伝統的占星術でフォロワーさんを占わせていただきました。

DUCK WORKS、昨年7月より月に一度のペースで、伊泉龍一先生の講座で伝統的占星術を学ばせていただいております。で、ひととおりの学習を経ていよいよ実践したくなったので、モニターさんを募集して占わせていただきました!

そもそも何故『伝統的占星術』なのか?

元々占星術には興味があっていくらか自分で勉強しようと現代占星術の本を読んだりしていたのだけれど、諸々理解が及ばなかったり疑問符が浮かぶ箇所があって、実践にまで至っていなかったの。ついに観念して「どなたかに習おう!」と決意したところで、たまたま見つけたのが伊泉先生の講座の案内でした。それがたまたま現代占星術でも心理占星術でもなく、伝統的占星術だったわけです。

これが大正解。とってもももねこ向き。現代占星術の本で「?」となっていたところが、きれいにクリアになりました。

伝統的占星術って、曖昧なところがないんです。ルールがパキッとしていて、手順さえ踏めば迷わず読める。現代占星術は結構「結局どっちやねーん!」ってところがあって、それで「???」ってなってたんですけど(オーブの曖昧さとハウスの境界線の明確さ、とかね)、伝統的占星術はそういうのがない。ルールはルール。この手順でこうやって読みましょうねーってのがはっきりしてて、とってもももねこ好みなのですな。

というわけで、実はまだカリキュラムが残ってはいるのだけれど、それでもひととおり学んだことを振り返ると「もしやいけるのでは?」感があったので、占わせていただける方をTwitterで募集したのです。そうしたら、何と4人の方が!手を挙げてくださいました!わーーーい!プラス、タカノちゃんで5人。私は一気に5枚のホロスコープを手に入れたわけです!

皆さま本当にありがとうございました。超嬉しい。持つべきものは好奇心旺盛かつ寛大な心をお持ちの皆さまです!ヒュウッ!誠にありがとうございます!!

伝統的占星術、初めての実践に身構えるももねこ

私の場合、伝統的占星術でもタロットでもオラクルでも何でもそうなんですけれど、読み取った情報を如何に曲げぬよう如何にお相手に理解していただけるよう編集するか、というところにエネルギーを使います。

実はね、情報を読み取るためのエネルギーより断然そっちの消費のが多いの。理解しやすい形にする、というのには「面白く読める」「最後まで興味を持って読める」「深く理解したくなる」……みたいな要素も多分に含んでいたりして、それが故に面白い、とも言える。

わたくし、占星術という新しいツールだからと身構えていた部分が多々あって、「とはいえどう表現しよう?」と恐る恐る読み始めたのですが……読み始めるとアラ不思議。

ホロスコープ上にある要素、無駄がない。気がつくと必要な要素たちがきちんと目の前に並んでいる。

えーーーすごい!伊泉先生、本当にすごい!!って、めっちゃ思ったよね……ありがとうございます先生……

そう。占星術もカードも、お話することはすべて目の前に粛々と並ぶのね。身構える必要なんてなかったのねえ。っていうかマジで伊泉先生の教え方がすごいんだと思う。

今回のテーマは「あなた自身の特性」と「今年のお誕生日を迎えてからのあなた」でした

ってなわけで実践しました。伝統的占星術は、ざっくり言うと下記の手順でホロスコープを読みます。ホロスコープというのは、星の配置図です。今回は、クライアントが生まれたとき・場所のホロスコープ(ネイタルチャート)を使用しています。

  • テーマに合うハウスを見る
  • ハウスにかかる星座を見る
  • 星座を司る惑星を探す
  • 惑星のコンディションを見る

惑星のコンディションというのは、他の惑星との関係(アスペクト)やら、居場所(エッセンシャル・ディグニティ)やら、という要素です。

と、まぁ占術の説明をするのが目的ではないので前提はこれでいいとして。今回は「あなた自身の特性」と「今年のお誕生日を迎えてからのあなた」をテーマにしました。占う対象は親しい方2人と、主にインターネット上で交流している方3人、という素敵なバランスです。「あ~~~めっちゃわかるわぁ~~~~~」という感覚と「この方はこういう方なのか、ふむふむ」という感覚の両方が味わえる!わーーい!

