ももねこ的、後悔しない「対面占い」を進めるコツ

ももねこ的、後悔しない「対面占い」を進めるコツ

誰かを相手に占いをしたとき、「もう少し上手くまとめたかった……」「すっきりしないまま終わっちゃったな……」といった後悔を抱いたことがある方、結構いらっしゃるのではないかしら。

特に対面占いは、うまく進められれば豊富に情報を引き出せたり具体的な行動の指針が得られたりする反面、進行をミスると結局何だったっけ?となる可能性を孕んでいます。
そしてその「上手な進行」ってのは占い師の手腕にかかっているとももねこは思う。ここはね、お客さま任せにしたらあかんところやで。(時々、この流れづくりがめちゃくちゃ上手なお客さまもいます。すごい。)

なので、デビューしたての占い師さんは進行管理が最初の難関になるかもね。
占い師側が主導権を握って、30分なら30分、60分なら60分の構成を考えて「占い」という商品を提供するのって、結構コツが要るとももねこは思っている。
そしてこれはプランニング前のヒアリングの技術にも通ずるところがありますので、そっち系の業種で新人やってる方も参考にしてください。ここに来る人でその属性はレアだと思うけど笑

というわけで!
今回は、占い師の視点で「対面占いをうまく進めるために気をつけること」を、ももねこの経験から書き綴ります。

もくじ

自分が対面占いで生み出せる価値を定義しよう

ももねこ的、後悔しない「対面占い」を進めるコツ

まず初めに、「自分自身が対面占いでどんな価値を生み出せるのか」についてきちんと定義しておくことをおすすめします。
定義があってこそ占いのゴールが見えるので、対面占いでのペース配分が上手くできるのですな。

でもって、この定義はそのまま自分自身の個性になりますので、時間をかけて考えた方がいいです。もちろん、一度決めたらOKというものでもなく、常に考えておいて定期的に見直す必要もあります。ここを怠ると世の中に置いていかれちゃうぞ!

うっすら話がズレそうなので、戻します。
ももねこが考える「対面占いで生み出せる価値」はざっとこんな感じです。

対面占いで生み出せる価値

多角的な視点での考察
会話の流れに応じてさまざまな角度から占いを進め、課題解決のヒントをできるだけ多く見つける。
課題のドリルダウン
重要だと思われるポイントが出てきたら、その場で確認をしながら掘り進め、そこから行動の優先順位を提案する。
考察の軌道修正
クライアントが気づいていなかった課題の本質や認知のズレを発見し、取り組みの方向性をクリアにする。

特に3つめ、クライアント自身が気づいていなかったことに気づけたら、その場で軌道修正ができるので、めっちゃ効率的ですね!
例えば「彼氏が欲しくて……」と相談に来られても、実は不足していたのは彼氏ではなくて仕事での充実感だった、とか言うことがままあるんですよ。
仕事面での欲求が大きく、そこが満足していないから、恋愛の方にエネルギーが回らない……でも世間体的に彼氏は欲しいし……とりあえず彼氏ができたら元気になるかと思って(ここ認知のズレ)、みたいな。
この場合は、解決の優先順位が「彼氏を作る」ではなくて「仕事で充実感を得る」になるので、そういうズレに気づくのはとても大切なことであります。

ついでに、メール占いのメリットも書いておきますね。

メール占いで生み出せる価値

特性の掘り下げ
クライアント自身の特性(事象への適性や考え方のクセ、出やすい性質等)をまとめ、課題に向き合うときの軸づくりをサポートする。
課題のドリルダウン
ひとつのテーマをじっくりリーディングし、クライアント自身が課題に向き合うための材料として提供する。
資料としての利便性
クライアントが読み返しやすいようPDFの資料として提供する。

そう、DUCK WORKSのメール占いって、実は「自分で課題にじっくり向き合うための材料」として提供しているのですな。
伝統的占星術然り、数秘術然り、自分自身の特性の掘り下げに力を入れているのは、特定の課題を解決するお手伝いするという“枝葉の視点”ではなく、自分で解決するための基礎力を鍛えるという“根幹の視点”でメニューを設定しているからなのです。
そして、根幹だからこそ、いつでも確認しやすいようにPDFにまとめているのです。保存しやすく、印刷もでき、傍らに置いておきやすい。
これ、地味だけど結構大切なことね。

