ミスティック絵物語(サイキックアート+お伽話)の事例と感想を紹介!Aさんの場合

今回はAさんからご依頼いただいて作成した「ミスティック絵物語」の事例といただいた感想を紹介させていただきます。
今回も今までとは違う雰囲気のお話しに触れさせていただきました。
どんな感じになったのか!さていってみましょう!

Aさんに所縁のある不思議な存在のサイキックアート(自動書記)作成!

まずは、今回のご依頼主Aさんに向けてのサイキックアートを作成させていただきました。
Aさんにメッセージのある人、所縁のある人いらっしゃ~~~~い!!

サイキックアート

はい。出てきてくれました。
この方、最初描き始めたときはもっと少年のようだったのですが、
描いているうちに青年へと変わっていき、少年から青年になっていく様子を見守ったような気持になりました。

この絵をじっと見ているとこんな想いが感じられました。

お母さん とても感謝しています。

小さな頃、僕は身体が弱くて何も出来なかった。
お母さんのお手伝いも碌に出来ず 家の中にいるばかりだった。
それでも、僕のお母さんは優しく見守ってくれた。
上手に外で遊べないことよりも、 お母さんの手伝いがしたかった。
今はあの頃よりも出来る事がたくさんある。
今ならお母さんの手伝いもたくさん出来るのに。

お母さん とても感謝しています。
そんな風にいつも思っています。

あ、美味しいパンが焼けた香りがする。

そんなメッセージが聞こえてきました。
お母さんの為に何かしたかった。
その思いと、感謝の気持ちが届いてきました。

不思議な存在のお伽話

といった人物の登場から、感じた事や聞いた事をももねこ氏がお伽話として記録してくれます。結構なボリュームがありますので、お伽話を一部抜粋してご紹介いします!

少年は好奇心の塊だった。 かけっこや木登り、畑仕事の手伝いは不得意だったが、文字を読むことと書くことは大得意だった。彼は、溢れ出る好奇心を文字の世界の中へ泳がせた。何度も何度も活字を追い、何度も何度もペンを走らせた。 彼は、文字の中では自由な王様だった。
他の男の子たちみたいにお陽さまに見守られながら冒険をすることは叶わない。けれど、お月さまに見守られながら冒険をすることはできる。それは、地面を蹴るか、ページをめくるか、ただそれだけの違いしかない。だから、彼は何ひとつとして不自由を感じなかった。

幼少の頃の姿が見えてきます。

彼は16歳のとき、初めて物語を書き上げる。 幼い頃からさまざまな世界を冒険した彼だからこそ書ける、刺激的で壮大な物語だった。彼は、その物語に挿絵が欲しいと考えた。母親はすぐさま彼に絵を習わせた。近くで画家をやっているという若い女性が、一週間に一度訪れ、彼と彼の母親に絵筆の動かし方や絵の具の混ぜ方を教えた。彼は水彩画よりもパステル画を気に入ったので、画家は彼にパステル画を熱心に教えた。母親はそれを嬉しそうに眺めていた。

それから10年後、母親は病床に伏し間に帰らぬ人となりました。
その後、彼はまた長編の物語を書きはじめます。
そうして彼は書く事に没頭していったようです。

こうして、彼にはたくさんの仲間ができた。彼が過去に書いた物語を劇として上演してくれる人たちや、歌にしてくれる人たちも出てきた。彼に愛を囁く女性たちもたくさん。 しかし彼はすべての人々から一定の距離を置き続けた。何故なら彼にとって、自分以外の世界は観察すべき対象であり、決して彼が紡ぎ出す物語の一部ではなかったからだ。
彼は、彼の心臓が止まるまで、ペンを握り続けた。 永遠に終わらない物語は、彼の身体が役目を終えてからも、彼の世界として在り続ける。その世界では、永遠に乾くことのないインクが、今も生命の中を流れている。

最後はこんな形でまとめられていました。
小さい頃からずっと自分の世界観の中で生き続けた彼。
彼の中では自分の作り上げた物語と、母との思い出だけに色が着いた世界が広がっていたように感じました。

Aさんからのご感想

このような内容をAさんにお届けしたところ、
早々に感想をいただきました!
その感想が以下になります。

ヴィジョンを読み始めた瞬間、涙、涙でした。
そして、お伽話には「パステル画」の文字が…
私は、3年ほど前にパステル画に出逢って今でも時々描いています。
芸術とは無縁の私でしたが、なぜかパステル画を描いた瞬間楽しくて。
そして、ワンオラクルのメッセージにも縁が。
2年前から乗馬を習っている私にとって馬は相方であり、ほぼ毎日馬と触れあっています。

こちらも、まさかまさかの感想をいただきました。ありがとうございます。
この様に、現在の生活の中に繋がるような単語が出てくるとは驚きです。

Aさん今回はご依頼いただきまして誠にありがとうございました!!!!!
こんな風に行動や感覚を今の生活に紐づけて考えていただけて嬉しいです。

そして、こんな不思議な体験に興味がある方がいらっしゃれば
こちら↓からどうぞ。
https://duck-works.com/uranai/psychic-art

どんな絵物語がやってくるかは届くまでのお楽しみ!