『自分を甘やかす方法を探るスプレッド』のご紹介

「頑張っている自分へ向けて」もしくは「これから頑張ろうとしている自分へ向けて」大いに自分で自分を甘やかしてあげる事も必要ではないでしょうか。という事で、甘やかすにしてもどんな感じで?という方法を探る為のスプレッドを考えてみました。

ではそんなスプレッドを紹介いたします!

スプレッドの紹介

上記のように4枚のカードにて構成しました。タロットでもルーンでもオラクルカードでも好きなものでお試しくださいませ。では、こちらの内訳を説明させていただきます。

1.何故甘やかした方が良いのか

まずは、1番目にそもそも「何故」自分を甘やかした方が良いかを表すカードをひきます。理由がわかったほうが甘やかし方も絞れるものです。何故甘やかす事が必要なのかひいてみましょう。特に理由は無い事もあるかもしれませが気にせずどうぞ。

2.何を甘やかした方が良いのか

2番目には「何を」甘やかした方がよいのかを表すカードをひきます。自分のどんな部分を甘やかしてあげると良いかを表すカードとなります。自分のどこにアプローチしたら良いのかをここで探りましょう。どことは言わずとも全部という事もあるかもしれませんし、ココ!というピンポイントな部分を感じる事もあるでしょう。

3.どの様に甘やかしたら良いのか

3番目には「どの様に」甘やかした方がよいのかを表すカードをひきます。どのような方法をとって自分を甘やかしてあげると良いかを表すカードとなります。何をすれば良いのか具体的によみとってみましょう。

4.それによって得られる事

最後に、「それによって得られる事」を表すカードをひいてみましょう。甘やかしによってどうなれるのか、はたまた特に得られないのか。甘やかしの後はどうなるのか、ひいてみましょう。

まとめてみよう

はい。そんな感じでひいてもらうと、今の自分に必要な甘やかしの形がみえてくるのではないかと思います。何なら以下の形で文章を考えてみるとビジョンがハッキリしてくるかもしれません。

理由に対しての処方のような図になると思いますので、自分の中の緊張していた部分や、疲れていた部分なども見えてくるかもしれませんね。
これで何となく、甘やかしの形がみえてきたらぜひ実際に自分を甘やかす事に挑戦してみてください。いざ、良い甘やかしタイムを!

サンプルリーディング

では、今回も実際にこのスプレッドを使って今の私に必要な甘やかし方法を考えてみました。使ったのは毎度お馴染み我々のオリジナルカード「ココニアルオラクル」です。

1.何故甘やかした方が良いのか

はい「暗闇のブレスレッド」というカードがでました。
このカードは「終わりのはじまり」を意味するカードです。ですので何故今自分を甘やかした方が良いのかというと、きちんと終幕すべき事に幕を下ろして新しいスタートに向かう為にとなりますね。けじめをつけるタイミングは大きな力が要ります。なので、甘やかしが必要なんですね。

2.何を甘やかした方が良いのか

「納得の領収書」というカードがでました。
このカードは「自分の得意分野を守り切る事」を表します。
なので、自分の得意な事に集中できる環境を目指して良いという事ですね。不得意な部分は大いに甘えて信頼できる人に任せるという方向性になるでしょう。

3.どの様に甘やかしたら良いのか

「角飾りの鎧兜」というカードがでました。
毎回私に良く出るカードとなってきました。このカードは、「いびつさや格好悪さを素直に認めた先に格好良さがある」という意味合いがあります。
なので、どんな自分でも堂々としていて良いんだよという甘やかし方になりますね。いつでもイケてるよ!それで良い!と自分に言ってあげましょう。

4.それによって得られる事

「夢見る口紅」というカードがでました。
このカードは、「理想を夢いっぱいにイメージして現実にとりいれていく」という意味合いがあります。なので、この甘やかし方をしてみる事で理想を細やかに想像できるようになったり、理想を現実にしていく力がついてくるのかもしれませんね。

まとめてみよう

はい。という事で、私の甘やかし方をおまとめ。

「新しいスタートを切る為の区切りの時期」なので、今自分を甘やかそう!
それは、自分の「専門分野を活かす」という部分に対して、

「ありのままの自分を認めて堂々としていて良いのだ」と甘やかしてあげるとよい。
それにより、「理想の姿が見えてきたり、理想を現実にする力」となるだろう。

何かごもっともな感じの出方になってしまいました。仕事かよ。
普通に今の自分に役に立っちゃうなぁ。お菓子食べてよいよ!とか、ゲームしていいよ!みたいな甘やかし方じゃありませんでしたとさ。本気で得意と専門分野を活かす仕事の仕方について考えてみようと思います。はい。

といった感じで色々と今の自分だからこその甘やかし方を発見して楽しんでいただければ幸いです。

スプレッドにタロットを使用される方は、以下の記事をご参考にどうぞ。

DUCKWORKS オリジナルオラクルカード『ココニアルオラクル』の詳細は以下よりご覧いただけます。

記事を書いた人

ウェブデザイナー

タカノ