タロットカード・オラクルカードを読むのに大切なこと

タロットカード・オラクルカードの読み方がわからない!どう読んでいいのかわからない!勉強しているけれどいまいちうまく読めない……という声をチラホラ聞きます。
カードの意味を断片やキーワードとしては捉えられるけれど、いざまとめるとなると???という感じの方が多いのでしょうかね。

今回は、リーディングのコツというか“感覚”についてお伝えします。

リーディングに大切なのは、ストーリーメイキング的発想

要は“お話をつくる能力”を伸ばすのがとっっっっっても大切!ってこと。

以前、別の記事(タロットカードやオラクルカードにゃ種も仕掛けもない)でも書きましたが、「カードを並べるまでは神の領域、読み取るところからは人間の領域」です。

個々人の個性や得手不得手の差が出るのは「読み取るところ」であって、カードの出方・並び方はぶっちゃけ誰がやっても一緒!
不思議な力は皆に平等に働いておりますので安心なされよ。

例えばモノやサービスを売るとき、お客さんの生活や生き方にフィットするお話を提示すると、売り物がお客さんにとって“自分ゴト”となって、購買意欲の向上が期待できます。
そこにあるだけでは「ふーん?」で流されちゃうとしても、生活の一部に取り入れるメリットを描いたモデルケースを提示すると「あぁなるほどね」となる可能性があるわけです。

これ、リーディングでも同じなの。
目の前にあるストーリーの断片(展開されたカードたち)を、自分やクライアントがストーリーに仕立てるの。
それを補助するのがスプレッドであり、解説書であるわけです。

目の前のカードから、クライアントが像を重ねやすいストーリーを紡ぎだす

とはいえ、目の前にいるクライアントが自分のよく知る親しい人物とは限らないし、セルフリーディングだったとしても邪念雑念が邪魔をして、フィットするストーリーを作るのが難しい~ということも十二分にございますね。

そもそも、ストーリーがフィットするとはどういうことでしょう?
簡単に言うと「あーそれわかるわぁー」と言いたくなることでしょうか。
これは、相手の背景にどれだけ近づけるか?ということでもあります。

占いやリーディングに限らず、一期一会の間柄ではクライアントの持つ背景を熟知した上でストーリーを作るなんて到底無理です。
いわゆるコールドリーディング(心理学を用いてクライアントが自ら情報を出すように誘導する技術)をごりごり使えばそれも可能でしょうが、個人的には正直そんなんやってられません。手間も時間も超かかるじゃん……
私のリーディングを受けていただいた方はご存知かと思いますが、私はこちらからは事情をお伺いしない方式でやっています。何故ならカウンセラーじゃないからね(もちろんいただいた情報はすべて目を通していますよ!事前に伝えておきたいことがある方は遠慮なく伝えてくださいまし)。

じゃあそこからどうするか。
ずばり「フィットするかどうかわからないけれど、イチかバチかストーリーを組み立てて話してみる」です!

嘘だろマジかよー!って思った?でもね、これが一番いいの。
変に気に入られようとして細工したり加減したり遠慮したりすると、それが裏目に出ることが多いです。
さすがに「これはがっつりはっきり言ったら不快になるな……」っていうことはストレートには言わず、表現を和らげて伝えた方がいいですが、それはお話づくりの一環だと捉えましょう。

主題が同じでも、ストーリーのテイスト次第で印象はガラリと変わります。
例えば桃太郎を下敷きにしてお話を書くとしたら、鬼との戦いに焦点を当ててガツーン!とスリリングなお話にすることもできれば、桃太郎とおじいさん・おばあさんの交流をメインで描いたほんわかハートフルなお話にすることもできます。

で、クライアントの雰囲気や相談内容から、どんなテイストが合うかしら?と考える時間を少し取るだけで、ストーリーのフィット感を上げることができます。
あと、初対面のクライアントにはとりあえずハートフルなテイストから入る、とかね。
お互いに趣味が一致しているならともかく、初デートでいきなりホラー映画は観ないでしょう?そういうアレです。

スピリチュアルな話を挟みますが、チャネリングで情報を引き出すとしても同じですよー!
出てきたメッセージを整理するのは人間側ですから、メッセージの翻訳や整理のテイストをコントロールできるように鍛錬しておくと吉、です。

カードリーディングにおけるストーリーメイキングの練習法

まずは、カードを引いてざっと見渡して、「舞台背景」と「人物」と「大まかな流れ」、「観客からの意見(アドバイス)」……のように分けます。
スプレッドを用いたリーディングだとこれは既にできていますね。

