エオロー・エオルフ・アルジズ【ルーン文字解釈】鹿・守護・仲間

エオロー
【読み】エオロー・エオルフ・アルジズ
【意味】守護・仲間
【英字】Z

北欧にて筆記文字や呪術文字、占いの用途で使われてきたとされているが、未だ謎が多い古代の文字「ルーン」。個人的に占いで使う中で感じた自分なりの解釈を勝手気儘に一文字ずつ乗せていこうと思います。今回はエオロー!

エオローは「ヘラジカ」を意味しているといわれるルーンです。
ヘラジカは、シカ科最大種で(かなり大きい!)箆のように平たい角を持つことが和名の由来となっている鹿です。ルーン文字の形状もその角の形からきているのではといわれていますが、その点は未だに謎が多いようです。
大きな角のイメージから「防御」、そして群れで行動する姿が良く見られるという事から「仲間」を連想するものとされています。
このルーンが出た時は、自分が守護されている事を信じるとか、仲間に目を向けてみる、仲間を大事にし、仲間と共に行う、というような「仲間意識」の意味合いで受け取っています。それに伴って、仲間の中で自分自身がどうあるかという事もポイントとなるかもしれません。

エオローの基本解釈

・仲間と行うことでよりパワーアップする
・人と共同で行う(一人よりも複数人での選択をする)
・仲間を信頼する
・集団の中での自己を確立する
・何かから守られる
・自分が守られている事を信じて進む

恋愛面でみたときのエオローの解釈

恋愛でみたときも、仲間・友人からの発展であるとか、グループでいる中で仲が深まるというイメージでしょうか。相手を信頼する事で深まる仲という意味もあるでしょう。人と人との中で育まれるイメージがあります。

逆位置で出た場合の解釈

逆位置の場合、人との関係においての信頼関係にズレが生じたりだとか、グループワークの難しさを示していたりと仲間・集合体での関係性の見直しや危機を示しているように感じます。人にばかり想いを投げるのではなく、周囲の中で自分はどうなのかというのを考えてみるタイミングを示しているようにも感じます。

エオローの考え方

基本、このルーンが出たら仲間を信頼するだとか、グループを作って複数人集まって行うだとかの意味で捉えています。もっと周囲の人を信頼して行動してみよう!って感じですかね。一人で突っ走っている事、困っている事があったら周囲の人を頼ることを視野に入れて考えてみるのも良いかもしれません。もしくは、もうすでに周囲には信頼できる仲間がいるのだからもっと頼りなさいよって事かもしれません。周囲の人の力添えやアイディアによってより良い方向へ進んでいけるようなイメージです。
もし、これからの事で不安があったとしても、自分が誠実な考えに基づいて行動さえしていれば自ずと助けてくれる仲間が集まるから大丈夫!!って事もいえるかもしれませんね。「自分自身が信頼できる自分」でいる事で自ずと信頼できる仲間が集まってくるよって感じです。

一人より二人。二人よりも三人。さらには…。といった感じで人を巻き込んでこそ繁栄するという事柄もあるでしょう。人が集まって、もしくは人から知恵や力を借りる事で良い方向へ向かうようなイメージです。そして、複数人の中で活動する事で自分自身のポジショニングを確立し、自己を形成して成長していくような、集団の中での自分の成長を意味しているとも捉えられます。

エオローには「仲間」という意味と共に「守護・防御」を意味するともされています。ヘラジカの大きな角は見ただけで威圧感があって戦う気力も失せそうな印象です。角で戦わずとも、大きな角を持っているだけで相手が怯んで戦いが終わってしまうような事、それが防御となることもあるでしょう。わざわざ戦わなくても自分がそういう存在になればいいのです。自分に大きな角のような強さが備わっていると信じて大きな態度で構えるのもよいのではないでしょうか。
細かい戦いに一々首をつっこむのではなく、自分も周りも信頼して大きな気持ちをもってみるのはどうでしょう。どんと構えてみよう!


ルーン文字の解釈一覧はこちら


ちなみに、私の占いのメニューは以下↓からご覧になれます。

占い


お気軽にご依頼くださいませ!