「ワクワクの伝道師」小アルカナ:ワンド ペイジ【タロットカードの意味紹介】

小アルカナ ワンド ペイジ です。
乾燥した土地で、一人の若者がワンドを持ち空を見上げています。

小アルカナ『ワンド ペイジ』の基本的な意味

ワンド ペイジ
  • スートのキーワード:本能・情熱・衝動
  • 人物像のキーワード:勉強中・修行中・未熟
  • 元気な若者、衝動を原動力にする、メッセンジャー

ワンドを乾いた地面に立て、空を見上げる一人の若者が描かれています。赤い羽根のついた帽子とトカゲの柄が入った服を着ており、表情も明るく見えます。

色の要素

  • 黄:喜び、祝福
  • 赤:情熱、行動力、生命力
  • 橙:本能

逆位置のキーワード

逆位置はカードの基本的な意味に対して、否定・過剰・不足・未達のエッセンスを示します。

  • 衝動的な行動が裏目に出る、軽率な嘘

イメージ

私はこのカードを「ワクワクボーイ」と読んでいます。ワンドの領域なのでベースは「本能・情熱・衝動」です。そしてペイジなので若い。刺激に対してとても素直。虫を見つけた子どもが「あれ何だろう!」ってぴゃーっと走っていってしまうような、そういう勢いがあります。まっすぐ背筋を伸ばして空を見上げて、明るくて元気そうな感じも少年!って感じで可愛いよね。

また、このカードにはメッセンジャーというキーワードが割り振られています。なので、このカードが出たときは何かしらの知らせが届くかもしれない。ワンドの性質を考えたら唐突にやってくるかもしれないし、内容もちょっと想定外なことかもしれないけれど、それこそワンド的に素直に受け取るのがキモだったりします。複数枚でリーディングをしているときは、周りのカードのテンションでどんなお知らせなのか・どんな風に受け取ればいいのか、みたいなことも読み取れるかも。

逆位置で出たときは、刺激に対して反射的に動いたことが裏目に出るかも?という感じで読めます。勘で動くにも、ベテランの経験に支えられた勘と何も知らない素人の勘では雲泥の差があるじゃないですか。そんな感じで「ただ勘で動いて失敗する」みたいなイメージが湧いてきます。

もしくは、お知らせが届いたはいいけれどもイヤな知らせだった、とかね。届けてくれた人は事情を知らなくてイヤな感じをぜんぜん共有できない!なんてこともありそうです。悲しい手紙が届いたとして、郵便屋さんに「こんなに悲しい手紙だったんですよぉ~~!」って泣きつくことってないじゃないですか。届いて、ひとりで読んで、ひとりで「マジかよ……」って落胆する、みたいな。辛い。

正位置でも逆位置でも、このカードが示す内容はとにかく素直に受け取るとよさそうです。なんせワンドは始まりの火ですからね。メッセージを素直に受け取って、そこからどうするかを考えましょう。

小アルカナ、覚えるの難しい!いっぱいある!という方へのヒントをまとめました

1枚1枚を覚えなくてもイイヨ!っていう記事です。タロットを投げてしまう前に読んでみてね。

以下の記事で、大アルカナ・小アルカナを一覧でご紹介しています。ご参考あれ!

DUCK WORKSの占い、やってます。

具体的な相談ごとがあるとき、コミュニケーションを取りながら細かく掘り下げて「考えの種」が欲しいときは、占いメニューがおすすめです。タロットと西洋占星術をメインに占います。

京都市の東山三条にある事務所での対面占い、Zoomでのオンライン占いが選べるよ!お好きな方でいらっしゃいませ。