「避けられぬ判定」大アルカナ:審判【タロットカード紹介】

このカードはね、審判が下るのをただ待つのみ、ってときに出てくる。
それが「もうやること全部やった!あとは天に任せる!!」みたいなタイミングで出てくれたら覚悟決まるんだけど、いやいやまだやること残ってるしね!?ちょっと待って!?みたいなときに出てきたら結構慌てるのよね。
先生!それ抜き打ちテストって言うんやで!!

基本的な意味

パッパーーと天使がラッパ吹いてさ、棺桶から死体がむくむく起き上がって、生前の行いが良かった人はまた生命を得るんだよ。
ダメだった人は地獄行きかしらね。

要は、今までの自分をまるっと精査されて判断を“下される”ってことなんです。
恋人のカードと違って、自分に決定権がない。
しかも恋人は「選択」であって「判断」ではない……このニュアンスの差は大きいと思う。
ほらね、背筋伸びるでしょ。めっちゃ伸びるでしょ。
何ならちょっと怖いでしょ??

基本的にタロットには怖いカードなんてないんだけど、個人的に審判だけは怖がってもいいと思ってる。
これはね、一生懸命取組んでいればいるほど、真剣であればあるほど恐れがわくカードなんだよ。
それまでの自分に真剣に向き合っていればいるほど、自分ではない何かに「判断」されるのってすごく怖くないですか?
自分でOKを出して壇に上がってさぁどうにでもしてくれ!って審判を待つの、相当な覚悟がないとできない。だから、その覚悟が自身を持ってできるようなタイミングで出てきてくれないと困るのだ。
まぁ不思議なことに、大体そういうタイミングで出てきます。

だから。
このカードを見て何も感じない人ほど要注意だよ。
無意識のうちに自分以外の何かに重大な判断を下されてしまうかもしれないよ。
というか壇に上がるということすら自覚できていないのは一番まずいぞ!!

逆位置で出ると?

判断の時期にあるのにそれがなされない、みたいなイメージが強いですね。
いろんな本やサイトを参考にすると、不本意な判断が下される…と書いてあったりもするんだけど、私の感覚でいくと前者のような感じで出る方が多いかなぁ。

いずれにせよ、ぼんやりしてていい時期ではないですね。
どんな顔をして、誰と、どこで、どんな格好で壇に上るのかをしっかりイメージできるようにしておきたい。
そんなカードです。

以下の記事で、大アルカナ・小アルカナを一覧でご紹介しています。

【タロット一覧】イメージでカードの意味を知ろう

ももねこ、DUCK WORKSのWEBサイトで占いやってます。

自分だけじゃにっちもさっちもいかないときなんかに、どうぞいらしてね。

占い