「約束しましょ♪」小アルカナ:カップ 2【タロットカード紹介】

このカードは、男女が向き合って約束を交しているカードです。
お付き合いしましょうなのか結婚しましょうなのか、とにかく「約束・契約」をしているおふたりさんですね。
ひゅーひゅー!仲いいねぇ!おめでとさん!!

基本的な意味

カップ 2

カップ 2が正位置で出ると、約束ごとがうまくいったり契約が順調に進んだり、はたまた誰かと力を合わせて何かを成すことになったり……と、とにかく絆の上に何かを成せるという予兆があることを示します。
お話がまとまって良かったですね!これから一緒に頑張りましょうね、楽しみましょうね、わーい!っていうように、安心できるカードなのよ。

このふたりの真ん中に、翼の生えたライオンの頭と蛇が絡んだような杖がありますね。
これは神話でヘルメスが持っているケーリュイケオン(カドゥケウス)という魔法の杖で、商売や交渉の神様であるヘルメスを象徴するアイテムです。

そのあたりも踏まえまして、ふたりの間に純粋な互助関係があれば、何だって創り出せるよ!というのが基本の意味だと覚えるといい感じ。

実際に占っているとき、例えば恋愛について占っていて、しかも障害を表すところにカップ 2が出たとしたら、「きちんと約束できない事情がある/約束をせずに関係性を続けていることがネガティブに働いている/約束の信憑性に問題がある」……みたいに、その関係上にある約束について改めて見直す必要性があるのでは、と読んだりします。
端的に言うと「つけるけじめはさっさとつけなはれや」ということでもあるので、人によってはヒヤッとするかもしれませんね。

また、アドバイスを表す位置にカップ 2が出たら「もう十分な絆があるから大丈夫ってことね」と安心するだけでなく、ヘルメスの象徴する商売や交渉というキーワードを思い出して、「どんなに気心の知れた相手でもきちんと約束をしましょう」という風にも解釈しておくと吉です。
えーー今更約束なんて……とか思ってたら、ちょっとした行き違いで大喧嘩!とかもありえますから。

逆位置で出ると?

カップ 2が逆位置で出ると、約束や契約が反故になったりそもそも結べなかったり、そのせいで「一緒に頑張ろうね!」って言えなくてしょんぼりしたり……あぁやだ切ない。切なくて寂しい。悲しい!っていうことです。
約束の時点で躓くなんて、すっごい出鼻挫かれる感じがするから嫌だわね。

2のカードということは、二者間のバランスについて着目すると良いので、逆位置の場合はお互いのバランスが取れなくてダメになってしまうと解釈します。
それにより、一旦結んでいた約束や契約がダメになっちゃうこともあります。あるのです。
ま、ダメになったらなったで次のこと考えないと停滞する一方なので、「それもうあかんで」って言ってくれるだけありがたいね!
ダメになったものに縋りつきたくなるのは悲しい人の性ですが……

お察しのとおり、頼むから恋愛のことを占っているときに逆位置で出るのはやめてほしいカードのNo.1ですね。
ふたりのバランスが悪くなっているようで、絆がぐらぐらです……このままではうまく互助関係を築けないです……とか割と言いづらい。言うけど。

個人的には、いっそ容赦なく全部ぶっ壊れることを表す『塔』のカードや全部きれいに生まれ変わる『死』のカードなんかが出てくれた方が「思い切って受け容れて、そのあとどんな変化を創り上げていくかしっかり考えましょう!」みたいに背中を押しやすいのでありがたいのですが、まぁなかなかそういうはっきりとした事象ばかりが人生ではございませんなぁ。

とにかく、占いのテーマが何であったとしても、このカードが逆位置で出た場合は「どちらか一方が強くなりすぎていないか/弱くなりすぎていないか」「約束や契約がクリアな状態で結ばれているか」「条件に偏りや矛盾はないか」というように、ふたりの間にある“約束ごと”について見直してみてくださいね。

以下の記事で、大アルカナ・小アルカナを一覧でご紹介しています。

【タロット一覧】イメージでカードの意味を知ろう

ももねこ、DUCK WORKSのWEBサイトで占いやってます。

自分だけじゃにっちもさっちもいかないときなんかに、どうぞいらしてね。

占い