ニイド・ナウシズ【ルーン文字解釈】欠乏・忍耐・束縛

ニイド
【読み】ニイド・ニード・ナウシズ
【意味】強制・欠乏・忍耐・束縛・必要な学び
【英字】N
【神】ミョルニル

北欧にて筆記文字や呪術文字、占いの用途で使われてきたとされているが、未だ謎が多い古代の文字「ルーン」。個人的に占いで使う中で感じた自分なりの解釈を勝手気儘に一文字ずつ乗せていこうと思います。今回はニイド!

欠乏や束縛などを表すルーン。何かイライラとしていたり、欝々とした時にでやすいですね。英語の「Need」はこのニードからきたとされているそうです。物事がうまくいかなかったり、自分の中の蟠りで、自分の足りない部分ばかりに目がいってしまうような時期のイメージがあります。何かが足りないせいだ。自分にコレが無いから…とそこばかりに集中してしまう時って無いでしょうか。それが恐れや不安となって余計に尻ごんでしまう。そして自分の思うように進んでほしい現状との差でまた欠乏感がうまれてしまう。そんなちょっと苦しいイメージですね。やはりそういう時は落ち着かないと!まあそんな時もあると言い聞かせるしかない。そんな時期なのです。そうそう長くは続かないので大丈夫。という方向に気持ちを持っていきましょう。そして、不足にばかり目を向けずに、もう出来ている事に目を向けていく事にしてみてはいかがでしょうか。

ニイドの基本解釈


・忍耐が必要な時期。
・焦らずゆっくり進める覚悟を持つ。
・不満にばかり集中しないように。
・客観的に捉えて落ち着こう。
・とにかく気にするな!
・自分の明るい方向に目を向けよう。

恋愛面でみたときのニイドの解釈


恋愛でみたときも、我慢が必要な時期を表していたり、執着や固執から考えが変な方向に向かっていかないか気を付けようと促しているイメージです。マイナスな一部分にばかり目がいっていないか気をつけよう。状況や人から自分に与えられた良い部分にも目を向けてみてね。

逆位置で出た場合の解釈

逆位置の時は、より自分の分厚い殻のせいなイメージがありますね。まずは、自分の想いを認めてみましょう。こうして欲しいと思っている。これが欲しいと思っている。イライラしている裏側にある自分の望みは何でしょう。ちょっと嫌かもしれないけど一旦自分の想いを受け止めてみましょう。そして、一体化するも良し。ぶち壊すも良し。そうする事で落ち着いて状況を把握できるようにしてみましょう。

ニイドの考え方


基本、このルーンが出たら、今を認めようって感じですかね。「こうなるハズだったのに…」とか「こうなって欲しくなかった。」とか思ってそこにばかり集中せずに、そういうもんなんだなと。「これもまた自分に必要な事だ」と受け入れる体勢を持とうって感じですかね。このルーンが出てくるとですね、何だか腹がたっていたり、寂しいような気持になっていても「ああそうか。しゃーねーな」と。「だったら仕方が無いか」とそういう気持ちを運んでくれる事で心が少し収まる作用を感じています。
後は、色々警告として出てきてくれる感じでしょうか。ピ―ピーピーはい落ち着いて!さて考えてみましょう。
まずひとつは、ひとりよがりになっていないか、何かのせいにばかりしていないか。それらの警告ブザー。人のせいにしていたり、状況のせいにしたり、人と比べたりして外側に向けてイライラをつのらせていないかい。冷静になってどうしてそういう状況になったのか考えてみましょう。
あとは、その状況・出来事の中や、人から言われた言葉などから、自分に足りないものや出来ない事ばかりに目がいってしまっていないかい?っていうブザー。そこから自分がダメなように感じてやる気を失ってしまったり、留まってしまったりしてしまう状態です。もしくは、「もう私にはこれしかないの!」みたいに1個に固執しちゃって何とも周りが見えていないような状態。もっと自分が出来ている事、周囲から与えられている事をたくさん認めるようにしてみましょう。この状態の時は難しいけどね。でもあるはずなんですから。ちょっと顔あげて違う方向見てみましょう。
そんな感じで、警告を感じたら自分がそれらに陥っていないか。そうだとしたら、その気持ち達をまずは認めてあげる事からはじめましょう。今自分ってこんななんだなぁと。それだけで少し落ち着くかもしれません。

わかっていてもどうにもならない気持ちの時。いっそ、思い切って他の事をやってみたり、他の場所へいってみるのもいいかもしれませんね。後は何もしないとかね。気分転換。それも良い!大丈夫。とにかく焦らずね。


ルーン文字の解釈一覧はこちら


ちなみに、私の占いのメニューは以下↓からご覧になれます。

占い


お気軽にご依頼くださいませ!