ルーン文字 占いの意味一覧

ルーン文字は、それぞれ一文字ずつに音だけでなく名前と意味を持っています。
そして、その意味が占いのメッセージの基盤となっています。
今回は私が占いで使用している、「ルーン文字24字+ウィルド(空白のルーン)」について、読み方と簡単な意味合いを一覧にてご紹介いたします。

占いで使用するための、ルーン文字ひとつずつの詳しい解釈については以下にある「詳細はこちら」をクリックしてください。詳細では、そのルーン文字が当時どの様な意味だったのか、また現代の生活ではそれがどういうメッセージとなるか、今現在占いとして使用する為に一般的に馴染まれている解釈をベースに、私なりに考えたものを掲載しております。
占いのやり方については、「ルーン占いをしてみよう!占いの方法をご紹介」をご覧ください。

文字一覧

フェオ

【読み】フェオ・フェフ・フェイヒュー
【意味】家畜・財産・豊かさ
【英字】f

ウル

【読み】ウル・ウルズ
【意味】古代ヨーロッパ野牛・本能・勢い
【英字】u

フェオ

【読み】フェオ・フェフ・フェイヒュー
【意味】家畜・財産・豊かさ
【英字】f

ウル

【読み】ウル・ウルズ
【意味】古代ヨーロッパ野牛・本能・勢い
【英字】u

ソーン

【読み】ソーン・スリサズ
【意味】巨人・棘(とげ)・茨(いばら)
【英字】th

アンスル

【読み】アンスル・アンスズ・オス
【意味】神・言葉・伝達・口
【英字】a

ラド

【読み】ラド・ライゾ・ライドー
【意味】騎乗・乗り物・車輪・旅・移動・道
【英字】r

ケン

【読み】ケン・カノ・ケナズ
【意味】松明・情熱・灯火・明るさ・暖かさの象徴(古期北欧語では腫瘍)
【英字】c・k

ギューフ

【読み】ギュフ・ゲボ・ギーボ
【意味】贈り物・与える・愛情・才能
【英字】g

ウィン

【読み】ウィン・ウンジョー
【意味】喜び・満足・実り・成就
【英字】w

ハガル

【読み】ハガル・ハガラズ
【意味】雹(ひょう)・霰(あられ)・変革・崩壊
【英字】h

ニイド

【読み】ニイド・ナウシズ
【意味】欠乏・不足・必要・忍耐・束縛
【英字】n

イス

【読み】イス・イサ
【意味】氷・停止・静寂・時を待つ
【英字】i

ヤラ

【読み】ヤラ・ジェラ
【意味】一年・収穫・日々の積み重ね
【英字】j

ルーン文字の意味紹介 ペオース

【読み】ペオース・ペースロ・パスロー・パース
【意味】ダイス・選択・偶然・チャンス
【英字】p

ユル

【読み】ユル・エイワズ・アイワズ・エオー
【意味】死と再生・変化
【英字】y

エオロー

【読み】エオロー・エオルフ・アルジズ
【意味】守護・仲間
【英字】z

シゲル

【読み】シゲル・ソウェイル
【意味】太陽・光・ソウィロ
【英字】s

ティール

【読み】ティール・テイワズ
【意味】勝利・勇気・正義
【英字】t

ベオーク

【読み】ベルカナ・ベアコノ・ベオーク
【意味】樺・枝・誕生・母性・成長
【英字】b

ルーン文字の意味紹介 エオー

【読み】エワズ・エイワズ・エオ―
【英字】e
【意味】馬・早い進展・移動・信頼

【読み】マンナズ・マナズ・マン
【英字】m
【意味】人・人間・内なる自己

ラーグ

【読み】ラグズ・ラーグ・ラグ
【英字】l
【意味】水・海・感性・浄化・想像力・直観力・女性

イング

【読み】インガズ・イング・イングス
【英字】n
【意味】イング神・豊かさ・生命力・誕生・区切り

ダエグ

【読み】ダガズ・ドゴス・ダエグ
【英字】d
【意味】日・一日・朝日が昇る・希望・陽の当たる場所

オシラ

【読み】オシラ・オセル
【英字】o
【意味】相続された土地・故郷・世襲財産

ウィルド

空白のルーン
【読み】ウィルド・ブランクルーン
【意味】運命・宿命・必然
【英字】文字が作られた時代には無く、現在の占いにて増えたルーン。

文字の意味について

今回掲載のルーン文字は最も古いといわれている24文字のルーン「ゲルマン共通ルーン(古北欧型ルーン)」に、現在のルーン占いで加えられている事の多い「ウィルド(空白のルーン)」をいれた25文字となっています。
ゲルマン共通ルーンの一文字ずつの意味については、現在一般的に普及していると思われるものを掲載しています。ただ、実際にその時代にそのような意味付けがあったかどうかはわかっていないともいわれています。前回の記事「ルーン文字ってどんな文字?」にも書かせていただきましたが、中世に作られた文字(アグロサクソンルーン等、ゲルマン共通ルーンが変化して後に出来た文字)の意味を通して推測されたものだとも言われているようなので当時どうだったかは不明なようです。謎が多いですね!

文字の読み方について

ルーン文字の読み方については、同じ文字なのに違う読み方をしている事があるので(フェフだったりフェオだったり等)驚く事もあるかと思いますが、発音の捉え方のニュアンス違いであったり、時代によってルーン文字の個数や発音の仕方が違ったという説がありますので、そのことから現在占い等では様々な表現になっているようです。(占いでは、ゲルマン共通ルーンという24個のルーン+空白を使用しつつ、読み方や意味はアングロサクソンルーンを踏襲している方が多いように感じています。)こちらのページではどちらの読み方も記載しています。

記事を書いた人

ウェブデザイナー

タカノ