WEBサイトは世話をするほど“ええもん”をくれる

WEBサイトはお世話が大切

WEBサイトって、実は結構メンテナンスの手間がかかるシロモノなんですよ。個々の性格・性質により必要な作業やその頻度の違いはもちろんありますが、基本的にはどんなWEBサイトも定期的なメンテナンスが必要です。

しかしながら、きちんとメンテナンスされたWEBサイトは、立派なあなたの基地になります。あなたの知識や情報が蓄積された書籍にもなりますし、もちろんあなたのお客さまとの大切な接点にもなります。愛をもってWEBサイトを運営していくと、いいことがきっとたくさんあるのです。

メンテナンスその1:情報の鮮度をキープする

WEBサイトはお世話が大切

WEBサイトは紙と違い、常に最新の情報を掲載することができます。また、多くの場合、閲覧者は最新の情報を求めています。

例えば店舗の営業時間を知りたいとき、更新されていない雰囲気がWEBサイトから漂っていたら「今も同じ時間で営業しているのかな?」と不安になったりしますよね。最悪、「何だかよくわからなかった……」と諦めてしまうこともありますよね。

逆に、毎月・毎週の営業スケジュールが更新されていたり、ブログの最新記事が近い日付で掲載されていたりすると、「元気に営業中なんだ!」とワクワクすると思います。いつか行ってみようかな?が、今日行ってみようかな?になることもあるかもしれません。

このように、WEBサイトで「生きてるよ!」とアピールするのは結構大切なことです。シンプルにお知らせ欄を作って最新情報を掲載するもよし、ブログ記事をコンスタントに投稿するもよし、とにかく新しい情報が掲載されていることが一目でわかるようになっていればOKです。毎日更新できるように、簡単なお知らせ欄を設置しておくのもアリですね。

メンテナンスその2:利便性・安全性の確保

WEBサイトはお世話が大切

WEBサイトはHTMLやCSS、jQuery、PHPなどといった仕組みで構成されています。そしてこれらのルールや使い方は日々日々進化しています。何故ならパソコンもタブレットもスマホももちろんWEBも、ものすごいハイペースで進化するから。それらに合わせて、WEBサイトを構成・動作させる仕組みも進化していくのです。

ぶっちゃけ、WEBサイトの寿命は2~4年程度だと感じています。少し調べてみると、大体同じような考えが一般的なようですね。5年も使っているとさまざまなところで古さが目立ち、場合によっては見やすさを欠いてしまったり、最悪の場合は表示や動作に不具合が発生することもあります。これはまずい。

これに関しては、WEBの知識と絶え間ない情報収集、そしてプログラム更新に伴う諸々の変更に対応するスキルが必要です。専門知識のあるWEB担当者が配置されている組織や、個人でも知見の豊富な方はご自身でのメンテナンスも可能ですが、そうでない場合はWEBサイト運用・保守のサービスを提供している業者さんに任せた方がいいと思います。

WordPressを利用している場合は、公式から度々配布されるプログラムの更新ファイルを都度きちんと適用すると、最新の事情にある程度適応することができます。便利ですね!もちろん、プログラムの更新作業にある程度のコスト(自分でやる場合は手間と時間、業者に依頼する場合は費用)がかかりますが、ベースの仕様が最新の事情に適応していくのはWEBサイトを運営するにあたっては大きなメリットかと思います。

逆に、更新ファイルの適用を怠るとセキュリティ上の危険が生じる可能性がありますので、本当に気をつけましょう。ときどき、メンテナンスの優先順位を下げてしまい、プログラム更新ファイルを適用せずそのままWordPressを使い続けてしまう方もいらっしゃいますが、プログラムが更新されていないWordPressに不具合が起きてしまった場合は復旧に大きなコストがかかることもあります。悪いことは言わないから日頃からきちんと管理してほしいってのが本音です。

メンテナンスのコストを下げるなら、WEBサイト作成ツールを利用しよう

WEBサイトは欲しいけれどもコストをかけたくない!という場合は、Ameba OwndやWIXなどのWEBサイト作成ツールを利用すると良いでしょう。

いずれの場合も「情報の鮮度をキープするためのメンテナンス」はご自身で継続する必要がありますが、「利便性・安全性の確保のためのメンテナンス」はツールの提供側がサービスの一環として常に行ってくれるため、そこにはコストがかかりません。

WEBサイトの構成やデザイン、場合によっては資産としての扱いなどに制約はあるものの、コストの削減を優先するのであればそういったWEBサイト作成ツールがおすすめです。

「無料で自由度の高いWEBサイトが作れるらしい」とWordPressでのWEBサイト作成に挑戦する方も多々見かけますが、知識や経験があまりない方にとってはあまり良い手ではないように思います。もしもそういった状況でWordPressを使うなら、サポート体制のしっかりしたところで有料のテーマを購入されるとコスパが良いかと。

WEBサイトを『作る』ことよりも、『充実させる』『活用する』ことに注力しよう

少し話題が大きくなってしまいますが、WEBサイト制作があなたの「仕事」でない場合は、WEBサイトを作ること自体に大きなエネルギーをかけるのは、とてももったいないことではないでしょうか。それよりも、あなたの「仕事」に、「商売」に集中し、できるだけ早くWEBサイトを『充実』させ『活用』してほしいと私は考えています。

毎日管理画面を開いて、何かしら手入れをする、そしてそれをSNSなどでお知らせする。人を呼び、接点を持つ。知識や情報を蓄積し、“あなた”が詰まったメディアにする――そんな風に使われるWEBサイトは、きっとあなたに大きな恩恵を与えてくれるでしょう。

そして、あなたの仕事や商売を発展させるにあたって、オリジナリティの創出・演出、ブランディングを含めた“資産としてのWEBサイト運用”が必要になったときは、ぜひWEB制作の業者さんに相談してみてください。きっとあなたの仕事や商売に対して、至極真面目に、誠実な愛をもって協力してくれるはずです。