵と物語ありがとうございます。

この人の絵のヴィジョン読んだ途端に涙が出て溢れました。

実は私がよく知っている身近な人のこととめちゃくちゃ重なるのです。

すごく頑張っていて、でもすごく苦しんでて、けどいつも私たちを幸せにしてくれる人。

絵を見た瞬間にもその方のことが浮かんだのですが。
あまりにもその方のことと重なるのでもう泣けて泣けて。

私のところにこの絵が来てこの想いが届いたことにはどんな意味があるんやろ?て今考えています。

どうしてこの人がここに来たのかな?

そして、それとは別に個人的に悩んでいる事もあったので、
その方のことと自分のことが両方この絵に出て来たのでびっくりしています。

物語読んでますます泣けて。

ワンオラクルの
「誰かのために何かをする」
それも、その方のために何かしたいと思いながらなかなか何もできていない自分にもどかしさ感じてたので、、、

本当にすごいって感動してます。
そしてこの絵の人に、そして尊敬してるその方に幸せになってもらいたいって今すごく思ってます。

それにしても全く私のこと知らないはずなのにすごい。
すごすぎる。
本当にありがとうございます。
宝物にします。

まじでーーーー?!我々2人ともこの様な感想をいただいて驚きでした。
そんな事もあるんですね!!
毎度言ってますが、本当に感じたことを絵や文字にしているだけなんですけどねっ!凄いね。
受け取ってくれる方々の感度も凄い!
こんな風に受け取っていただいて本当に嬉しいです。そして素敵な想いでらっしゃる。ううっ。
こんなに強く感じていただけるなんて、本当にお届けさせていただけて良かったなという想いで一杯でございます。

Iさん今回はご依頼いただきまして誠にありがとうございました!!!!!
こんな風に向き合ってもらって、自分の中に浸透させていただいているのを感じると、我々も嬉しくて仕方がありません。

そして、こんな不思議な体験に興味がある方がいらっしゃれば
こちら↓からどうぞ。
https://duck-works.com/uranai/psychic-art
どんな絵物語がやってくるかは届くまでのお楽しみ!