まずは「自分の悩みを知る」ところから!占いはこんな感じで役に立つ

シンプルに考えて、占いはこんな感じで役に立つ

ももねこ的には、占いってやつぁ、未来を見通したり予測したりましてや言い当てたり、なんてことに使うよりも、現在や自分を掘り下げて、そこからどんな未来を創っていけるかを考えるための素材集めとして使った方がいいと思うんですよね。
エンターテインメントとしては“当たる占い”の方が面白いし売れると思いますが、ももねこはどうしても「せっかくご依頼をいただくのだから、“使える占い”を提供したい」と思うのだよ。

というわけで、今回の記事では「じゃあその“使える占い”って何だよ」ということについてシンプルに考えてみます。

占いの“使える”ポイントその1:頭の中の整理

シンプルに考えて、占いはこんな感じで役に立つ

これは最も感じやすい“使える”ポイントですね。
タロットカードやオラクルカード等を通し、占い師を介してメッセージを受け取っていくと、ごちゃごちゃしていた頭の中が整理されていきます。

  1. 依頼時に自分の認識をアウトプットする。
  2. 占い師を介して要素が言語化される。
  3. 言語化された要素を再構築・再認識する。
  4. 自分の望みや不安がより強調される。
  5. スッキリ!(しつつも悩みが深まる)

こんな感じ。

占いを受けた後って、悩みが一段階進んだ感じになりません?
もやもやしていたことは整理できたけれど、新たに悩みや不安が増えた!ってなることが多いのではと思います。

イベント時のワンコイン占いなどの超お手軽なメニューでは、正直この段階で終わることが多いです。如何せん短時間だからね。
なので、ワンコインのときのももねこ的ゴールは「頭の中の整理のお手伝いができた」です。
ワンコイン占いのクライアントは、大抵の方が「わかりました……あーこれからどうしよう……(悩)」って感じで帰っていかれます。
これは“何となく抱えていたもやもや”が“考えたくなるようなもやもや”に変化したっていう証拠だね!いいぞ!考えて!悩んで!
考えたり悩んだりするきっかけが手に入った、と思ってもらえれば本望です。

占いの“使える”ポイントその2:第三者に言われたという諦め

シンプルに考えて、占いはこんな感じで役に立つ

諦め、っていうと聞こえが悪いですが、第三者に「あなたの〇〇という課題は△△ですよ」みたいに言われると、「第三者にまでこう言われたんだから仕方がない、認めるか」的な気持ちになりませんか?

これ、めっちゃ大事なのよ。
課題の解決はまず受け入れるところから始まりますので、無関係の第三者に、それも占いという事実とは一線を画した不確定要素を介して“言われる”ことによって得られる諦めは、前進するための推進力として役に立つのです。

例えばこれが思いもよらない内容だったり予想だにしていなかった言葉だったとしても、「当たってない~」とそのまま捨ててしまうのではなく「そういう角度でものごとを見てみたらどう見えるか」という材料にするのがおすすめです。

するとそこから、見たくなかった部分とか無意識に目を逸らしていた部分とか無関係だと思い込んでいた部分等が見えちゃったりするのね。
これが見えたらそれこそスタートだよね。

って、私が書くと「当たらなくても占い自体に価値があるんだから文句言わないでね!」的な言い訳に見えますね。
言い訳がしたいのではなくて、所詮占いなので当たるも八卦当たらぬも八卦ですから、当たらなかったときもせっかく支払った対価分はクライアントご自身のために役立ててほしい、という想いがあるのだよ。

要は、自分が望んでいること・避けたいことの認識と、行動に移すための推進力が得られるということです。
なので、占いやリーディングの内容がしっくりこようがこなかろうが、できれば「このように言われた」という事実を自分なりに噛みくだいてほしいと思います。

占いの“使える”ポイントその3:仮説から導き出す未来像

シンプルに考えて、占いはこんな感じで役に立つ

占いで現状やら自分やらを掘り下げたあと、さらにそこから仮説に基づいて未来像をつくりあげていきます。
ワンコインやライトなメニューではボリューム的な意味でなかなかここまで辿りつけない(ここから先はクライアントに丸投げする)のだけれども、がっつり占うときはここから先も占いを用いてクライアントと一緒にまとめていきます。

仮説から未来像をつくっていくと、それと現状と照らし合わせることで“次に踏むステップ”や“明日からの進行方向”が見えてきます。
「よっしゃ!ほな明日からこれやろう!」っていうところまでモチベーションが上がるクライアントの様子を見られたときは、私も「あーーーーーご依頼をいただいて本当に良かったなぁ!」と思うね。にこにこだよね。

ぶっちゃけここまで来るまでには、対面だと1時間くらい話し込んでいるはずだし、WEB占いでも複数回のやりとりをしているので、その課題ひとつに対して集中したという満足感もあるはずです。
これは物理的な満足感ではありますけれども、人というものはやればやるほど・考えれば考えるほどそれを捨てるのが惜しくなるという心理がありますので、課題にロックオンするためのスイッチとしても占いは有用ですね。

「課題ひとつに対して集中する」ことは、ひとりだと同じところをぐるぐる回っているような感じになったりしますが、占い師という第三者を介すことでその徒労を避けることもできます。

結局のところ、占いは答えをくれない

シンプルに考えて、占いはこんな感じで役に立つ

くれません。
くれるのは、あなたの望みを後押しするためのヒントや、考えるためのきっかけ、舵取りの手伝い、可能性の模索、そんなもんです(そんなもんなんだけど、好きなんだよなぁ)。

「だったら占いに頼らんでいいわ」と思う人は、それでOKよ。
「だったら占いに頼ってみたい」と思う人は、頼るといいよ。

ももねこの占いを魅力的に見せる装飾をつけるのは簡単だけれども、その装飾に惹かれてご依頼をいただいたとて、本当に感じていただけるものと乖離していたら意味がないので、装飾はつけないことにしています。
妙に運命的な言い回しにするとか、大げさな内容にするとか、何かそういうのはやりたくないんだよなぁ。

そうそう、ももねこの占いでもうひとつ副次的に得られるものとして、「楽しくおしゃべり」ってのがあります。
キャッキャうふふと笑顔でおしゃべりするだけでも気が楽になったりするので、これも占いのいいところよね。
せっかくだから楽しくやりましょー。

そうそう、Twitterで大体毎日、ワンオラクルやってます。
他にもあーだこーだ呟くので、まずはここから、我々DUCK WORKSを面白がって見てもらえると是幸い。
お気軽にどーぞ!

ももねこTwitter

ももねこ、DUCK WORKSのWEBサイトで占いやってます。

自分だけじゃにっちもさっちもいかないときなんかに、どうぞいらしてね。

占い