ケン・カノ【ルーン文字解釈】やる気の灯が未来を照らす!

ルーン文字 ケン
【読み】ケン・カノ・ケナズ
【意味】松明・情熱・灯火・明るさ・暖かさの象徴(古期北欧語では腫瘍)
【英字】C・K
【神】火の神
北欧にて筆記文字や呪術文字、占いの用途で使われてきたとされているが、未だ謎が多い古代の文字「ルーン」。個人的に占いで使う中で感じた自分なりの解釈を勝手気儘に一文字ずつ乗せていこうと思います。今回はケン!

ケンは松明を意味するルーンであったといわれているそうです。暗く光の無い世界に灯る明かり。明かりが照らしてくれることで見える世界があります。
このルーンが出た時は、灯った明かりによって道が開き、前へ進めるようになる。先への展望が見えてくる。そんな意味合いを感じさせます。灯火がある限り勇気をもって進んで行くことが出来ます。勇気を持って前を見て進んでいきましょう。自分の情熱の灯を感じたら、はじめて見ようってイメージですね。自分の中のやる気の灯が点るのを感じて情熱のままにスタートしてみよう。やる気を尊重してやってみよう!そして灯った火が消えない様に大切に。

ケンの基本解釈


・やる気を感じたらはじめてみよう!
・勇気を持って今の状況を切り開く!
・自分のやる気を維持する!
・回復、良い方向へ進む
・この先の展望が明るくなる

恋愛面でみたときのケンの解釈


恋愛でみたときも、新しい恋愛のはじまりを意味しどちらか、もしくはお互いにハートに灯が点るような進展を感じさせます。また、前向きに捉えていこう!っていうイメージでもあります。

逆位置で出た場合の解釈


逆位置だと、やる気が出てこない、情熱を失ってしまっているような感じです。気力が出てこない、とか疲れてしまっているようなイメージですね。なのでそういう時はどうすれば自分のやる気の炎を取り戻せるのか考えてみましょう。我慢しすぎてはいないか。受け身になり過ぎてはいないか。自分の中の原因を見つめて回復できるようにしてみましょう。伝えるべき事は伝えてみる、少し休んでみる、急に燃え盛るようなやる気を持とうと躍起になるのではなく、ゆっくりとゆとりが持てるような手段を考えてみましょう。

イエスノーでいうなら?


何かしらの質問に対して、ひいたルーンがケンだった場合。
正位置の場合、答えは「イエス」逆位置の場合答えは「ノー」となります。
正位置の場合は自分の情熱と共に進めていきましょうとなりますし、逆位置であれば自分のやる気がでるまで待ちましょう。みたいなイメージになります。

ケンの考え方


基本、このルーンが出たら、自分の中の火が灯り、周りが明るく見える事で今まで見えなかった部分が見えはじめ、力が湧いてやる気が出てくるようなイメージで考えてます。炎が自分自身にあるっていうイメージが私はあります。もしかしたら周囲の人から着火の勢いを借りる事もあるかもしれませんが、「自分が燃やしている火」っていう印象を大切にしております。誰しも何かしら「したい!」「やってみたい!」っていう欲求ってちょっと落ち込んでても、ちょっと疲れていても少しは持ち続けているのでは無いかと思います。忙しい日々の中で追いやってしまっていたり、無理かもしれないという想いから押し込めてしまっていても、きっとあるはずです。自分の中のやる気の火種を見つけてみましょう。小さい火でも、少しずつ火を守って大きくしていきましょう。
火種に気づくのはひょんな事かもしれません。 街を歩いているとき、テレビや本を見ている時。自分のふとした行動の中に潜んでいる事もあります。自分の心が熱くなるものを発見、または思い出してみましょう。そして、思いついた事があればやる気を出して挑んでみてはいかがでしょうか。

ケンは、自分の意志を強固にし、はじめる強さをくれます。今がモヤモヤっとした状況であるなら打破する力が自分にある事を信じて進んでみようというメッセージを感じます。とにかく「勇気」って事ですね。何かに一歩踏み出す勇気を!大丈夫死にゃしない!って事で。いってみましょう。ウルもガンガン勢いで走れ~~~の意味なので言葉にすると似てそうですが、ちょっとニュアンスが違う感じがしますね。ケンは前向きに顔を上げて!って感じかな。はじまりを感じさせる・もしくは促してる感じですかね。なんか湧き上がる感じがあります。自分の中に沸き起こる情熱。じわっとあったかくなる感じ。だからダダーーーーっと走りだすのではなく(出してもいいけどね)情熱に従ってスタートを切る勇気。そしてその情熱を持ち続ける事っていうのを現わしている印象ですね。

スタートをきる勇気をくれ、例え今暗闇の中にいるような感じがしても灯火を感じさせてくれるルーンです。


ルーン文字の解釈一覧はこちら


ちなみに、私の占いのメニューは以下↓からご覧になれます。

DUCK WORKSの占い


お気軽にご依頼くださいませ!