占い師さん、占いの鑑定書をGoogleスライドで作ってみないか

DUCK WORKS、この度占い師さんお助けアイテムとして鑑定書デザイン用素材を作成し、STORESにて販売を開始いたしました。

こちらの商品、メインはどんなソフトでも使いやすいjpg形式の素材なのですが、サブ素材としてpptxファイル(PowerPoint)とdocxファイル(Word)を同梱しておるのです。

PowerPointやGoogleスライドは、鑑定書を作るにあたっては文字数のカウントができないという弱点があるものの、画像やオブジェクト、背景、テキストボックスやリストなどなど、レイアウトやデザインの自由度が高いです。

占いの鑑定書は占い師さんの個性や特色が出るものだからこそ、いろいろな資料や図、画像などを簡単に挿入できて自由に配置できるのって、めちゃくちゃ強みじゃないですか?

というわけで!「パワポがない」「Googleスライド使ったことない」という方にもこの同梱物を有効活用していただくために、GoogleスライドでPowerPointファイルをインポートする方法を説明いたします。

ところで何故、占いの『鑑定書』なのか。

コトの始まりは、「メール占いを受けるお客さんって、鑑定書があると嬉しいのかな?」という疑問と、「占い師さんってどうやって鑑定書を作っているのかな?」という疑問でした。

さっそくみんなに訊くやん。

104票中、約半数ちょいの方が「鑑定書があると嬉しい」派である、という結果に!(三つめと四つめの選択肢の合計)

今回の数字はデータとして使うには正直母数が少なすぎるし、普段から鑑定書を出している私のフォロワーさんという偏りもあると思いますが、100人中50人ちょいが「鑑定書があると嬉しい」に票を入れてくださった事実は無視できないのではないでしょうか。

一方、こちら。

123票中、60%以上が「結果を見たいだけ」という結果に!!

悪かった。私の設問が悪かった。まぁそれは置いといて、鑑定書作る派の占い師さんはWordで作成することが多い、という感じになりました。

なので、鑑定書デザイン用素材の同梱物にWordファイルも入れております。Googleドキュメントでも、ファイル > ファイルを開く > アップロードでdocxファイルを開くことが可能です。(ただレイアウトが崩れちゃうので、ちょこちょこ修正して使ってね。ちなみにGoogleドキュメントの仕様上、本文の背景画像は適用されません)

でもね、ぶっちゃけ「結果を見たいだけ」が一番多くなったこと自体、鑑定書を作る派が少ないっていうことを示唆しているのでは?と思ったの。

あらやだ、もったいない。

今、鑑定書を作りたいけれど作れていない~!ハードルが高い~!という占い師さん、何とかして鑑定書を作りませんか。お客さんの2人に1.1人くらいは鑑定書が欲しい(かもしれない)という事実を、ほったらかしにしておくのはもったいなくないですか。

もちろん、鑑定書は必須アイテムではありません。メールやDMでの本文に直接テキストを書いて納品する形にも、いろいろなメリットがあります。諸々を吟味して「鑑定書は作らない」という選択をするのは全然アリです。上記アンケートの結果的に、2人のうち0.9人くらいは「鑑定書は別に要らない派」なんだし。

しかしながら、鑑定書があれば、「鑑定書が欲しい派」の人にも喜んでもらえます。お客さまそれぞれのニーズに合わせて選べるようにするのって、良くないですか。明確な理由とポリシーがあって鑑定書ナシなのならば良いですが、「鑑定書を作れないから作らない」という消極的なスタンスで鑑定書ナシであるならば、いっそ作れるようになればいいじゃん!と、DUCK WORKSは考えた次第であります。

さぁ、『鑑定書』を作ってみよう!

とにもかくにもやってみよう!やらない理由を探すより、ひとまずやってみる姿勢が大事だとももねこは思う!

鑑定書デザイン用素材(無料配布)『ココニアルオラクル ver.』

というわけで、まずは無料版でお試しあれ。

我々DUCK WORKSのオリジナルオラクルカード、『ココニアルオラクル』の柄を使用したデザインです。セルフリーディングのお供や占いの練習に使うのもいいわよ。

鑑定書デザイン用素材(無料配布)『ココニアルオラクル ver.』

鑑定書デザイン用素材『タロット ver.001』

タロット占いを意識したデザインです。おなじみの4つのスートが可愛く描かれております。

鑑定書デザイン用素材『タロット ver.001』

鑑定書デザイン用素材『占星術 ver.001』

こちらは占星術を意識したデザインです。何か!星座が!描いてある!キュートでしょ。

鑑定書デザイン用素材『占星術 ver.001』

鑑定書デザイン用素材『何でも使える ver.001』

その名のとおり、何でも使えるデザインです。オラクルカードでも、手相でも、四柱推命でも、紫微斗数でも、何でもどうぞ。ちょっとサイケデリックなのがいいよね。

5eaa9a0e34ef0144992a90df

有料のデザインを買う前にまずは無料版を!

買ってから「使えない」「使いにくい」「使いたくない」「めんどくさい」と思ってしまったらどうしようもないので、ぜひぜひまずは無料版を使ってみてください。それで「ええな」って思えたら、お好きなものをポチッとどうぞ。

今後、いろいろな柄やパターンをぞくぞく追加する予定ですので、お楽しみに~!

GoogleスライドでPowerPointファイルをインポートしてみよう

さて皆さま、改めまして、誰でも無料で使える「パワポみたいなやつ」Googleスライドをご存知でしょうか。超有名で超便利な代物ですが、皆さまガシガシお使いでしょうか。お使いでない方、いっぺん使ってみ!ネットワークさえ繋がっていれば、端末にソフトが入っていなくとも資料作成や修正・確認ができるの超便利なのよ。

これ、PowerPointのファイルをごっそりインポートできるんですよ。いつものテンプレートがある人も、どこかから素敵なテンプレートを調達してきた人も、嬉しい機能じゃないですか??

正直とても簡単なので、手っ取り早くいきましょう。PowerPointファイルをGoogleスライドでインポートしましょう。

GoogleスライドでPowerPointファイルをインポートする

まずはGoogleスライドで新規ファイルを作成します。

GoogleスライドでPowerPointファイルをインポートしてみよう!

ツールバーの「ファイル」をクリック!

GoogleスライドでPowerPointファイルをインポートしてみよう!

pptxファイルのインポートをする前に、Googleスライドのページサイズをインポートするファイルのページサイズに合わせておく必要があります。

ツールバーのファイル > ページ設定 > 任意のサイズを選択、設定 > 適用

DUCK WORKSの『鑑定書デザイン用素材』に同梱のpptxファイルをインポートする場合は、新規作成後にページのサイズをA4縦(カスタム、21 × 29.8 cm)に合わせてください。

ページの設定が終わったら、ファイルをインポートします。

「スライドをインポート」をクリックすると、「プレゼンテーション」「アップロード」というタブが出てくるので、「アップロード」を選んでパワーポイントファイルをアップロードしましょう。

GoogleスライドでPowerPointファイルをインポートしてみよう!
GoogleスライドでPowerPointファイルをインポートしてみよう!

おっ!PowerPointのスライドたちが出てきたぞ!使う分だけインポートしてもよし、右上の「すべて」を選んで全部インポートしてもよし。

GoogleスライドでPowerPointファイルをインポートしてみよう!

はい、できました~!これでOKです。簡単ですね。もちろん鑑定書作成以外でも役に立つ知識なので、ぜひ試してみてください!