「みんなのために吊られてます」大アルカナ:吊られた男【タロットカードの意味紹介】

今朝、自分のために1枚引いて出たのは『吊られた男』でした。正位置!せ、正位置で良かった……

何故そんなことを言うかというと、私にとってこのカードの逆位置は割と辛いからです。無駄な努力!間違った努力!実を結ばない、水泡に帰す努力!……ああぁぁぁあぁぁぁぁ……どうにもこうにも、少しの進展も見られぬまま停滞するとか曖昧な感じが長く続くとか見通しが立たないとか、私はそーゆーのが苦手みたい。

というわけで、『吊られた男』の話をします。

基本的な意味

大アルカナ:吊られた男
  • 時間はかかるが報われる奉仕
  • クリアな精神と封じられた動き
  • 精神の浄化、瞑想

小難しいことを並べましたが、基本的には「今は苦しくてもいつか報われるから我慢しな」って言ってくれるカードです。はっきりとした見通しは立たなくとも、努力を続けていいんだってことがわかるだけでもありがたいもんだ。大成するまでは時間がかかろうとも、「続けていいよ、いつか報われるよ!」って言われたら「あ、そう?なら続けよう!」って気にもなります。

ま、とはいえめちゃくちゃ停滞してるカードなんですけどね。ほら、吊られてるし。手足縛られて全然動けない、進まない。こんな状態であれば「本当に報われるの……?永遠にこの我慢が続くのでは……?」と思うよね。それくらい忍耐を強いられているときに出やすいカードであります。

さて、この人。吊られてるのに笑顔にさえ見えますね……何でかな?もしや、吊られることを苦に思ってないな??この「吊られる」こと自体が現在の彼の存在意義であって、こうしておくことで何かが得られるのでしょう。ぺかーって後光も射してるし、その目的もきっと叶うのでしょう。

この人ね、「自己犠牲の上に精神世界を探求し、悟りに近づいている」という状態、なのですって。なるほど~だからこんなに清々しい顔をしているのね……何が彼をこうさせたやら、とにかくこんな状態になってまで精神世界を探求しようと思ったんだもの。後悔とかなくて、これが自分のやるべきことでそれが良い結果に繋がるって信じてる。すごく強い!

逆位置で出ると?

  • 時間をかけても報われない奉仕
  • 精神世界に囚われて動けない状態
  • 洗脳状態(する方 or される方)

やめだ、やめ!報われないからやめーー!『吊られた男』の逆位置がアドバイスとして出ると、そこまで我慢してやることなくね?って言ってくれてるように思います。恋愛にしろ仕事にしろ、多大な自己犠牲を受け入れてまで成し遂げないといけないことって、そうそうないもん。だから、自己犠牲に酔わずにもっぺん自分の在り方を見直してみ、そしたら軽やかに歩き出せるんじゃない?って、そんな感じに捉えます。

だってねぇ。逆位置のときのこの人、割と楽しそうじゃないですか。苦しそうに見えないし、そのままひらひらっと歩いて行ってしまいそうな……

ということで、無駄な努力報われない努力、なんて暗いイメージのキーワードじゃなくて。自己犠牲に陥っていないかい、物事の重要性をもう一度考えてみよう、歩いて行こう、って言う感じで捉えればいいと思います。「うっ」てなるんじゃなくて、正座して「せやな」って振り返る姿勢になればいいのだ。落ち込まないで次いこ、次!

以下の記事で、大アルカナ・小アルカナを一覧でご紹介しています。