ヤラ・ジェラ【ルーン文字解釈】一年・収穫

12
【読み】ヤラ・ジェラ
【意味】一年・収穫
【英字】J
【神】地の神

北欧にて筆記文字や呪術文字、占いの用途で使われてきたとされているが、未だ謎が多い古代の文字「ルーン」。個人的に占いで使う中で感じた自分なりの解釈を勝手気儘に一文字ずつ乗せていこうと思います。今回はヤラ!

一年や収穫を意味するヤラ。作物は一年を通して、種や苗を植え、成長や時期に応じて毎日世話をしていくことで収穫につながります。一日一日進めていった事、自分が過ごしてきた毎日を経て収穫・実りがある時期である事。もしくは、今コツコツと日々進めていくことで実りに繋がる事を現わしていたりします。それは突然訪れるラッキーな出来事、棚ぼた的なものではなく、自分自身がやってきたからこその実りを現わしています。今が収穫の時期であるのなら、大いに実りを喜び自分を褒めてあげましょう。そして、次のターンへの準備へとりかかりましょう。今が収穫へ向けての時期であるのなら、やっている事を信じて地道にやり続けることで成果が出でるでしょう!諦めないで信じて続けてみましょう。

ヤラの基本解釈

・今までの行いが実を結ぶ
・長いスパンでこなすもの
・継続は力なり
・日々日々コツコツと取り組むことが重要
・焦らず続けていく事が大切
・普通の毎日を大切に

恋愛面でみたときのヤラの解釈

恋愛でみたときも、ゆっくりと少しづつ、でも確実に進んでいくようなイメージです。お互いに誠実な付き合いが良いのかもしれません。日々日々いつものちょっとした事を大切に過ごしていくことで良い関係が築いていけるような感じでしょうか。

逆位置で出た場合の解釈

ヤラには逆位置がないので、どちらで出ても同じような意味になります。

ヤラの考え方

基本、このルーンが出たら、今まで重ねてきた努力が実った事。それは重ねてきたからこそ今がある事って事の重要性。いつも通りに思える事もコツコツと積み重ねていく事で実りがあるのだから続けてみなさいっていう事を示しているように感じます。流れや時期をみている時にこのルーンがでてきたら、そこで今までの努力が実る時期であるというイメージで受け取っています。日々の事やアドバイスとしてひいた時にこのルーンがでた時は今はコツコツと収穫に向けて少しずつでも進めていく時期であるというように受け取っています。いつも通りを心がけて日々の流れを大切にしていく事が重要であるように感じられます。

「いつも通り」というと簡単なようですが、そんな風に日々過ごせているというのは自分がきちんとやっている事があるという事です。そんな自分を改めて感じてみましょう。
毎日毎日同じような日々に感じて少し飽き飽きしていたとしても、その一日をきちんと過ごしていく事で繋がっていくものがある。繋げてきた事がある。という事を信じてやっていくことが大切。もし、つまらないように感じていてもそれをやっていく事で巡っている事があるのです。人の為になっている事があるのです。また、周囲の人に対してもそうして毎日行ってくれている人がいるからこそ自分の生活で成り立っている部分があるという処にも目をむけてみましょうという事にも感じられますね。

なんだかパッとしないから止めちゃおうかなぁ~~。とかいうときにヤラが出たら、やはり今出来る事・続けてきた事に目を向けなきゃ…みたいな方向で考えてみたり、一発こっちにかけようかぁ…一か八かでいっちゃおうかなぁ~~。という時もヤラ的にいうと今自分が出来る事に目をむけなさい。時間をかけて取り組むほうへ目をむけなさいよーーってな感じに思えます。
仕事にしろ、美容や健康づくりにしても、毎日コツコツ進めていく事で身を結ぶわけで、近道ばかりを探さず地道に進めていきましょうねって感じですかね。あなたにはそれが出来るのだから自分を信じて続けましょうぜっていう応援。堅実に歩みを進めようぜっていうルーンですね。


ルーン文字の解釈一覧はこちら


ちなみに、私の占いのメニューは以下↓からご覧になれます。

占い


お気軽にご依頼くださいませ!