ソーン・スリサズ【ルーン文字解釈】巨人・棘

ルーン文字 ソーン
【読み】ソーン・スリサズ
【意味】巨人・棘
【英字】Th
【神】スルト

北欧にて筆記文字や呪術文字、占いの用途で使われてきたとされているが、未だ謎が多い古代の文字「ルーン」。個人的に占いで使う中で感じた自分なりの解釈を勝手気儘に一文字ずつ乗せていこうと思います。今回はソーン!

もともとは巨人や大男、子鬼を意味していたようですが、その後イングランドでルーン文字が増えた時のに出来たアングロ・フリージア型ルーンでの意味としては「トゲ・イバラ」とされているようです。トゲですって…痛そうですね。アイタタターーー真っ只中で茨の道を進んでいるような状態か、私はこちらが多いのですが「どーにも進まねえ!!」っていう状態。停滞感があってウズウズしているような感じでしょうか。進めたい事があるのに色々目の前に煩わしい事が挟まってきて進めたいものが進まないみたいな。なんとなくスッキリしない状態ですね。で、焦って強引になると痛い目をみるっていう。何だかそんな印象があります。という事でこういう時は焦らずそんな時期だって感じで過ごそうって事ですね。以前に停滞時期の向き合い方みたいな記事を書いたのですが、そういう時期だってまずは受け止める事が必要ですね。そして今目の前にある出来る事をきちんとこなしていこうって感じですかね。手の届かない先のことは考えない!焦って無理やり動こうとせず、じっくりと取り組みましょう。焦ると余計に何が何でもっていう執着に支配されそうになりますからね。身動きがとりずらい状態であるのに、何かに執着を持ちすぎてしまうと何でだ~~!って強引になればなるほど本当にトゲブッ刺さりまくり状態になってしまいます。冷静になれよ。って事でしょうかね。いったん一呼吸して考えてみましょう。本当に欲しい・したいのか。今じゃなきゃだめか。とかね。落ち着け~~~。ずっとそんな時期は続かないものです。いつか明ける時まで脳みそふんにょりさせて過ごすように心がけましょう。

ソーンの基本解釈

・身動きがとりずらい時期。忍耐の時期。
・無理やり進めようとするより地盤を固めることに徹しよう。
・焦って強引に進めようとしないようにしよう。落ち着け!
・執着心とプライドで動かない様にする。何を思って動こうとしてるかいったん考える。
って感じでしょうか。

恋愛面でみたときのソーンの解釈

恋愛でみたときも、相手の事を考えない強引な動きになっていないかい。執着心での行動になってないかい?自分冷静にならないと進みずらいよって感じでしょうか。

逆位置で出た場合の解釈

逆位置の場合、自分の執着やプライドに固執するあまり、まさに自分のトゲがブッ刺ささってる状態になってないかしら?って感じでしょうか。不安や恐れで強引に行動したことが自分に返ってきてるイメージ。自分を否定することはしないで、不安を取り除くように、穏やかに…時間はかかるけど待つ姿勢でいきましょう!

ソーンの考え方

基本、このルーンが出たら。受け入れて落ち着く体制に入ろうって事ですね。ちょっと焦らすような突如の出来事もあったりするかもしれません。それでも、まあこんな時期ですし…と。しゃーねーなと。落ち着く事を考えてみましょう。決して自分を責めないように!大体は「仕方がねえ!」今出来る事に専念しましょう。ちょっとずつちょっとずつやっていけば過ぎ去ります。そしてこの時期に培ったものはきっと糧になるはず。ずっと続くわけではないというのを念頭に置いて次のステップへの休憩ぐらいの気持ちでいましょう。

ソーンはお守りとしては「魔除け」の意味合いがあるそうです。日常の嫌なものから守ってくれるお守り。トゲは自分に向いたら痛いけど外へ向けば守ってくれるものにもなるんだね。


ルーン文字の解釈一覧はこちら


ちなみに、私の占いのメニューは以下↓からご覧になれます。

占い


お気軽にご依頼くださいませ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です