いやはや、本当にありがとうございました皆さま。おかげさまで楽しく読めましたし、超勉強になりました。

しかもありがたいことにご感想までいただきましたので自慢します

皆さま本当にご親切に丁寧な感想までくださいまして、厚かましくも「ブログでご紹介させてください!!」とお願いしてみましたらこれまたご快諾いただきまして。喜びのままに、ご厚意に甘えまして抜粋にて掲載させていただきます。

C様
「自分のホロスコープ=自分だけが持っている要素」だと思うのですが、付き合いにくくて、自分で持て余している自分の要素がこんなにきれいな言葉になるなんて!と、自分の人生も捨てたもんじゃないなと思えました(笑)
内容も、きれいな文章にしていただいているけれど、たしかに思い当たりむしろ持て余している生き方も、これでいいんだなと思えてきました。
私の場合は「何事も考えすぎる」ということが自分の欠点だったのですが
バランスさえ取れていれば、それでいいんだ…と今回気付きました。

そうそうそう、そうなんですよ。自分のイヤなところも「おや……?これはこれで良いな……?」と思えるっていうの、私も体験しております!私も自分のホロスコープを読むと、コンプレックスが笑っちゃうくらいはっきりと表れているんですよね……こんだけあからさまならしゃーねーな!と思いました笑

E様
自分で読むのと第三者他者に読んでもらうのとでは、視点の違いがあるのはもちろんの事、言葉選びも違ってきて…それがとても心地よく、自身の性質を肯定的に表現される事で、もっと建設的に活かして行けそうな気持ちになれました。
現代占星術で読んだ場合と符合する部分もあれば、どの辺からこうなってるんだろう?と興味をそそられる部分もあり、伝統的占星術への関心もぐぐっと高まりました☆

わあい!伝統的占星術への興味~~!実はE様は(C様も)現代占星術を学ばれている方なので、ちょっと緊張していたのですが、このようにお言葉をいただけるとかなり嬉しいですね。えへへ。私もそうですが、自分のことや自分の言葉ではまとまりきらないものは誰かにリーディングしてもらうことで「あーー!」となったりするんですよね。

S様
名前とドンピシャリ。
正直なところ、柔軟かと聞かれると違うかなとも思いますが、逆にその要素があるなら鍛えれるんだなと理解しました。
で、生き方もまたドンピシャリ(笑)
自営業で曽祖父母時代から「土地」が大切な宝として受け継がれ、それと同時に呪いのように縛り付けるものでもありましたね。
現在は縛りは薄くなりましたが、結果的にあの場所へ戻るつもりでもいます。それが、画廊だったりスペースとして、閉鎖空間から開放された空間へ変えるつもりです。
この画廊とかが次の自分らしく生きることに書かれたことに近いでしょうかね。

ドンピシャリいただきました~~~!すごい、すごいぞ伝統的占星術~~~!!んでまたこの、ちょっと違うかも、という箇所も「逆にその要素があるなら鍛えられるんだな」と理解していただく感じ~~~!ご本人の感覚とはずれるところもそりゃああるわな!でもそう受け取ればいいのか!と思った次第です。

……いやはや、皆さま本当にありがとうございます。皆さまのご感想の共通点が「要素をとにかく前向きに捉える」っていうところで、いやーさすがだな、と。その一助となれたのは純粋に嬉しいな、と。そう思いました。あと、いっぱい褒めていただけて嬉しかったです笑 本当に本当にありがとうございました!

いつかどこかで、占星術の会もやってみたいですねえ。現代でも心理でも伝統的でも何でもOK、むしろ違いを知ってお互いに「へぇーー!」ってなる会。占星術はまったく知らない!っていう人も、挫折した!っていう人も「はーーなるほどなるほど」ってなる会。お茶会くらいの感じで、やれたらいいな!