プロモーションツールの特性と役割を考えてみよう

WEBサイトやチラシ、名刺などのプロモーションツールって、それぞれが何のために必要なのでしょうか?
私どもDUCK WORKS、その問いに対して「とりあえず要ると思うんだよね」とおっしゃられるクライアントには、必ず「そのツールが欲しいと感じた背景にはどんな要望がありますか?」と訊ねます。
ここが「みんなやってるから」「とりあえず要るかと思って」という具合に曖昧だと、制作物も曖昧なものになりやすいのですね。

さあプロモーションをやるぞ!と思い立ったなら、慌てて業者に発注するなり自分で作ったりする前に、それぞれのツールの特性について見直してみましょう。
その過程で、本当に要るものとそうでないものが見えてきたり、着手すべき優先順位が見えてきたりします。

特に、個人で開業しよう・サービスの提供を始めようとお考えの場合は、予算がシビアに限られていることが多いです。
こういった方々こそ、自分にとって本当に必要なものを適切な順番で取り入れていけるように、「プロモーションツールって何?」「私が成し遂げたい目的って何だっけ?」という視点を持ってそれらを選択していかれることをおすすめします。

というわけで!
今回の記事では、主に、個人で開業しよう!プロモーションを始めよう!と考えておられる方を想定して、「プロモーションツールの特性と役割」についてお話します。

プロモーションツールとは、あなたの分身

今回は、個人でも扱いやすいであろうツールをいくつか抜粋して、それぞれの役割について説明します。

プロモーションツールの特性と役割を考えてみよう

とても大まかに言うと、WEBサイトやブログは「あなた自身を表現し提供するもの」、SNSや名刺、チラシなどのツールは、「相手からあなたに興味をもってもらうもの」として使います。

大抵の場合、残念ながら人の興味というものは非常に有効期間が短いもので、それをできるだけ持続させるためには相手の興味が生まれた段階から間を空けずに次の刺激を与える必要があります。
魚釣りで魚が餌をちょんちょんと突ついたタイミングで竿を動かし、興味を逸らせないようにするのと一緒です。最終的には、魚がパクリと餌に食いついたタイミングで針をフックさせて釣り上げるように、相手の興味の持続⇒相手の興味が行動に変化したときにキャッチする仕組みまでを連続して考えることが大事なのですね。

あなた自身を表現し提供するもの

プロモーションツールの特性と役割を考えてみよう

WEBサイト

WEBサイトは、言わばあなたの『オシャレをした複製』です。
あなたのコンセプトや経歴・活動内容・サービス情報……などなど、あなたの“事業の軸”と呼べるものに理想を反映した状態で、WEB上に設置することができます。

WEB上で集客やもてなしを行う必要がない場合は、WEBサイトの重要度は下がります。
例えば、地域密着型でWEBを介さなくても人が集まる・SNSやリアルでの繋がりだけで人が集まるような状態が作れている、なおかつWEBを介した新規開拓をする気がないならば、WEBサイトは要りません。

逆に、それらを必要とするならば、WEBサイトはかなり重要度が高いツールだと考えた方が良いです。

WEBサイトの強み
掲載できる情報量が多く、複雑な内容にも耐えうる
情報を固定しておくことができる
申し込みフォームや決済システム等、顧客の行動をキャッチする仕組みを入れられる
世界観を作りやすく、深めやすい
WEBサイトの弱み
WEBサイト単体では広まりにくい
情報量が多いため、構成に知識とエネルギーが必要
構築に専門的な技術が必要なため、コストがかかりがち

例えば、新しく知り合った誰かに「何だか面白そうな人だったな」と思われたあと、次に会う約束が定期的に取り付けられる場合はそれで良いですが、その場かぎりでコンタクトが途切れてしまうことも多いと思います。

業態やターゲット層などにもよりますが、事業の軸をWEB上に設置しておくと、「会っても会いっぱなし」「せっかく興味を持たれても持たれっぱなし」というもったいない現象をある程度救出することができます。
WEBサイトには“相手の興味を持続させるための仕掛け”と“興味が行動力に変化したときのリアクション”を仕込んでおけるので、どうにかして相手をWEBサイトに誘導できれば、興味のその先を期待できるのです。めちゃくちゃ基本的なところでいくと、前者はコンセプトやサービスの紹介等、後者は購入や申し込みのためのメールフォームや決済の仕組み等を指します。