なので、理想を申し上げますと、占いメニュー内の「悩みや課題を解決する力が欲しいとき(メール占い)」のどれかを受けていただいてから、「会話の中で現状を分解・解決の糸口を見つけたいとき(対面・Skype占い)」を受けていただけるとめちゃくちゃ捗ります。
根幹を知ってから枝葉を見ていく、という感じですね。

占い

こんな風に箇条書きができるまで、ご自身の占いの価値がどこにあるか、考えてみましょう。
なかなか難しいことではありますが、「こういう感じで価値を提供しよう!」と決めておけば自分自身の灯りにもなります。
闇雲に個性を探し続けるよりも、ある程度自分でガイドを引いた方が進みやすいとももねこは思うのだよ。

占いで生み出せる価値の探し方

ももねこ的、後悔しない「対面占い」を進めるコツ

考えてみましょう、つって考え出したはいいがどうやって考えたらいいの!?という人のために、手前味噌ながらヒントになりそうなアイディアを置いておきますね。

このツイートで書いたように、課題解決までには段階があると想定します。
そして、自分が相談を受けるとしたら、各段階の相談事を受けるときの得手不得手やスタンスについて考えてみてください。

例えばももねこの場合……

落ち着くまで感情を味わう
得手不得手:感情に共感したり同調したり……は苦手。この段階のサポートは、積極的にはやりたくない。もちろん、クライアントの段階がここにあると感じた場合は誠心誠意をもって努力しますが、やはり不得手だと感じます。
スタンス:苦手ながらも貢献できる部分だと考えています。
要素を整理する・考察を重ねる
得手不得手:この部分をサポートするのは得意。
スタンス:クライアント自身で比較・判断、決定に進んでもらいたいので、こここそ本題。じっくり取り組みたい。
比較・判断する
得手不得手:この段階は、そもそも私が持っている占術では対応に限界が出てきます。
スタンス:クライアントの立場も状況も全然違ってくる上に、課題となるジャンルに対しての知識や経験を私が持ち合わせていない場合も多いので、できるだけ踏み込まないようにしています。
決定する
得手不得手・スタンス:ここは、ももねこ的には絶対にクライアント自身がしないといけない部分だと考えているので、そもそも除外。可能性や優先順位のお話はしますが、決定の段階には口を出しません。

……こんな感じで、各段階の相談事を受けるときの得手不得手やスタンスについて考えていくと、自ずと占いで提供できる価値の輪郭が見えてきます。(もちろん、得手不得手・スタンスは人それぞれなので正解はなく、上記に挙げた私の例は飽くまでも「ももねこの場合」ですよ。念のため。)

例えば、“落ち着くまで感情を味わう”の段階をサポートするのが得意であれば、占いを通して「話してスッキリした」「聞いてもらえて嬉しかった」という体験をクライアントに提供する、というゴールを設定できそうですね。
“比較・判断”の段階が得意であれば、思いきって「○○専門」と謳って知識や経験を特化させたり、もしくは方角や時期を見るのに長けた占術を持つようにすると、いい感じにゴールが設定できるかもしれません。

占いのゴールを設定したら、構成とペース配分を想定する

ももねこ的、後悔しない「対面占い」を進めるコツ

占いの場合、大抵「先方の話を伺う」ところがスタートになります。
そこからそれぞれのゴールに向かうと考えて、粗方のシナリオを頭の中に置いておくと、スムーズに進めやすくなります。

例えばタロット占いで30分鑑定の場合だと……

  1. クライアントの話を聞く(5分)
  2. いただいた時間に応じて、展開するスプレッドの数や種類を決める(1分……っていうかクライアントの話を聞きながら考える)
  3. その数に応じて、質問の内容を決め、クライアントと共有する、クライアントが用意している質問があればここで聞き出す(1分)
  4. 展開の区切りごとに話をまとめる(1展開につき10分、この例だと2展開が目安かな)
  5. 総まとめ(3分)

