イス・イサ【ルーン文字解釈】氷・停止

イス
【読み】イス・イサ
【意味】氷・停止・静寂・時を待つ
【英字】I
【神】巨人族

北欧にて筆記文字や呪術文字、占いの用途で使われてきたとされているが、未だ謎が多い古代の文字「ルーン」。個人的に占いで使う中で感じた自分なりの解釈を勝手気儘に一文字ずつ乗せていこうと思います。今回はイス!

氷を意味するとされているルーン。氷なので寒い季節にカチカチに固まって止まっている状態。そう、環境により凍結してしまってどうにも動かない状態のイメージとなります。自分で動かそうと、もがいても中々どうする事も出来ません。しかし、暖かい季節がくれば必ず氷は溶けるのです。自然と溶けて動き出すのです。今はまだ動く時ではないかもしれない。ストップしているような感覚がもどかしいかもしれない。でもきっと動き出す時がやってきます。焦らず待つような姿勢が大切になります。

イスの基本解釈


・進めていた事がストップする。
・じっとしていたい状態。
・一回止まって見直す時期。
・焦らず待つ姿勢を持とう。

恋愛面でみたときのイスの解釈


恋愛でみたときも、出方によりますが、今は進展しにくい状況だとか、一旦ひいて見直すようなイメージがあります。もしくは、もうその状態で安定しているような固まった状態を指しているイメージです。

逆位置で出た場合の解釈


イスには逆位置がないので、どちらで出ても同じような意味になります。

イスの考え方


基本、このルーンが出たら、今停止状態に入っている。これから動きが止まるものがあるといった感じです。状況が全然変わらないという事もあるでしょう。今停止状態の場合、それはそういう時期であると受け入れて焦らない姿勢を持つことが大切となってきます。なんだか物事が動かなくなってしまった。または自分の心が動きたくないような印象がある。そんな時は無理に押し進めようとせず氷が溶けるのを待つように状況が変わるのを待ってみましょう。季節が巡り冬の寒い時期があるように、状況においてもそんな時期があるものです。気長に余裕を持ってみましょう。未来としてこのルーンが出た場合も恐れすぎる事はありません。そうなったとしても落ち着いて受け入れられるように考えてみましょう。気構えがあるだけで違うものです。
私の経験として、今日を表すルーンをひいてイスが出た時、仕事の一個がストップしたり、無くなったりという事がありました。その時は困りますが、後々聞いてみると凄くややこしい問題を抱えている仕事で、その時無理に進めないほうが良かったという事もあります。なので、イスが出た時は無理せず時の流れに沿って過ごすぞ。という心構えをしてみても良いかもしれません。

今は無理に動かない時期として、動きを見て自分の動きを考えるようにしてみましょう。この時期に自分を見直す。内観のタイミングとして捉えるのも良いでしょう。物事が進まずうずうずしている時だからこそ湧き上がる自分に対しての想いがあるはずです。良いきっかけとして自分を見つめる時期にしてみましょう。

凍ってしまっている、停止、というとやはり嫌な感じもしますが、それがストップする事で新しい事がはじまることもあります。自分にとって要らないものがストップし、新しい何かがスタートするとも捉えられるでしょう。ストップしてしまった時は辛いかもしれません。しかしそれによって違うものがはじまるとしたら、それはありがたいことです。停止の状態を恨まず、静かに時を過ごしまた動きだすのを待ちましょう。いつまでも止まっているものはありません。気楽に考えつつ、自分の整頓の時間として過ごしてみましょう。

また、真っすぐな一本の線、固い氷というところから、私は時により、「芯の強さ」として受けとる時もあります。人にあてて出た時に、水になる事も出来るが、固い一本の芯がある。強い信念として捉えることも出来るかもしれません。


ルーン文字の解釈一覧はこちら


ちなみに、私の占いのメニューは以下↓からご覧になれます。

占い


お気軽にご依頼くださいませ!