で、ここから順番に要素を紐解いていきます。
映画のサイトやパンフレットを思い出してみてください。
どんな映画も、まずは世界観から紹介されているはずです。
なので、それに倣ってまずは「舞台背景」にあたるカードから読みましょう。

「舞台背景」を読んだら、大体の世界観が決まりましたね。
それを踏まえて、次は「人物」のカードを読んでみましょう。
似た特徴を持った人物でも、世界観によってその動き方や語り方が変わってきます。日頃のジャイアンと映画のジャイアンの印象が違うのと同じです。
日頃のジャイアンは“安心安全で穏やかな世界観”にいて、映画のジャイアンは“危険と好奇心の入り混じる世界観”にいるから、動き方が変わるわけです。
イメージ、つきました??

「人物」が動き出したら、一旦「舞台背景」に戻ってみましょう。
ストーリーが進むと舞台背景にも変化が起きることがあります。“安心安全で穏やかな世界観(例:ワンド 4)”が、“強くて無慈悲な人物(ソード 5)”の登場によって“安心安全で穏やかだけれど、悪者もいる世界観”に味付けされます。
そうやって世界観をちょっと練ってみると、ストーリーが深くなっていきます。

世界観を深めたら、次は「大まかな流れ」を見ていきます。
その世界観の上で、登場人物たちが如何に動いてきたか・動いていくか、を膨らませていきましょう。
もしくは、人物たちの行動の裏に隠れているものを深掘りしていきましょう。
映画で言うところの回想シーンであったり、心理描写のシーンだったり、とにかく名台詞が出やすいところですね。

で、「観客からの意見(アドバイス)」で締めくくります。
ここ結構悩む人多いでしょ?私も悩むときがあるよ。
だって、「いやいやそれ関係ある?」みたいなカードが出ることも多々あるからね!大丈夫大丈夫、関係あるから。多分。

アドバイスは、映画で言うところの観客からの次回作への意見だと思って読むとええ感じです。
もしくは「私ならこのシーンこうする!」という妄想を含んだ感想。
一歩引いて、監督や出演者とは違う角度でストーリーを見渡したら?という視点を取り入れるのがおすすめです。

とにもかくにも、ストーリーを構築するための基礎体力をつける

何だかんだ言いましたけれど、これが一番大事だと思います。
ジャンルを問わない、多岐にわたる情報や知識を脳みそに溜めたり、様々な形の感動を味わって情緒をふっくら豊かに育てたり、外に出ていろいろなことを体験・体感して感覚を磨いたり……

「何を知るか、見るか、感じるか」は重要ではありません。「たくさん知る、見る、感じる」のが重要です。
ストックに上限なんてきっとないです。
やばい、こんなこと覚えてた!脳みそすげー!って思ったこと、きっとあるでしょう。脳みそはすごいんだよ。

なので、惜しまずいろいろなものに触れましょう。
カードに描いてある要素や解説書に書いてある要素からストーリーづくりに必要な要素をキャッチアップするにも、リーダー側に知識や情報が欠けていると要素をスルーしてしまいかねません。
「あっここに描いてあるのルーンのフェオだわ……」「これは神話に基づくと神の怒りに触れたやつだな」みたいにね。

と、いうことは。
あなたの得意なジャンルをリーディングの個性に繋げることだってできるはずです。
私がよくマーケティングになぞらえて説明をするように、料理や音楽や何や、自分の知識や情報がたくさん溜まっている分野から説明すれば、個性がキラッと輝く気がしませんか?
万人に受けるかどうかは置いといて!笑

で。
ルノルマンカードのリーディング法が、まさにこれなんですよ。ストーリーメイキング。
単純に純粋にお話をつくることに集中できるの。
リーディングにつまづいちゃった人は、一回ルノルマンリーディングの考え方を取り入れて練習してみるのをおすすめします。

こちらの書籍に、リーディングにおけるストーリーづくりを練習するためのエクササイズがたくさん載っているので、活用されるのもよいかと。

解説書とセットのデッキはこちらが良いかな!
鏡リュウジさんの優しい語り口が好きであれば、なおおすすめです。

それと、手前味噌で恐縮ですが、オラクルカードリーディングの練習に役立てていただけるよう、手引書を電子書籍にて発行しております。
100円というちょっとしたガムか飴程度の価格でお届けしておりますので、ご興味がございましたらぜひご覧くださいませ!

以下の記事で、オラクルカードの選び方をご紹介しています。

初心者向け!オラクルカードの選び方

ももねこ、DUCK WORKSのWEBサイトで占いやってます。

自分だけじゃにっちもさっちもいかないときなんかに、どうぞいらしてね。

占い