コンタクトや興味を持続させるためにはSNSで繋がりを持つことも有効ですが、ここで気をつけたいのは“SNSの情報は断片的になりがち”だということです。
相手の興味が「そもそもこの人はどういう人なのだろう」というところに向いている段階では、SNSに散らばる断片的な情報だけだと理解が偏る可能性があります。

WEBサイトは、先程も挙げたとおり「多量で複雑な情報をWEB上に固定しておける」ものです。
要は、断片的なあなたではなく、あなた自身とあなたが伝えたいことをひとところにまとめておけるのです。
まとまった情報を相手に提供すれば、「そもそもこの人はどういう人なのだろう」という相手からの興味に応えることができます。

WEBサイトは、SNSや名刺、チラシなどのツールや、Googleなどの検索エンジン、そして第三者の好意的な紹介から“あなたに興味を持った人たち”が導かれてやってくるゴールのようなものだと考えるといいでしょう。

ブログ

ブログは、言わばあなたの『あなたとあなたの理想に深みを持たせる書籍』です。
SNSやチラシに比べて多くの情報が掲載でき、なおかつそれらを蓄積していくことができます。
こちらも、WEBサイトと同様、WEB上でのプロモーションに力を入れないのであれば重要度は下がります。

ブログの強み
他のツールで発信したことの信憑性や信頼性を深められる
人柄や個性を魅力として伝えられる(顧客視点で合う・合わないの判断材料になる)
記事を蓄積できるため、資産になる
ブログの弱み
SNSに比べて文章のボリュームと質を求められるため、発信に労力がかかる
「更新しなきゃ」というプレッシャーになりやすい
記事が蓄積されるため、情報のカテゴライズにある程度計画性と手間が必要

ブログはWEBサイトに比べて情報を整理したり仕掛けを入れることはできませんが、工夫をすれば“相手の興味を持続させるための仕掛け”と“興味が行動力に変化したときのリアクション”を仕込めます。
予算の関係などでWEBサイトが持てない場合に、ある程度代役として使うことができるのです。
既に顧客が一定数おり、WEBでの集客に大きくウェイトを割かなくてもよい場合は、ブログ運用から始めるのも一手です。

また、ブログは使い方によってはGoogleなどの検索エンジンから見込み顧客を集めるためのツールにもなり得ます。
コンテンツマーケティングやアフィリエイトでの副収入に興味がある場合は、勉強してみるととても面白いですよ。

相手からあなたに興味をもってもらうもの

プロモーションツールの特性と役割を考えてみよう

SNS

SNSは、言わばあなたの『カジュアルなラジオ局』です。
WEBサイトやブログではある程度お洒落をしているあなたが、少し肩の力を抜いて発信できる場所だと考えましょう。
カジュアルであるが故、あなたという人柄や想い、その時感じたことなどが表れやすく、そしてそれらが断片的に漂っては消える場所というイメージです。
あなたの発信するカジュアルな断片を拾って、「好きかも」と思ってくれた人が継続的に受信し、あなたも「好きかも」と思った人の断片を受信し続けることができます。
そして、昨今はそういった断片的な情報を持ち寄った受発信と交流が、あらゆるSNSで営まれています。

SNSの強み
発信する情報に重みを持たせる必要がないため、短スパンで情報を発信しやすい
誰かの発言をきっかけに思考を刺激されるため、ネタを拾いやすい
直接の知り合いでなくてもフォロー関係になれるため、輪が広がりやすい
WEBサイトやブログへの導線が作れる
SNSの弱み
情報を発信しやすいために、事業の軸からズレた発言が増えがち
発信した情報が流れやすく、発信した情報ひとつひとつの寿命が非常に短い
輪を広げる努力をしないと、労力の割に事業への貢献度が上がりにくい

SNSは情報が流れるスピードが速く、その場に留めておくことができません。
瞬間的にどれだけのインパクトを周囲に与えられるかどうかでその情報の寿命と価値が決まります。
この価値が非常に高くなったものがいわゆる『バズ』というものです。
これに憧れている方も多いですが、バズを狙って起こすには相当のテクニックと流れが必要ですから、最初のうちはそういった派手な部分には期待をかけないでおきましょう。
飽くまでも、”交流”と”認知の拡大”、そして”WEBサイトやブログへの導線”がSNS運用で得られることだと思っておいた方がいいです。

