ワンオラクルは簡単なようで難しい、の巻

ワンオラクルって結構難しいものなのだ、っていう話をしようと思います。1枚だから読みやすい!って思ってるのだったら、ちょっと警戒した方がいいぜ。

もちろん、ワンオラクルじゃないと読みづらいものもあるよ。例えば単純にYes/Noを見たいときとかはワンオラクルがいいよね。今日の晩ごはん、外食した方がいい?みたいな、ぶっちゃけどっちでもええわっていうことを訊くならワンオラクルがいい。ぱっきりはっきり答えが欲しいときね!

だがしかし。いくらぱっきりはっきり答えが欲しいと言えど、「相手の気持ち」なんかでこれやっちゃうと、ぐるぐるぐるぐる永遠に引き続けるダメなワンオラクルスパイラルにハマってしまう可能性が!大いに!ある!!

そもそも「相手の気持ち」をたった1枚で推し量るのは、個人的にはおすすめしません。何故なら気持ちってかなり流動的で、何ならその日の体調とか忙しさとかで揺れに揺れてしまうものだからです……

「相手の気持ち」をカードで読もうと思ったら、質問とスプレッドの設定に相当神経を使う必要があると私は思っている。相手と自分の関係性とそれを取り巻く状況を分解し踏まえた上で、「根本的な」相手の気持ちを読まないとあんまし意味がないと思うのよね。

例えば「今の私に対する相手の気持ち」を1枚で引いたときに、悪魔が正位置で出たとして。やだ怖い、悪魔よ!この人、不誠実よ!なんて判断はできないと思うんだよ。ただ単にそのときその瞬間、エロい気分なだけかもしれないじゃんねー。例えば同じ質問でソードの5が出たりしたら、この人私を利用しようとしている…!?って思うかもしれないけど、それもたまたまあなたにアプローチするためにちょっと小狡い感情が浮かんじゃってるタイミングなだけかもしれないし。

で、結局のところ1枚でやっちゃうと納得がいかなくて、いわゆる補助カードを延々引き続けることになりかねんのです。もっともっと言うと、納得のいく答えが出るまでカードを引き続けるダメスパイラルに陥るのだ……

世の中のすべてはそんな単純なものじゃないからね、ちょっと冷静になればわかることなんだけどね。いろんな要素が複雑に絡み合って成り立っているのだよ!それらをひとつひとつ分解して並べるのに適したツール、それがタロットカードだわ。

何かまとまりきらなくなっちゃってるけども、何が言いたいかってーと簡単なことを訊くにはワンオラクルが一番簡単で適しているけれど、複雑なことにワンオラクル採用するとどんどんドツボに入っちゃう危険性が大いにありますよ、ってことでした。もっと言うと「あぁこりゃ冷静になれねーな」っていう案件はハナから他の人にリーディング頼んだ方がいいかもよ、ってこと!セルフリーディングでも、自動書記状態でなら割と冷静にリーディングできるからいいかもね。

そんなわけですので、セルフリーディングしんどい!っていう案件はももねこにお気軽にご依頼くださいませ。結局宣伝か!