そしてこの後、必要や要望が生じれば延長、という感じ。
どう?結構シビアじゃない?30分って、あっという間なんだよね。込み入った話だと30分じゃ足りないことが多いよね……でも、私が一番多いのは30分鑑定なので、基本的には30分でまとまるように構成やスプレッドのパターンをいろいろ用意しています。

そう、実際のところ、ゴールを設定して占いを進めるにはそれなりの時間が必要なの。それをやるには、正直10分では難しい。20分も……内容によってはできるけれど、基本的にはちょっと難しい、ってのが私の体感です。
タロットの場合、10分・20分でできるのは、ひとつの質問に対してひとつかふたつのスプレッド展開で「何らかのヒント」を出すところまでかなぁ。なので「これが聞きたい!」というのがばっちり決まっていれば、短時間でギュッと占うのもいいですね。
個人的には、10分・20分で占いを“楽しむ”なら、占星術や手相、四柱推命などで「私ってどんな人ですか?」という質問をするのが楽しいし、ためになると思っています。

とにかく、30分以上の時間があれば「ゴールを設定した濃度のある占い」ができる、という感覚があります。
逆に言えば、30分以上のお時間をいただいたのであればゴールを設定して密度を出していかないと、話が取っ散らかって不完全燃焼になりかねない、ということです。
もっと言うと、30分以上だろうが何だろうが、時間制限がある中でパフォーマンスを出すにはそれなりに構成を立てる必要がある、ということよ。
逆に、選択肢として「制限時間を設けずに占うスタイルを確立する」ってのもアリだよね。お店に所属している場合はなかなか難しいと思うけれど……

構成とペース配分は道標

ももねこ的、後悔しない「対面占い」を進めるコツ

とはいえ占いはナマモノですので、用意していた構成やペース配分に当てはめるだけではうまくいきません。
特にいただいた時間が長い場合!
30分くらいであれば、逆に構成やペース配分に当てはめた方がスムーズにいきやすいですが、60分ともなるとそうはいかない。会話はナマモノだ。流れが変わる、課題も変わる。お客さまだって、聞きたいことをたくさん持ってやってくる!

しかし、ここにノープランで挑むのはもっと危険です。
構成とペース配分を道標にして、結果的にはゴールに辿りつくようにコントロールする、ここが腕の見せどころよ!!
60分の密度を保つのってめっちゃエネルギー使うけど、その分お客さまに持って帰ってもらえるものは大きいね。

時間が長くなればなるほど間延びする危険性は高くなる。かといって、焦ってリラックスした雰囲気を壊すのにもデメリットがある。
これらを避けて冷静でいるためにも、やはり普段から構成とペース配分を意識して「占い」という商品を作る、という意識を持っておきたいと私は思っています。

まとめ

ももねこ的、後悔しない「対面占い」を進めるコツ

  1. 最も大切なことは、ゴールを設定すること。
  2. 次に大切なことは、構成とペース配分を軸に持つこと。
  3. 軸に沿って、ゴールを目指す。途中で区切りを設け、まとめながら進行する。
  4. 寄り道・コース変更は必ず起こると心得る。(そしてそれを恐れない!)
  5. 必ず総まとめの時間を作る。

Tipsとして、いただいた時間に合わせてカードやら星やら何やらの占い的な説明の厚みを調整する、という小技も有効であることをお伝えしておきます。

こんな感じで進められれば、「あのお客さま、満足したかな?」とか「尻すぼみになっちゃった」とか「時間が足りなかった」とか「まとめきれなかった」とか、そういう後悔はぐぐっと減るでしょう。
後悔が減ればやりがいも感じられるし、何より楽しくなるし、エネルギーの消費量も変わってくる。無駄が減る。

もし、後悔に苛まれている占い師さんがいれば、参考にしてもらえると幸いです。
占い師さんに限らず、「誰かの話を聞いてレスポンスを返す」という作業には概ね応用できる考え方だと思うので、試してみてくれよな!

でもって、こういったことをTwitterでも呟いているので、お気軽にフォローしてね。

関連記事

こちらは、占いの役立て方を“占いを受けられる方”に向けて書いた記事です。
ももねこの「占いをこんな風に役立ててほしい」という想いが詰まっていますので、占い師視点から読めばゴール設定の参考になるやも。

まずは「自分の悩みを知る」ところから!占いはこんな感じで役に立つ