とっ散らかった要素を文章にまとめる手順

とっ散らかった要素を文章にまとめる手順

文章って、得手不得手に関わらず書かなくてはいけない場面が多々ありますよね。
特に仕事の場面では、メールの返信ひとつとっても、「要点を押さえて・読みやすく・相手の行動を促す」ように書く……というプレッシャーがあります。

また、文章は文字として残すだけでなく、会話として口から出ることもあります。
例えばプレゼン時、資料をベースに口頭で補足・説明するタイミングでは、頭の中で瞬時に文章を組み立てて「軸をブラさず・聞きやすく・プレゼンを効果的に盛り上げる」ように話す……というプレッシャーがあります。

でもって、私は占いも生業としております。
占いという分野でも、メール占いでは「書く」という動作で、対面占いでは「話す」という動作で日々文章を生み出し続けているのですな。

とにかく、文章は我々の社会的生活にとって必要不可欠なものです。
上手く文章を作るコツを知っていて損はない!プレゼンとまではいかずとも、誰かに何かを説明する機会は誰しもあるはず。伝達する機会も、交渉する機会も、相談したり相談を受けたりする機会もあるはず。
この記事では、頭の片隅に置いておくと文章づくりにきっと役立つ考え方をいくつかご紹介します。

発信する前に、まずは情報の引き出しと整理から!

記事タイトルにも書きましたが、大体の場合は情報がとっ散らかったまま発信しようとするのが失敗の素です。
情報を要素ごとにまとめてから文章にするだけでも、そこそこわかりやすい文章になります。

また、目の前にある情報からさらに深い情報を引き出し、その上で整理整頓してまとめると、「ただ読みやすいだけの文章」から「納得感のある文章」に発展させることができます。
恐らく、文章づくりでつまずいたと感じるのは、この「納得感のある文章を書きたい」という欲求があるときが多いのではと思います。

とっ散らかった要素を文章にまとめる手順

せっかくなので、占い(オラクルカードリーディング)を例に挙げながら試してみますね。
使うカードは、ドリーン・バーチュー著『エンジェルアンサーオラクルカード』です。
質問者の要望は「なかなか前に進めない現状を打破したい」とします。

左から、「天使に訊ねましょう」「手放しましょう」「あなたが信じるなら」というカードが出ました。
天使というとちょっと宗教観が出てきてわかりづらくなるので、ここでは天使を「質問者に好意的な人物」と捉えましょうか。

これらをそのまま読むと……

あなたの周りには良い意見を言ってくれる人がいるはずです。その人の意見を取り入れてください。
また、執着を捨てましょう。不要なものは手放すのです。
そして、あなたが信じる力を持てば現実は動き出します!まずは信じましょう!

という感じになります。
これは、表面的な要素を並べただけです。そのために、質問者が次に何をすればいいのかが結局わからないまま終わってしまいます。

制作業務でのヒアリングを例にしますと、「WEBサイトがないからWEBサイトを作りたい。予約フォームも欲しいし、デザインも流行を取り入れたい。」というクライアントからの要望を、こんな風にまとめることになります。

「では、予約フォームを実装したWEBサイトを作りましょう。流行を取り入れてカッコいいのにしましょうね!」

うん、ただ並べただけやね。
これでは「要素を整理して文章にまとめた(提案した)」にはならないね。

目の前の情報から、深い情報を引き出していこう

というわけで、カードリーディングの例に戻ります。
先程のカードが示すキーワードから、今回のお題である「なかなか前に進めない現状を打破したい」という悩みに合わせて考えてみましょう。
この場合は、質問者の抱える問題を取り除くという視点で、「質問者の行動を阻害しているものは何か?」という問いかけの下、情報を引き出していきます。

まず1枚目。

「天使に訊ねましょう」
他者の意見を聞く姿勢が足りていない
自分にとって良い意見をくれる人物がいることに着目していない
味方とは言い難い誰かの意見に翻弄されている

