ウィルド・ブランクルーン【ルーン文字解釈】運命・宿命・必然

ウィルド
【読み】ウィルド・ブランクルーン
【意味】運命・宿命・必然
【神】ノルン(運命の女神)

北欧にて筆記文字や呪術文字、占いの用途で使われてきたとされているが、未だ謎が多い古代の文字「ルーン」。個人的に占いで使う中で感じた自分なりの解釈を勝手気儘に一文字ずつ乗せていこうと思います。今回はウィルド。

「ウィルド」は何も描かれていない空白のルーンです。
このルーンは、ルーン文字が出来た当初は使われていなかったが、どこかのタイミングで占いとしてルーンを用いる際に使われるようになったものではないかと思います。なのでルーン占いをする際にこのウィルドというルーンを使用せずに行っている方もいます。
ウィルドは北欧神話にて運命の女神である「ノルン」を意味するとされています。ノルンとは運命を定める三姉妹の女神達の事です。ウルズ・ヴェルザンディ・スクルドの三姉妹は、それぞれ、運命・存在・必然を意味するというところから、このルーンの意味につながっているのではないでしょうか。
三姉妹はこの世に生を受けた子供に寿命を定め、運命を与えていました。
運命という定められた大きなもの、自分がどうにかしようと足掻いてもどうにもならないもの。それは辛いものであるかもしれないし、喜ばしいものであるかもしれない。そういうものがこの世にはあり、その前ではただただそれを宿命として受け入れるしかありません。このルーンは目の前に現れたその状況をそのまま受け入れる強さを持つ事の大切さを教えてくれそうです。逃げるでも戦うでもなく、それをそれとして受け入れる事。そんな心構えを持つという視点で考えていきましょう。

ウィルドの基本解釈

・物事の変化。ゼロからのスタート
・新しい気持ちではじめる
・どんな状況でも受け入れる強さを持つ
・未来を自由に思い描く
・運命的なめぐり合わせ
・何かの縁を感じるような出来事

恋愛面でみたときのウィルドの解釈

予期せぬ流れや運命的な状況を意味します。良くも悪くも予測できないような流れになりそうです。

逆位置で出た場合の解釈

何も描かれていないルーンなので逆位置はありません。

ウィルドの考え方

「運命」というと何を想像するでしょうか。もうそうなる運命だったのだから仕方がない、となんだか落胆するような諦めるようなムードになってしまったり、これは「運命」よ!と奇跡的な引き合わせのように感じたり、と良い意味合いに感じたり、悪い意味合いに感じたりする事があるでしょう。それは目の前の状況次第であり、自分がどう受け止めるかによって変わってきます。そしてどちらにせよ慌てても「どうしようもない!」といった感じになります。これからどうなるのだろうと不安に思ったりソワソワしても仕方がありません。未来を案ずるよりも、今を受け入れるほうに力をいれていきましょう。目の前の事をしっかりと受け止める事。自分の器を大きく強く!何が起きたって大丈夫という気合をいれてみましょうか。

そして、このルーンは何も描かれていない、まっさらなゼロの状態です。何かしらの新しいスタート地点にたった事をも意味します。新しい気持ちではじめてみましょう。ゼロから歩みを進めるのは自分。白いキャンバスに思いっきり自由に未来を描く事が出来ます。逆らえない運命と感じていても、明るい未来をうんと思い描きましょう。未来を前向きに思い描く事で、今を受け入れる力ともなるでしょう。

運命という大きな力から逃げようとするのでもなく抗うのでもなく、そのまま受け止める強さを持つ。そして、明るく未知なる自分の未来にワクワクする。そんな力をくれるルーンといえそうです。


ちなみに、私の占いのメニューは以下↓からご覧になれます。

占い


お気軽にご依頼くださいませ!