フェオ・フェフ・フェイヒュー【ルーン文字解釈】家畜・財

ルーン文字 フェオ
【読み】フェオ・フェフ・フェイヒュー
【意味】家畜、財産、豊かさ
【英字】F
【神】フレイ

北欧にて筆記文字や呪術文字、占いの用途で使われてきたとされているが、未だ謎が多い古代の文字「ルーン」。個人的に占いで使う中で感じた自分なりの解釈を勝手気儘に一文字ずつ乗せていこうと思います。まずはフェオ!

貨幣の無い時代に財産として捉えられていた「家畜」を意味するルーン。コツコツと日々丁寧に世話をし、成長させる事で増やすことの出来る家畜。すぐにひょいっと成長するものではありません。財産を増やすには、一朝一夕ではなく積み重ねの努力により成せるものです。地味かもしれないし、すぐに結果のでない事ではあるかもしれませんが、豊かさの為に積み重ねを大切にしましょうっていうイメージがあるルーンです。
「家畜」が豊かさの象徴としてあげられていますが、現代において「豊かさ」を何と考えるかは本当に幅広いと思います。お金はもちろん、自分のスキル、家族、友人、恋人、人脈、名声…等々人によって豊かさの象徴は違ってきているかもしれません。自分が豊かだと思う状態はどのようなものなのか、その価値観を考えてみようっていうメッセージにも感じます。今、自分を豊かにする為に成長させているか。そこに焦点をあててみようっていう感じがしますね。

そして、豊かさを得るためにはそれに向けて日々日々焦らずに行動していく事、続けていくことが大切。その中で自分のやり方が見つけられるかもしれません。家畜の育て方も色々方法があるように、きっとそれは続けていくことで見つかるものでしょう。とにかく今、日々していることを続けていくという事の大切さを気づかせてくれます。豊かさを感じれる状態にあれば、それは周囲へも自ずと分けられるものでしょう。きっと自分だけの豊かさでは自分も満足しきれないでしょう。周りへ与えることで、豊かさが豊かさをよんできます。豊かさはそうやって膨らませていこう。

フェオの基本解釈

・自分の目指す「豊かさ」自分にとっての「財」とは何か。もう持っているもの、これから目指すものについて考えよう!
・コツコツと積み重ねる努力財を増やすことに繋がるから大切に!
・続けてきたことで今豊かさを得ているぞ!きちんと知って存分に感じろ!
って感じでしょうか。

恋愛面でみたときのフェオの解釈

実りのある穏やかな関係性や与えることで喜びを感じれるような豊かさのイメージがあります。情熱的で勢いがあるというよりかは、穏やかで長い時間をかけて作りあげていく感じ。

逆位置で出た場合の解釈

逆位置の場合、目の前にあるすぐに手の届きそうな財に目がくらんでないかい?自分の利益ばかり考えていませんか~?このままだと損失があるかもしれないから見直しを!っていうイメージで受け取っています。

フェオの考え方

基本、保守的で地道な感じのイメージではあります。真面目に地道に続ける事で財が増えるよといった感じです。また、自分の財産をチェックする事も大切という感じもしてきますね。持ち物を見直してこれから続けていくことの軌道を考えてみましょう。

このルーンが出て、財かぁ…お金なら増える気しないなぁっていう思いがよぎる事もあると思います。でも、自分がもう持っているもので、お金に繋がるスキルや体力、人脈、やる気。絶対何かしらあるはずなんですよね。そしてもうすでにそれが財であり、それを無理にお金に繋げなくても成長させるための行動をとっていくことで、結果お金や人脈や色々な形でかえってくることがあります。全部は繋がっていく!とにかく自分を信じて地道に成長させていこう!そういう目線で考えてみよう。っていうメッセージをくれるルーンです。


ルーン文字の解釈一覧はこちら


ちなみに、私の占いのメニューは以下↓からご覧になれます。

占い


お気軽にご依頼くださいませ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です