といった可能性が導き出せます。
続いて、他の2枚のカードも整理します。

「手放しましょう」
ひとつのことに固執して考えすぎている
重要視しているもののピントがずれている
やりきった、といえる段階なのに意識がそうなっていない
「あなたが信じるのなら」
粗探しをしすぎている
いまいち踏み出せない気持ちがある
疑うべき要因を認識している

カードを一枚ずつじっくり読めばまだまだ要素は出てきますが、今回は例なのでひとまずこの辺りにしておきましょう。

深い情報をさらにグルーピングしていこう

カードが示す要素を眺めていると、この質問者は何らかの理由で冷静さを欠き、さまざまなものの区別がつかなくなっているようですね。

というわけで、これらを行動のヒントとして捉えられるよう、さらにグループ分けしてみます。

動作を「一旦停止」する(不適切な行動を止める)
味方とは言い難い誰かの意見に翻弄されている
ひとつのことに固執して考えすぎている
粗探しをしすぎている
現状を「正しく認識」する(事実に忠実な視点を持つ)
重要視しているもののピントがずれている
やりきった、といえる段階なのに意識がそうなっていない
疑うべき要因を認識している
意識の「変容を促進」する(フラットな心を取り戻す)
他者の意見を聞く姿勢が足りていない
自分にとって良い意見をくれる人物がいることに着目していない
いまいち踏み出せない気持ちがある

はい。これで3枚のカードが示す要素がグルーピングできました。

グルーピングした情報を一旦まとめてみよう

これらをまとめると、以下のようなアドバイスができます。

一旦考えを先に進めるのは止め、「自分の意見/他人の意見」「味方/お節介」「事実/想像」を分けて考えてみましょう。
また、今のあなたの視点で偏りがある部分を見つめ直しましょう。まずは人の意見を聞くように努めてください。そして、自分の心にブレーキをかけているなら、そのブレーキの正体を探りましょう。

先程の、カードが表すキーワードを並べただけの状態からは印象が変わりましたね。

WEB制作のヒアリングでも、同様の手順を踏めば会話の内容が変わってきます。

正直なところ、「WEBサイトがないからWEBサイトを作りたい。予約フォームも欲しいし、デザインも流行を取り入れたい。」というクライアントからの要望に対して、いきなり回答は出せません。
「WEBサイトの最も大きな役割は、予約の獲得ですね。それでは、予約に至るまでのフローを顧客目線を考慮して構築しますので、まずは御社の顧客の属性や購買パターン等について教えてください。デザインについては、御社の顧客に合わせてどのような流行を取り入れるか、後程考えていきます。」的な流れができて、さらにそこから情報を引き出し、整理し、まとめ……という動作を延々と繰り返していきます。エンドレス文章づくり。エンドレス会話。

ヒアリングの場合は、カードではなくクライアント自身がたくさんのキーワードを出してくれますので、そこをうまく分類しながら聞いたりメモしたりするクセをつけていくのがおすすめです。

そうやって聞き出した情報は、それこそがっつりと資料づくりをするときの礎となってくれます。
資料作成の段階は、それこそコピー作成の嵐です。目を引く文言、説明の文言、補足、結論、問いかけ、さまざまな役割を持ったコピーを書きまくらねばなりません。しかも図や表やデータや何やを組み合わせて……
これらの複雑な作業も、「情報の引き出し・整理・優先順位づけ・取捨選択・まとめ」の手順は基本となるので、まずは普段の文章作成から意識して練習を重ねるのをおすすめします。

さて、「情報の引き出し・整理」というところから文章の書き方を教えてくれる本で、めちゃくちゃわかりやすいものがありますので紹介しておきますね。

この本は、情報の引き出し・整理の先に出てくる「優先順位のつけ方」「演出の仕方」「自分のブランドに合った表現」みたいなことまで全部書いてくれています。
なので、自分自身を売り出すために文章を書きたい!という個人事業主さんにもぜひおすすめしたい本なのよね。Twitterのプロフィール欄とか、どう書いたらいいの!?ってつまずいたりしたときは、ぜひ開いてほしい本です。

