「本当にこの人でいいの?」大アルカナ:恋人【タロットカード紹介】

恋人のカードはね、ラブラブとかそういうアレよりも「 正しい選択」という色が強く出る印象です。
ああそうか、ラブラブ状態ってやつは「正しい選択」 の上に成り立つ状態なのだな……なるほどな……。

基本的な意味

正しい選択ってめちゃくちゃ難しくないですか?
そもそも何が正しいのか、 ってところから定義しないといけないからね。

そうだよ、正しいってそもそも何なのよ。

私的には、 相手と自分のどちらにも歪みが起きないような選択肢を探して選ぶ ことが「正しい選択」だと理解している。
“丸く収める”選択は必ずしも正解ではなくて、 誰かの中に何かを押し込めた上での収まりなら、 それはいつか火種となって大きな問題に発展するからね。
ふたりだからこその「正しい選択」ができるかどうか、 を問いかけるカードだと思っている。

カードに描かれている女性は、頭上の天使に「私、 これで正しいの?」って訊いてる。
正位置だったらきっとそれはうまくいっていて、 逆位置だったらきっとうまくいっていないのだ。
もしくは選択しそこねてぐずぐずしてしまうか……。

審判のカードと違って、恋人の場合は“ 選択肢は自分の目の前にある”のだ。
選ぶ権利を自分が持っている。
相手のところに出たら、 相手が選択しようとしているってことかな。

逆位置で出たら?

先ほども書いたように、「正しい選択ができていない」ことを示唆します。
そもそも選択を避けているのか、もしくは間違った選択をしているのか……。

せっかく恋人のカードだからちょっと恋愛寄りの話をするとだね、 相手の気持ちに正位置で出たら「 あなたと一緒にいることを正しいと判断して選んだ」、 逆位置なら「まだ決めかねている/あなたを選びきらない/正しくない選択(浮気・ 不倫)」っていう風になるね。ただしこれは基本のキね!

なので、私はこのカードが出たら念のためもうちょい深掘りして見ることが多いです。
本当に“あなたといることを”正しいと判断したのかどうか、 そこは確かめておきたいところ。私ったら結構疑い深いですからね!
相手にとって正しい選択が何なのかなんて、 このカード1枚じゃ推し量れないと思っている。

っつーかね、ワンオラクルって使いようによっては結構難しいんだぜ!
枚数少ないから簡単だって思ってるなら大間違いさ。

明日はそんな話をしましょう。

以下の記事で、大アルカナ・小アルカナを一覧でご紹介しています。

【タロット一覧】イメージでカードの意味を知ろう