また、SNSはさまざまな種類があります。
種類によって得意分野や集まっている人々の属性(年代や性別など)が変わってくるので、それぞれの特性をご自身の事業内容や運用目的と照らし合わせて選ぶことが大切です。

チラシ

チラシは、言わばあなたの『お手紙が書かれた紙ヒコーキ』です。
一度想いと情報を込めたら、あなたの手を離れ、顔が見えない相手の手元に届きます。
お手紙なので、大抵の場合は毎日は書きませんし届けません。少し特別なお知らせがあるときに書いて相手に届けます。
そして、一定の期間が過ぎて情報が古くなったら、その役目を終えます。

チラシの強み
配布場所や方法を確保できれば、ある程度ひとり歩きしてくれる
情報をまとめて相手に伝えられる
相手の興味を刺激できれば、手元にキープ&コンタクトしてもらえる
チラシの弱み
配布場所や方法の確保に手間とコストがかかる
目を引き興味を引く仕掛けがないと、手に取ってもらえない
情報が更新されないため、使用期間が短くなりがち

チラシはその特性上、イベントごとと相性がいいツールです。
「オープンしました!」「感謝セールをやります!」など、事業にブーストをかけたいタイミングで利用するケースが多いでしょう。
また、地域密着型の事業や人づてに顧客を増やしていく事業、顧客・ターゲットの年齢層が高い事業の場合は、チラシが活躍する割合が比較的高いです。

昨今はWEBが発達し、情報を届けるスピードが速くなり、なおかつ広まる範囲が大きくなったため、チラシの出番は少なくなっています。

名刺

名刺は、言わばあなたの『残像』です。
取引が決まっているなど、確実に連絡を取り合うといった関係性で交換する場合は『残像』よりも遥かに実用的な『連絡手段のメモ』になります。

しかしながら、個人で事業を立ち上げ、プロモーションを始めたばかりの段階では、おそらく『残像』として機能することが多いかと思います。
この『残像』というのは、「あー、こんな人いたなぁ」というぼんやりした印象が残る、ということです。

名刺というツールは、最も「とりあえず持っていないとダメだろうから作る」となりやすいものです。
確かに、とりあえず持っていないとダメなものではありますが、だからこそ「とりあえず・何となく」で作ってしまうと、相手の記憶に残らない、それこそ『はちゃめちゃに弱い残像』としてしか機能しないものになってしまいます。

名刺の強み
相手と直接顔を合わせて渡すため、記憶に残しやすい
相手に自分に対する興味を持ってもらうきっかけとなり得る
相手の興味を刺激できれば、手元にキープ&コンタクトしてもらえる
名刺の弱み
いろいろな人からもらうので、まぎれがち・失くしがち
紙面が小さいため、画面に対して情報過多・煩雑になりやすい
相手の興味を刺激できなければ、忘れ去られる

思いきって、名刺は『残像』だと捉えると、よりはっきりと自分の像を相手に残すためにどんな工夫をしようか悩むでしょう。
これには、本当に必要な情報を絞り込み一点集中でインパクトを出すこと、そして「〇〇さん=△△の人」と印象づける要素を盛り込むことが大切です。
加えて、WEBサイトやブログ、SNSなどの「すぐに情報が得られる場所」への導線を設置しておくと、『残像』に”興味を持続させるための仕掛け”を付加できます。

また、名刺はプロモーションツールとしての側面以外に、単純に社会での必需品という側面も強いです。
なので、名刺に「挨拶のときに渡すもの」というシンプルな役割だけを期待するならば、敢えて手間とコストを削って作るのも手です。

あなたに必要なプロモーションツールと優先順位を考える

プロモーションツールの特性と役割を考えてみよう

各ツールの特性を参考にしつつ、「どのような目的を達成するために、どのツールをどの順番で選ぶのか」について考えてみると、導入の計画が立ち無駄なコストを省くことができます。
そして、「このツールにはこういった役割を担わせたい」というビジョンが見えれば、そこに懸けるコストのボリュームと回収するためのプランも設定しやすくなるはずです。

また、目的と理由を持って使い始めたツールは方向性がはっきりとしますので、活き活きと使うことができるでしょう。アイディアもどんどん湧きますし、「作ったはいいけれど活用できていない」といったもったいないものにせずに済みます。

逆に、既に「作ったはいいけれど活用できていない」ツールがあるならば、それらに改めて目的と使う理由を設定することで、生き返らせることができるかもしれません。
心当たりがある方は、振り返ってみてくださいね。