タイトルどおり「Webコピーライティング」に特化した本なので、ちょこちょこ専門的なワードも出てきますが、調べればすぐにわかる単語ばかりなのであまり身構える必要はありません。
でもって、本の構成がとても良いのもお気に入り!「人にものを伝えるのは言葉だけじゃないんだな」と思わせてくれる素敵な仕掛けが山ほど詰まっています。デザインの目線で読むのもおすすめよ。

一旦まとめたら、情報を取捨選択しよう

とっ散らかった要素を文章にまとめる手順

先ほどの例では3枚のカードから情報を引き出しまし、アドバイスとしてまとめました。
しかし、これだけではまだ少し不親切な部分が残ります。

一旦考えを先に進めるのは止め、「自分の意見/他人の意見」「味方/お節介」「事実/想像」を分けて考えてみましょう。
また、今のあなたの視点で偏りがある部分を見つめ直しましょう。まずは人の意見を聞くように努めてください。そして、自分の心にブレーキをかけているなら、そのブレーキの正体を探りましょう。

このアドバイスの前半は、事務的に処理すれば取り組みやすいものです。
しかし、後半はまだまだぼんやりとしていて、今の段階ではどのように取り組めばいいのかがわかりません。要は「後半部分に取り組むのはまだ早い」ということです。

そう、何でもかんでも情報をそのままの形で提供すればいいというものではないのです。
混乱している質問者に、たくさんの言葉を渡せば渡すほど、混乱が深まる……なんてことも起こり得ます。

先程の例から、「今できること」と「次のステップでできること」を分けてみましょう。

動作を「一旦停止」する(不適切な行動を止める)
一旦考えるのは止める
現状を「正しく認識」する(事実に忠実な視点を持つ)
「自分の意見/他人の意見」「味方/お節介」「事実/想像」を分けて考えてみる
意識の「変容を促進」する(フラットな心を取り戻す)
今のあなたの視点で偏りがある部分を見つめ直す
人の意見を聞くように努める
自分の心にかかるブレーキの正体を探る

この例だと、3つめの“意識の「変容を促進」する(フラットな心を取り戻す)”というのは今すぐに取り組めるものではなさそうですね。意識を変えろ!って言われても、すぐには変えられないのであります。

また、この相談者のように混乱している状態での行動は、得てして余計なものを生みがちです。
なので、まずは動作を「一旦停止」しましょう、と呼びかけます。

次に、現状を「正しく認識」しましょう、と提案します。
ここは相談者が取り組みやすいところなので、今回の本題とします。

  1. 現状を「正しく認識」する(本題)
  2. 動作を「一旦停止」する(補足・導入)
  3. 意識の「変容を促進」する(今回はキャパオーバー)

このように優先順位をつけたら、文章の構成が何となく決まってきますね。

  1. 本題に最もボリュームを費やし、
  2. 補足・導入は効果的なところで差し込み、
  3. キャパオーバーな部分は次の議題に回す

という形で、組み立てていけばいいのです。
優先順位をつけた段階で、本題を邪魔するようなことがあれば思いきって捨てちゃうことも、時には必要ですよ。

先ほどのアドバイスでは、

一旦考えを先に進めるのは止め、「自分の意見/他人の意見」「味方/お節介」「事実/想像」を分けて考えてみましょう。
また、今のあなたの視点で偏りがある部分を見つめ直しましょう。まずは人の意見を聞くように努めてください。そして、自分の心にブレーキをかけているなら、そのブレーキの正体を探りましょう。

と書きましたが、本題は「自分の意見と他人の意見」「味方とただのお節介」「事実と想像」を分けて考えてみましょう。という部分です。

これらの優先順位を踏まえ、書き直してみると……

一旦考えを先に進めるのは止め、「自分の意見/他人の意見」「味方/お節介」「事実/想像」を分けて考えてみましょう。
それができたあなたは、フラットな視点をある程度取り戻せているはずです。そこから次の行動を考えましょう。

