停滞系のカードやルーンとの向き合いかた

人間誰しも調子の良いとき悪い時、レベルはあれど波があるもんです。 そこまで波乱万丈じゃなくてもゆらぎが絶対あるよね。
で、日々日々オラクルカードやルーンをひいているとやはりその時期その時期で大体それに即した内容がでちゃうわけで。あぁまたこれか……みたいな。最近はそんな感じだよねぇやっぱそうかー。みたいに向き合う事となるのです。で、一定の時期が終わると出る内容も変わってきたりしますね。

私で言いますと、年末くらいから毎日ひいてるルーンの出方もちょっとその前の時期と違う印象をうけてまして、逆位置とか静なルーンが多かったんじゃないかなと思います。カードでも同じく。ちょいと前にも書いてましたが、その時期私は体調が凄く悪く、気分も決して良いものではありませんでした。そういえば年末年始の体調不良の話を結構聞くのですが、皆さん体調崩してた方が多いのかな??全体的にそういう事もあるのでしょうか。私は結構長いことウジ虫族でした。何だかパッとしねーなーって感じで、でも外に向けてそういう自分を出すのも嫌なもので何とかテンションあげなくてはとウズウズヤキモキしてたわけです。
そんな時期はやはりそういう内容がきっちり出てきちゃうんですね。忍耐の時期、停止の時期、休みなさい。そんな内容がそんな自分の目の前へやってくると、あぁ今はそうなんだなって思ってちょっと落ちつこうモードに入ります。ちょっと落ち込んだ気分になったりしても、カードでも出てたしこういう時期なんだ。焦らなくても良いって思うと何だか楽にしてくれますね。「停滞出ちゃった嫌だー!!!」「こわいー!何が起こるのー!」って思うのではなく、逆に「静かにしていて良い時期」「なーんもしなくて良い時期(言い過ぎか…)」と思ったらちょっと軽くなるよね。やる気ださなきゃっていう焦りから開放されました。今出来る事だけやろう。それでよし!っていうのが結構自分の中でニューウェーブだったので、そうして過ごせたって事が不思議で面白く感じてます。

そんな風に想いながら、そんな言葉と寄り添うように過ごして、自然とウジウジした気持ちも忘れました!!そう、ちょっと元気になってくるとその時の痛みも落ち込みも忘れるものですね。
いつでもいけいけ!ポジティブに!ガンガン進めって気分なら良いですが、そうもいかない時期の認めかた、認めるべき事であるという決定が自分の中でされた事をここに報告いたします。月ごと日ごと何なら時間毎に気分も状況も違うわけで、その時々の自分を認めて過ごす過ごし方。改めてだけどそれって素敵で結構難しいんじゃない??自分とのヤキモキが一番難関。自分を認めるためにオラクルカードやルーンの言葉に頼る。その価値を改めて感じました。
そんな感想!!

では突然に一枚引いてみましょう。フェアリータロットカード。

フェアリータロットTheMoon
TheMoon
・強力な直感的ひらめき
・心配や恐れを手放す
・状況について真実を理解する

出ましたね。ちょっとアンニュイな月。やはり今回の内容にぴったりですね。調子が悪いなぁうまくいかないなぁ。どれだけ続くのだろう。先が見えない不安な時。でもそれは先へ向かう為の途中段階。状況を怖がるのではなく事実を事実として受け入れて自分を信じることが大切ですね。きっと大丈夫ってこと!自分にとって悪そうな想いは捨てて、愛に満ちたものだけ受け入れる。自分の直感を信じて気持ち良いものを取り込みましょう。道が見えづらくても今を刻んで夢を追い続けよう。そうだよね。