となります。

このアドバイスからさらに先に進めていくならば、本題に対してまたカードを引き、情報の引き出しと整理~取捨選択を行うと良いでしょう。

文章を演出しよう

文章は、「相手が受け容れやすい状態」で提供しないと、そもそも読んだり聴いたりしてもらえません。
相手や場面に合わせて演出するのも大切なのですな。

また、自分自身がどのようなキャラクターで世間に接したいか、というところにも文章表現が大きく関わってきます。

印象をコントロールするための考え方や演出のTipsとして、以前書いた記事を参考に紹介しておきます。
タイトルどおり、文章を「ちょっとええ感じ」に仕上げるコツを書いていますので、ご参考あれ!

「ちょっとええ感じの文章」に仕上げるコツ

おまけ:もっともっと文章を演出しよう

とっ散らかった要素を文章にまとめる手順

これは文章の中でもエンターテインメント寄りの文章を書くときに意識したいことです。
コラムや散文、小説、詩、そういった文章を書くときは頭の柔らかいところをたくさん使って、豊かな表現をしていく必要があります。
ひょっとすると、占い師さんやカードリーダーさんで詩的な表現を個性や魅力にしたい!という方もいらっしゃるかもしれませんね。

例として、先ほどのアドバイスの例文を詩的に書き直してみます。

足下を見よ。
君が今立っているその場所は、どんな色をしているか。明るい色か、暗い色か。
恐らく、ぐるぐると多様な色が渦巻いて、暗い闇を映し出しているだろう。

足下を見よ。
君が今立っているその場所は、君自身の場所か。それとも他人の場所か。
事実の領域か、それとも妄想の領域か。
君の前にある爪先は何者か。君を助ける者か、損ねる者か。

足下を見よ。
混ぜ合わさった色から本来の色を見つけ、線を引き、君自身の場所をしっかりと確保せよ。
君を助ける者の爪先を、それから脚を、身体を、顔を見よ。言葉に耳を傾けよ。
そうすれば、君の道はまた眼前に延びるだろう。

豊かな表現は、ひとつの言葉からどれだけの類語や比喩、言い換え etc.を引き出してこられるかが重要です(上の例がいいかどうかは置いておいて)。
頭の中でどれだけの連鎖反応を作れるか!これ!大事!

もちろん、連鎖反応を作れるだけの表現や言葉のストックも必要です。
そのストックを使って、どのように豊かな表現を引き出すか……はある程度訓練すればできるようになってきます。

その訓練に、私が最近「こいつはいいぞ!」と思った本がありますので、紹介しておきます。
こども向けに書いてあるけれど、大人も楽しんでワークできるので、おすすめよ!
「こういう思考の展開が小説を作るのか」というのを体験すれば、他での訓練も積みやすくなります。

まとめ

わかりやすい文章づくりは、そもそもとっ散らかった状態を是正するところから始まります。

  1. まずは情報をありったけ引き出す
  2. 情報を並べ、分類する
  3. 優先順位をつける(不要な部分は捨てる)
  4. 組み立てる
  5. 必要に応じて演出する

この手順を意識して、まずはとっ散らかった状態を片付けるところから始めましょう。いきなり演出から入ると、必ずと言っていいほど失敗します。

そして、要素の片付けの道標として「議題のゴール設定」が効いてきます。

下記の記事はめちゃくちゃ占い寄りの表現ではありますが、「議題のゴール設定」と「話の進め方」について書いております。
クライアントに対するヒアリングや要件定義の場でも使える考え方を書いていますので、こちらもぜひ参考にしてくださいませ。

ももねこ的、後悔しない「対面占い」を進めるコツ

でもって、こういったことをTwitterでも呟いているので、お気軽にフォローしてね!

関連記事

これも占い師さん・カードリーダーさん向けに書いた記事です。
タロット・オラクルカードをお話づくりをしながら読み進めるためのアイディアを書いています。
もっともーーっと!「相手の共感を得ながらものごとを伝える」ために、ストーリーメイキングの視点も取り入れると効果的ですよ。

タロットカード・オラクルカードを読むのに大切なこと